純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新潟・西堀通・喫茶 スワン

ある喫茶店に置いてあったタウン誌を見ていたら、新潟市内のジャズ喫茶の
特集が組まれていた。いくつかの喫茶店では、生演奏も行われるらしく、
喫茶 スワンも、店内にピアノのある風景が載せられていた。

気になったので、向かってみる。

ジャズは、全く詳しくないが、流れているのを聴くのはとても好きだ。
店によっては、敷居の高いところもあるので、何となく構えてしまうことが多いが。

店の前に辿り着き、レンガで出来た壁に光る、銀色の「SWAN」という文字を
少し遠くから眺めていた。すると、急に扉が開いた。

出てきたのは、店の婦人だった。入り口の扉は、くもりガラスで、中の様子が
全く見えなかったので、このことで安心して一休みすることにした。

ちょうど良い時間帯だったのか、中には誰もいなくて、優しそうなマスターだけがいた。

ピアノとドラムセットが見渡せる席に腰を下ろし、区切られた小さな部屋の棚に
びっしりと並べられた大量のレコードを眺める。きっと長い間、ここで
何度も何度も音を鳴らしてきたのだろう。レコードのジャケットのセピア色が綺麗。

アイスオーレを飲みながら、しばらくの間、聴こえてくる素敵な音に耳を澄ませた。

慌しかった心が、ゆっくりと落ち着いていくような、そんな時間だった。

一通り、この店の空気を堪能してから、マスターにお礼を言って外へ出た。

当たり前だが、扉の外側では、もうジャズは流れていなくて、それでも
頭の中では、さっき聴いた力強い歌声が、鮮やかに繰り返していた。

★住所:新潟県新潟市西堀通り4-819
★TEL:025-223-4349

SWAN1.jpg

SWAN2.jpg

SWAN3.jpg

SWAN4.jpg

SWAN5.jpg

SWAN6.jpg

SWAN7.jpg

SWAN8.jpg

SWAN9.jpg

SWAN10.jpg

SWAN11.jpg

SWAN12.jpg

SWAN13.jpg

SWAN14.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。