純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都・河原町松原・珈琲 エルベ

京都駅から、河原町へ向かうバスの中、いつものように外を見ていた。

流れていく景色を、ぼんやりと眺めていたら、何だかとても良い感じの
「珈琲」という文字が目に入ったので、慌てて降車のボタンを押す。

少しだけ通り過ぎてしまった道を戻ると、そこには古い佇まいの喫茶店があった。

遠くからでは、中の灯りが見えなかったので、営業日なのか不安だったが、
近くへ寄ってみると、営業中の札が見えたのでほっとする。

扉を開けると、読書をしていたマスターが顔を上げて、迎え入れてくれた。

どこの席に座ろうか、と迷ったが、一番日当たりの良い窓際の席にした。
白いレースのカーテンがかかる大きな木の扉が素敵だ。

メニューを見て、クリームソーダを注文する。運ばれてくるまでの間、
マスターといくつかの話をした。そして、ここがとても素敵だということも伝えた。

店内を、隈なく歩き回らせてもらい、写真も思う存分撮らせてもらった。
旅先であることが惜しくなるほど、好みの喫茶店だった。

マスターは、「ただ古いだけだよ」と笑ったけれど、少し嬉しそうだった。

お土産には、マッチ箱を頂いた。絵柄は、どこかの国の壁画のようなものだった。

店を出ても、何だか名残惜しくて、少し周辺を散歩して、
もう一度外観をじっくりと眺めてから、またバスに飛び乗った。

★住所:京都府京都市下京区木屋町松原角
★TEL:075-351-8386

エルベ1

エルベ2

エルベ3

エルベ4

エルベ5

エルベ6

エルベ7

エルベ8

エルベ9

エルベ10

エルベ11

エルベ12

エルベ13

エルベ14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。