純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・三河島・高級純喫茶 ウィーン

三河島周辺での散策を終えて、そろそろ駅に戻ろう、と
思ったときに限って、また「珈琲」の文字が目に入る。

何杯目かの珈琲で、すでに水分は十分足りていたが、
せっかくなので、その扉を開けることにした。

外から覗いたときの、中の照明が豪華で好みだったことと、
看板に掲げられた、カフェテラス、という文字に魅かれてしまったからだ。

少し年季の入った灰色のソファに腰を下ろす。
背中を煌々と照らすのは、店名通り、ウィーンの風景だろうか。
ニュー新橋ビルの中に入っている、富士山の写真のある喫茶フジを思い出す。

メニューをよく見る前に、アイスコーヒーを注文したが、後でもう一度
眺めてみると、普通の喫茶店と同じように珈琲やトースト、が書かれた後、
見慣れない文字を発見する。それは、クッパやゆず茶だ。

この辺りは、韓国の日用品を売っている店や、飲食店が多かった。
その中の一つに入って、ココナッツのクッキーを買ったりした。

その流れなのか、喫茶店でも韓国の料理が食べられるとは何と面白い。
この日は、あいにく空腹ではなかったので頼まなかったが、次回は是非
食べてみたい。大きなガラスケースに並べられた韓国海苔の袋も目をひいた。

まだまだ色々な喫茶店があるものだ、とこの日も改めて感心する。

★住所:東京都荒川区荒川3-61-7
★TEL:03-3807-6666

珈琲ウィーン1

珈琲ウィーン2

珈琲ウィーン3

珈琲ウィーン4

珈琲ウィーン5

珈琲ウィーン6

珈琲ウィーン7

珈琲ウィーン8

珈琲ウィーン9

珈琲ウィーン10

珈琲ウィーン11

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。