純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・表参道・大坊珈琲店

珈琲や喫茶店の特集がされた時には、ほとんどの場合、
この喫茶店が掲載されているように思う。それくらいの有名店である。

今のように、必要以上に喫茶店に執着するようになるずっと前から、
ここの濃厚な珈琲が好きで、表参道の方面に行く際には寄っていた。

カウンターの中には、いつも凛々しいマスターがいて、
一杯の珈琲を毎回真剣な眼差しで淹れるのを、そっと見ることが好きだった。

その癖、カウンターに座るとなぜだか緊張してしまうので、
空いているときに訪れてテーブル席に通してもらえると、少し安心した。

店内は、飴色の木のテーブルと椅子で、無駄なものが何も置いていない。
備え付けられた棚には、気になる本がたくさん並べられている。

この日は、100ccに対して、珈琲豆が25gのブレンドを注文した。
お湯と珈琲豆の割合で、その日の気分によって、好きな味を選べるのが嬉しい。

以前は、どれだけ濃い珈琲を飲んでも大丈夫だったが、最近は、
立て続けに濃い珈琲を飲むと、体調に表れてしまうので、少し気を付けている。

ここの珈琲が好きな理由は、お湯の温度が熱すぎないことでもある。
珈琲は好きだが猫舌なので、あまりに熱いと、いい匂いを目の前にしながらも
結局、ある程度の温度にならないと飲むことが出来ず、もどかしくなってしまうからだ。

この日も、珈琲はとても美味しかった。
ここへ来ると、喉だけではなく、気持ちもシャンとして、いい気分になれるのだ。

★住所:東京都港区南青山3-13-20 2F
★TEL:03-3403-7155

大坊珈琲店1

大坊珈琲店2

大坊珈琲店3

大坊珈琲店4

大坊珈琲店5

大坊珈琲店6

大坊珈琲店7

大坊珈琲店8

大坊珈琲店9

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。