純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・駒込・COFFEE&MUSIC 瀬呂里

駒込駅から、ほんの数分の距離なのに、裏の通りに
一本入っただけで、とてもいい雰囲気の路地に出た。

そこには、喫茶店が2軒あって、他には、
大豆のいい匂いのする昔ながらの豆腐屋も営業していた。

「瀬呂里」という店の前に行くと、入り口にかけられた白いレースのカーテンと、
COFFEEの文字に、何だか旅先での一休みのような錯覚を感じたので中へ入る。

カウンター数席と、テーブル席がいくつかの、こじんまりとした店内には、
常連らしき紳士が先に珈琲をすすっていて、真夏の太陽のような笑顔の
店主らしきマダムと会話をしていた。

壁に貼られた革製のメニューには、珈琲ごとに説明が加えられていて、
それが「強烈な味」だったり、「燃えるコーヒー」だったりで、想像をかきたてられて
面白かったが、初めての訪問だったので、無難にアイスコーヒーにしてしまった。

窓の近くの区切られたテーブル席は、少し狭くて、まるで秘密の特等席のようだ。

本棚には、週刊誌やゴルゴ13が並んでいるのも良い。

アイスコーヒーを飲み終わるまでに、漫画を2冊めくり、流れていたラジオを
ぼんやりと聞いた。ふと、隣から聴こえてきた声に耳を傾けると、楽しそうな
婦人2人組が、「本当に良いところを見つけちゃったわね。」と話していた。

店の外に出ると、あくびをしていた猫と目が合って、それもまた非日常のようだった。

★住所:東京都豊島区駒込3-3-26
★TEL:03-3915-4335

瀬呂里1

瀬呂里2

瀬呂里3

瀬呂里4

瀬呂里5

瀬呂里6

瀬呂里7

瀬呂里8

瀬呂里9

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。