純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・鶯谷・HANA NO OTO(花の音)

鶯谷には、用事で来ることは少ないが、いくつか
気に入っている喫茶店があるので、そのために訪れることが多い。

目的の店を目指す途中にも、知らなかったいくつもの素敵な喫茶店を
見つけてしまい、どんどんと足を運ぶ回数が増えていく。

HANA NO OTO というローマ字の書かれた看板を見たとき、
一瞬意味を考えてしまったが、すぐに漢字に当てはめて、
なんて綺麗な店の名前だろう、と強く印象に残った。

1967年から営業しているにも関わらず、綺麗で洒落ている外観だ。

喫茶時間は、夜の20時までなので、なかなかゆっくり出来る時間に
訪れることが出来ず、ある休日の午後にようやく珈琲を飲むことが出来た。

入り口から覗くより、中はずっと広い。
縦にテーブルがずらりと並び、三つくらいの空間に仕切られている。

中では、近所で暮らしているのであろう婦人たちが、
それぞれ楽しそうにおしゃべりをしていた。一人新聞を読む男性も。

「奥へどうぞ」という声のままに、奥のほうの席にゆったりと腰を下ろす。
席と席の感覚が、広めに取られているのですぐに落ち着いてしまった。

メニューを見ていたら、スパゲティの種類が豊富なので気になった。
しかし、今回はサンドイッチを。相変わらずタマゴサンドを注文してしまう。

今回は、具を二つ選べるということで、チーズとタマゴにした。
アイスコーヒーの中で浮かぶ氷は、透明度の高いロックアイス。
些細なことだが、アイスピックで砕いた氷が入っていると嬉しい。

ごちゃごちゃとした喫茶店もとても好きだが、ここのように、清潔で
整頓されていて、マスターに愛されているのが分かる喫茶店も好きだ。

飲み物の値段も良心的で安く、ここもまた鶯谷に立ち寄る理由の一つになった。

★住所:東京都台東区根岸4-1-30
★TEL:03-3875-5430

花の音1

花の音2

花の音3

花の音4

花の音5

花の音6

花の音7

花の音8

花の音9

花の音10

花の音11

花の音12

花の音13

花の音14

花の音15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。