純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

兵庫・淡路・喫茶 関新

たこフェリーに乗って、明石海峡を眺めていると、
あっという間に着いてしまった淡路島。

街へ行くバスを待つため、岩屋ポートビルへ向かう。

バスは一時間に一本ほどで、しかも、あいにくの天気で、すっかり体が
冷えてしまったので、あたたかい珈琲でも飲もう、と二階へ上がった。

いくつか喫茶店の看板は出ていたが、この日、営業していたのは、
入り口の扉の黄色のガラスが綺麗な、関新だけのようだった。

というのも、中にマスターがいて、灯りがついていたので、
勝手に営業中だと思って、ドアを開けようとしたのだが、
そこには鍵がかかっていた。

それに気がついたマスターは、快く扉を開けてくれ、
「一時間くらいで閉めてしまうけれど、どうぞ。」と笑った。

バスを待つ間のちょうど良い時間だったので、お邪魔させていただく。

窓から見える港の風景が、とても綺麗。

あたたかいミルク珈琲が運ばれてくるまでの間、
器用な手つきで珈琲を淹れるマスターといくつかの話をした。

すると、マスターは、おもむろにシュークリームを差し出し、
「とても美味しいから、これだけで、淡路に来てよかったなあと思うよ」と
言って、いたずらっぽく笑った。よく見ると、マスターはとても男前だった。

あたたかい珈琲と、甘いシュークリームが、良い旅の始まりを感じさせる。

何度もお礼を言って、店を出ると、ちょうどバスがやってきていた。

★住所:兵庫県淡路市岩屋925-27
★TEL:0799-72-2133


** 写真展のお知らせは こちらです **
* 並べる日々 *
http://retrocoffee.blog15.fc2.com/blog-entry-405.html

DSC09571.jpg

DSC09557.jpg

DSC09562.jpg

DSC09559.jpg

DSC09563.jpg

DSC09560.jpg

DSC09565.jpg

DSC09568.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。