純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・鶯谷・純洋食 ビクトリヤ

純喫茶が、「酒類を置かない喫茶店」のことであるなら、
純洋食、とは、いったいどんな洋食屋のことを指すのだろう。

店名にひかれて、すぐに鶯谷を訪れてみた。

住宅地の少し奥まったところにあるこの店は、灯りが
ついていなければ、一見普通の民家のようでもあり、
しかし、入口の扉近くに、大きく「純洋食」と看板があった。

窓から様子を覗くと、店員の女性と目があったので、中へ入る。

特に変わったところもない、こじんまりとした店内で、
メニューを見ると、名物であるメンチカツは、テレビで放送された
こともあるようだった。

早速それを注文する。熱々で、美味しい。
別に注文したハンバーグのデミグラスソースの味も良かった。

ところで、お店を出てからも、「純洋食」の謎は解けなかった。
次回、訪れたときには、店主に尋ねてみようと思う。

★住所:東京都台東区根岸3-12-18
★TEL:03-3873-4841

ビクトリヤ1

ビクトリヤ2

ビクトリヤ3

ビクトリヤ4

ビクトリヤ5

ビクトリヤ6

ビクトリヤ7

ビクトリヤ8

ビクトリヤ9

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。