純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・北千住・シビア

ここは、三角形の喫茶店である。

何がか、というと、コーヒーカップの形でもなく、店名でもなく、
店の敷地が、である。横から見ると、不思議なところはないのに、
入口の正面から見ると、後方に広がっているのが分かる。

扉を開けると、小さなかわいらしい犬が、嬉しそうに出迎えてくれた。

灯りは、ほどよく抑えられた喫茶色で、レース越しの窓からは、
夕暮れ前の空がよく見える。向こう側には、すぐ道路、というのもいい。

アイスカフェオレを注文すると、カウンターの向こう側のマスターが
大きな氷を砕き始める音が聞こえた。ロックアイスの透明色は、嬉しい。

運ばれてきたカフェオレを飲んでいると、「どうぞ」とお煎餅をもらった。

それを食べながらぼんやりしていると、あっという間に日が暮れて、
ここは、夕方からはスナック営業になるらしく、ちょうど17時頃、
それを待つ常連さんがやってきた。

そろそろ、と腰を上げると、マスターが「ゆっくりしていってください」と
にっこり笑った。お礼を言い、店を出て、振り返ると、先ほどまでの
喫茶色は、跡形もなく、照明の落とされた店内は、夜の顔だった。

★住所:東京都足立区千住1-1-6
★TEL:03-3870-5633

シビア1

シビア2

シビア3

シビア4

シビア5

シビア6

シビア7

シビア8

シビア9

シビア10

シビア11

シビア12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。