純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・阿佐ヶ谷・gion(ギオン)

阿佐ヶ谷にも、たくさんの喫茶店があるが、
一番印象の強かったのは、この喫茶店だ。

店名は、「gion(ギオン」。
祇園・擬音・ぎおん・ギオン・gion。気になる響きだ。

そして、さらに驚くべきことに、この喫茶店には、ブランコがある。

オブジェとして置いてあるのではなく、れっきとした一つの席で、
そこでは、揺られながら珈琲を飲むことが出来る。

以前、一度だけ、その席に座った。普段は、なかなかの
人気席で、それまでは空いている場面に出くわしたことがなかった。

店内は、その光景を除けば、まるで誰かの部屋に招かれたようで、
席ごとには、色とりどりのステンドグラスが置かれ、居心地が良い。

ここでは、「ホットコーヒー」を注文すると、
生クリームかミルクを選ぶことが出来て、好みにより、
ミルク珈琲かウインナー珈琲にすることが出来る。

クリームの甘さと珈琲の苦さがほどよく混じり、
私は、いつもここへ行くと、こればかり注文してしまう。

ブランコに揺られながら飲む珈琲は、ちょっと周囲の目が
気になって、恥ずかしいような、くすぐったいような味がした。

★住所:東京都杉並区阿佐谷北1-3-3
★TEL:03-3338-4381

ギオン1

ギオン2

ギオン3

ギオン4

ギオン5

ギオン6

ギオン7

ギオン8

ギオン9

ギオン10

ギオン11

ギオン12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。