純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・日本橋・喫茶 梅むら

以前、見学もしたことのある日本銀行の建築が好きで、
時間があれば、よくふらりと近くまで散策して、眺めていた。

夜は、ライトアップされていて、さらに綺麗だった。

とても寒い日だったので、温かい珈琲でも飲もうと、
いくつか目星をつけておいた喫茶店を探すも、どこも
営業時間が早いらしく、すでに、「営業中」の札は下ろされていた。

あてもなく、歩き回っていたら、ここを見つけた。

まず、目をひかれるのは、薬局のキャラクターである桃色の象。
これは入らないわけにはいかない、と迷わず階段を下りる。

入口の衝撃に反して、中は、さっぱりとした喫茶店であった。

黒と赤の椅子が、まるでトランプの世界のようだ、と思う。

有機栽培、と書かれたアイスコーヒーとバタートーストを注文する。

それを食べながら、本棚に並ぶ漫画を読んだり、考え事をした。

お会計のときに、マスターが「パンがいつもより薄かったので」と
少しサービスしてくれた。通常は厚切りパンだったのだろうか。

夜の喫茶店は、誰もいないと少し物寂しいが、それもまた良い。

★住所:東京都中央区日本橋室町1-13-1
★TEL:03-3241-5379

梅むら1

梅むら2

梅むら3

梅むら4

梅むら5

梅むら6

梅むら7

梅むら8

梅むら9

梅むら10

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。