純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪・梅田・自家焙煎 珈琲の辞書

JR大阪駅から歩いてすぐのところに、「大阪駅前ビル」という建物が、
1.2.3.4と、4軒あって、そこには、飲食店が多数存在している。
もちろんその中には、古い喫茶店も残っている。

地下道を通ると、一番最初に通過することの出来る
第4ビルに入っていた喫茶店のこと。

店の名前は、「珈琲の辞書」。
ユニークで、それだけで足を止めざるを得ない。

中は、横に長く、カウンターの奥には昔ながらの正装をしたマスターがいた。

メニューは、確かに辞書のようで、黒く分厚い本のような冊子に
いろいろと書かれている。ついつい、じっくり読みたくなってしまう。

変わった珈琲のメニューにもひかれたが、やはり初めての
訪問では、その店のブレンド珈琲を注文したい。

笑顔の穏やかな店員さんに注文を告げ、しばらく店内を見回す。

古くて、時間の止まった柱時計。色の鮮やかな水差し。
大きなテーブルの端に活けてある綺麗な赤い花。

まもなくして運ばれてきた珈琲は、とてもいい匂いがした。
飲んでみると、酸味の少なく苦味の強い、好みの味だった。

帰り際に、ガラスの中の色褪せたサンプルを眺めていたら、
珈琲ゼリーや紅茶ゼリーの名前が、どれも凝っていたので気になった。

中から店員が出てきて、それについて、少し話をした。
その店にまつわる雑談が出来るのは、とても嬉しい。

駅前の大きなビルは、何かと再開発の波に晒されやすいが、
どうか、ここはいつまでも、ふらりと立ち寄れる場所であってほしい。

★住所:大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4-B1F-7
★TEL:06-6344-9135

珈琲の辞書1

珈琲の辞書2

珈琲の辞書3

珈琲の辞書4

珈琲の辞書5

珈琲の辞書6

珈琲の辞書7

珈琲の辞書8

珈琲の辞書9

4af3.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。