純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都・清水寺・陶

大きな観光地で、昔ながらの古いままの喫茶店を
見つけると、それだけで無性に嬉しくなってしまう。

周りがどんどんと新しくなっていく中で、それでも
変わらず、そこにあり続ける、ということはきっと簡単ではない。

清水寺からの帰り道、真っ暗な坂道の途中に灯りを見つけた。

見上げると、七色の珈琲カップのイラストと「COFFEE」の文字。
一階の入口には、赤いポットと達筆で書かれたメニューがあった。

階段を上がる段階で、素敵な喫茶店を見つけた、と確信した。

中は、天井に吊るされたシャンデリアのせいか、黄色い光で
いっぱいで、使いこまれた木の椅子たちが艶々としている。

窓の外を見下ろせる特等席で、あたたかい珈琲を注文する。

老夫婦の営むこの喫茶店は、こうして清水寺帰りの人たちの
おしゃべりを、あたたかく見守ってきたのだろう。

夕方18時には閉店してしまうここでは、一休み、という言葉がふさわしい。

★住所:京都府京都市東山区清水バスプール前
★TEL:075-561-4408

1.jpg

陶2

陶3

陶4

陶5

陶6

陶7

陶8

陶9

陶10

陶11

陶12

陶13

陶14

陶15

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。