純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・神保町・ミロンガ ヌオーバ

タンゴとコーヒー、と看板には書かれていたが、
どんな音楽が流れていたか、今では思い出せない。

それは、ずいぶん前の出来事だった、ということもあるが、
心地よい空間では、BGMさえも、空気にとけこんでしまうので
居心地が良かった、ということ以外、あまり思い出せなかったりする。

夕方の早い時間で、まだ店内には、人が少なく、
いつもだったら、なんとなくラドリオのほうに入ってしまう足を、
気まぐれで、ミロンガのほうへ向けた。

ドアを挟んで2つの空間に別れているその喫茶店は、
店員の物腰もとてもやわらかく、入った瞬間にほっとした。

あたたかい珈琲を注文すると、小さな花の描かれたカップに
入って、ゆらゆらと運ばれてきた。それを見て、嬉しくなる。

私が訪れたとき、一人で本を読んでいる人が多かったように思う。

それは、古本の街、神保町ならではなのか、ここで珈琲を
飲みたいために、古本を買うのか、どちらにせよ、素敵な理由だ。

★住所:東京都千代田区神田神保町1-3
★TEL:03-3295-1716

ミロンガ1

ミロンガ2

ミロンガ3

ミロンガ4

ミロンガ5

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。