純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・浅草・コーヒー ピーター

ずっと気になっていても、訪れるまでに、なかなか
時間がかかってしまう喫茶店というのもある。

例えば、あまり足を運ばない地域だったり、駅から
遠いところにあったり、極度に狭い店だったりしたときだ。

今回は、少しだけ駅から遠いのと、常連さんが多いような印象を受け、
ようやく最近足を運ぶことが出来た喫茶店のこと。

浅草をぷらぷらと歩いていると、灯りの少ない街並みに、
ぽかりと浮かぶ桃色のひさしと、おでん、と書かれた暖簾が見えてくる。

想像していたよりも、ずっとこじんまりとしていたこの店の壁には、
「浅草ビッグ・パレード」と名づけられた、大きな絵がある。

笑顔の素敵な店主が、迎え入れてくれ、窓際の席に腰を下ろす。

実際に目にすることを憧れていた壁の絵は実際に見ると、迫力がある。

飲み物を先に頼んだが、ふと窓の外を見たときに目に入った
「21世紀に残したいB級グルメカレー」と書かれた文字が気になり、
こちらも追加して、注文。

先にクリームソーダが、カレーの前には、コンソメスープと自家製の漬物が
運ばれてきた。それからしばらくして、一見家庭的な見た目のカレーが置かれる。

甘いカレーを想像していたが、これが後からどんどんスパイスが口の中で
広がって、とても美味しい。一口、一口、と食べているうちにあっという間に無くなる。

スープと漬物も、あたたかい味がして、私はとても好きだった。

メニューに書かれていたおでん定食も気になるので、また足を運ぼう。
風の冷たい冬の夜に。

★住所:東京都台東区西浅草3-13-1
★TEL:03-3844-5984

DSC05489.jpg

DSC05488.jpg

DSC05503.jpg

DSC05492.jpg

DSC05491.jpg

DSC05490.jpg

DSC05494.jpg

DSC05493.jpg

DSC05495.jpg

DSC05498.jpg

DSC05500.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。