純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・神田・喫茶 てまり

地下へ下る階段の脇の、ガラスに貼られた桃色のシールが
ずっと気になっていた。小さな棚にポツンと置かれているこけしも。

赤いシートの敷いてある階段を下りると、喫茶色の空間が目に入る。

扉より手前に置いてある本棚には、たくさんの漫画や雑誌。

ここは、夜はスナック営業になってしまうようで、入るとしたら
お昼時のランチを利用するしかなかった。

赤いベロアのソファに、綺麗なシャンデリア。
ぐるりとカウンターを囲むように置かれている背の高い椅子。

ここのお昼ごはんは、セルフサービス式になっていて、
常時、3~4種類のメニューがある。カレーやどんぶり、定食など。
これが、一律500円だというのだから、サラリーマンでいっぱいなのも納得だ。

一番端の席に腰を下ろし、料理が出来上がるまでの間、
以前、喫茶として栄えていたであろう頃の面影を、いくつもいくつも探し出す。
壁の模様であるとか、床であるとかそういうところに。

地下なのに、閉塞感はあまりなくて、それは階段の上のほうから
差し込んでくる光のせいだろう、と気がついた。

一度、ランチ営業を停止してしまって、もうここへ入れる機会は
ないかと思っていたが、再開したようで、それを嬉しく思う。

★住所:東京都千代田区神田須田町1-18
★TEL:03-3251-4012

4400.jpg

23b7.jpg

860e.jpg

f4e2.jpg

f30f.jpg

8880.jpg

e537.jpg

36dc.jpg

a6bf.jpg

3b32.jpg

bc13.jpg

b245.jpg

ab3e.jpg

2094.jpg

43c4.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。