純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・野沢・カフェ・ド・ラ・メール

無くなってしまった、と思い込んでいた喫茶店に、
灯りがついているのを見つけて、思わずバスを降りた。

その喫茶店は、よく乗るバスの通り道で、数年前に、
営業している気配を感じたきり、明かりが灯っているのを
見たことがなかったので、勝手に、閉店したもの、としていた。

ところが、ある日の昼。

いつもの癖で、その喫茶店を目で探すと、看板が表に出ていて、
店内は、薄暗いながらも人の気配を感じた。

慌てて、次の停留所で降りることを告げるボタンを押す。

少し早足で、店の前まで来ると、目の前で見ても、
営業しているか、していないか、分からないくらい薄暗いので
笑ってしまった。窓越しに覗いていると、中にいた店主と目が合った。

思い切って扉を開ける。

数年間、想像してきた通りの、レトロが残る喫茶店だった。

メニューを見て、クリームソーダを注文する。400円と安い。

壁には、なぜか有名人のサイン色紙も多数飾られ、
かつての日々の賑わいを思わせる。黄ばんだそれをしばし眺めた。

クリームソーダは、普段あまり出ないのか、アイスクリームが
ずいぶんと固まってしまっていたが、それも何だか良かった。

下にひいてあったコースターの、鮮やかな水色の絵柄も素敵。

数年越しの思いをあたためて、入った喫茶店での一時は、
出てしまうと、まるで夢のようで、振り返ってその明かりを確かめた。

★住所:東京都世田谷区野沢4-22-14
★TEL:03-3418-7463

59ee.jpg

b2bc.jpg

bf4c.jpg

123c.jpg

8cc8.jpg

コピー ~ 6e32

14fa.jpg

922e.jpg

7365.jpg

d5c1.jpg

fb13.jpg

7356.jpg

5922.jpg

437d.jpg

64c1.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。