純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宮城・仙台・喫茶室 花

その店名のかわいらしさと、階段を下るときに見た看板の
茶色と字体にひかれて、店の前まで行ってみると、今では、
バー営業も兼ねているらしく、喫茶というよりは飲み屋のようだった。

少し躊躇して、一度階段を上がったが、やはり気になって
もう一度店の前まで行き、ガラス越しに中を覗きこんだ。

すると、小さな入口のネオンライトには反して、中は
純喫茶の内装のままだったので、嬉しくなって扉を開ける。

ちょうど昼を過ぎたあたりだったためか、とても賑わっている。

しかし、一番奥の端っこの、好きな感じの席に通してもらえた。

椅子は、背もたれの高い、赤茶色の革張りのもの。
机は、使いこまれた木のもの。ぐるりとまあるいカウンターも素敵。

ランチメニューは、喫茶店らしく、ナポリタンやハンバーグなど
王道のものだったので、ほっとする。

昼ごはんを済ませてしまった私は、ブルーハワイスカッシュ
なるものを注文してみる。青くて、夏の飲み物、のイメージ。

細かく砕かれた氷と海のようなソーダが混ざり合って綺麗。

喉が渇いていたので、一気に飲み干して、少し休んでから出た。

躊躇したままあきらめないで、入ってよかったなあ、と思った。
喫茶店探索は、予想外の発見があるのも、また楽しみの一つ。

★住所:宮城県仙台市青葉区中央1丁目7-2
★TEL:022-265-9357

a5a2.jpg

ed03.jpg

b596.jpg

1a2f.jpg

f344.jpg

dad1.jpg

e435.jpg

2833.jpg

b319.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。