純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・神田・純喫茶 キムラ

もし、ここへ一度でも行ったことのある人に、ここの話を
するのならば、「神田の、あの看板の多い喫茶店」と説明するだろう。

表から、階段、入口にいたるまでの間に、
本当にたくさんの、店名を示す看板が置かれている。

それは、まるで山にある道標のようで楽しい。
最初からたくさんあったのか、それとも途中で変えようと
思ったが、古いものを捨てられず、そのままになっているのか・・・。

お店は、18時までの営業なので夕方に行くのは厳しい。

13時前を狙って訪れると、店内は食後の珈琲を楽しむ
サラリーマンたちが、それぞれにくつろいでいた。

メニューもいたってシンプル。ランチ時には、少しの軽食も
出されるようだが、机に置かれたメニューには、数種類の
珈琲の名前が記してあるだけだった。

アイスコーヒーを注文すると、大きいワイングラスのような
器に入れられて運ばれてきた。なぜか横にはピーナッツ。

ぽりぽりとかじりながら、冷たくて濃い珈琲を飲む。
阿佐ヶ谷の喫茶店「プチ」でも、珈琲うけに煎餅を出して
くれたが、甘いものではなくても、これもなかなかいい。

看板の多い喫茶店は、とても居心地のいい喫茶店だった。

★住所:東京都千代田区神田須田町1-24
★TEL:03-3251-8538

1a03.jpg

5365.jpg

b1b7.jpg

a0e9.jpg

b206.jpg

4c4a.jpg

69ce.jpg

50da.jpg

d86c.jpg

b803.jpg

cc66.jpg

5d3d.jpg

eaa9.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。