純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・青物横丁・キムラヤ

電車がまもなく、駅に着こうとする頃、外を眺めていたら、
この店の「喫茶」という文字が目に入った。

いったい何屋なのか、それすらも分からないまま、
改札を出て、その方向を目指す。

もう閉店時間ではないか、と心配したが、わりと遅くまで
やっているようだった。喫茶室を併設したパン屋だった。

喫茶室は、縦長に広く、カウンター席の上には、レトロな照明。

真っ赤な大きい金魚が、店の中央の水槽で泳いでいる。

ガラスケースで見かけたイチゴのショートケーキとアイスティ。

若く、とても感じのいい店主が、運んできてくれたケーキは、
クリームの白と、イチゴの赤が綺麗。アイスティもよく冷えている。

テレビが流れていて、店内には、漫画がたくさん積んである。
1人で来て漫画を読む人、カウンターに座って店主と話す人、
窓際の席で、クリームソーダを飲む高齢の夫婦。

ここの喫茶室は、とても良い。言葉では上手く言えない
なんだかやわらかい空気が、そこを包むように広がっている。

帰りに、パンを売っているスペースを覗いてみたら、
ずいぶんと大きな、パンダの顔をした菓子パンがこちらを見ていた。

★住所:東京都品川区南品川3-5-2
★TEL:03-3471-6285

403c.jpg

bbc8.jpg

8e10.jpg

20ae.jpg

7f25.jpg

120d.jpg

3994.jpg

cb04.jpg

a7f4.jpg

b7a4.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。