純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・神保町・古瀬戸珈琲店 駿河台下店

古瀬戸珈琲店は、神保町界隈に2店舗ある。

カフェテラス、のほうは、外から見える店内の壁の絵が
あまりにも鮮やか過ぎて、まだ訪れることは出来なそうだが、
御茶ノ水への坂の途中にある店舗は、ずっと気になっていた。

入口の辺りから店内にいたるまで、かわいらしい粘土細工の
作品がたくさん飾られている。よく見ると、それは本当に精巧に
作られたもので、帰る頃までには、すっかり気になってしまった。

カウンターから逆さ吊りの状態で、こちらを眺めるウサギと少女。

店内は、思ったよりも広く、黒っぽいつやつやした机と椅子が、
大きなテーブル席と小さなテーブル席にいくつか、カウンター席も
ずらりと並んでいた。カウンターの向こうには、色とりどりのカップ。

こういう喫茶店では、もちろんブレンド珈琲を注文する。

マスターが、どんなカップで淹れてきてくれるのか、それは
あたたかい珈琲を飲む、1つの楽しみでもある。

このときは、ちょうど机に飾られた桃色の花と同じような色の、
小さな可憐なバラの花のカップとお皿だった。

思わず並べて写真を撮る。次来たときは、あのカップで
飲めますように、と念じて、美味しい珈琲を飲み干す。

★住所:東京都千代田区神田小川町3-10 2F
★TEL:03-3233-0673

4cdc.jpg

6729.jpg

8506.jpg

99e0.jpg

39bb.jpg

6ee0.jpg

375b.jpg

f9c7.jpg

8392.jpg

コピー ~ 67da

3e06.jpg

コピー ~ 1088

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。