純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・南千住・自家焙煎珈琲屋 バッハ

珈琲や喫茶店の特集されている雑誌を見ると、必ずのように
載っている、評判の良い喫茶店が、南千住のバッハだった。

南千住の駅から、7~8分、大きな通りに沿って歩いていくと、
右側に、バッハのイラストの描かれた白い看板が見えてくる。

以前、覗いたときは、満席であるほどの人気ぶりに、日を改めて
しまったが、この日は、雨が降っていたためか、程よい客の入りだった。

カウンターをすすめられたが、いつもとまどってしまうので、
空いているテーブル席に座った。

バッハブレンドとチョコレイトケーキを注文し、待っている間、
そこに置いてあった珈琲の本を読んでいた。

すると、進んでいったページの中に、ここ、バッハのことが
書かれており、珈琲の美味しさにこだわるのはもちろん、
接客も、一番を目指しており、そこには、先ほどの、カウンター席を
薦められた原因も書いてあった。

ぼんやりと記すと、「一人で来るお客さんには、珈琲を淹れる様子に
興味がある方もいるかもしれないし、その場合、一番よく見える
カウンター席に座ってもらって、気になったことは、その場で質問して
もらって、すぐにお答えしたい」とそんな感じであった。

なるほど。

珈琲をただ飲ませるだけではなく、お客さんとともに、珈琲を楽しみ、
もっと好きになって帰ってもらおう、そんな喫茶店なのだ。

出てきたバッハブレンドは、ここ最近飲んだブレンドコーヒーで
一番美味しく、上の工房で作られているというケーキもとても美味しかった。

お会計の際に、持ち帰り用の焼き菓子にちらっと目をやると、やはり
親切なスタッフが、一つずつ説明をしてくれた。
私は、いくつかお土産用に買って帰った。

メニューもとても分かりやすく、それでいて珈琲の煎り具合によって、
深煎りから浅煎りまで、ずらりと上から書かれていて面白い。

何から何まで興味深い店で、その上、美味しいのだから文句がない。

これから頻繁に通ってしまうであろう喫茶店。

★住所:東京都台東区日本堤1-23-9
★TEL:03-3875-2669

DSC02105.jpg

DSC02106.jpg

DSC02099.jpg

DSC02084.jpg

DSC02095.jpg

DSC02089.jpg

DSC02097.jpg

DSC02102.jpg

DSC02087.jpg

DSC02090.jpg

DSC02091.jpg

DSC02100.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。