純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・日暮里・珈琲 乱歩゜

日暮里の、夕焼けだんだんを下って、谷中銀座商店街を
おしまいまで歩いて、突き当たったよみせ通りを
ひたすらに歩くと、三崎坂の通りに出る。

右側へ曲がれば、団子坂下で、江戸川乱歩の
有名な作品「D坂の殺人事件」の舞台となった地域である。

江戸川乱歩の名前にちなんだ喫茶店 乱歩は、
高齢のマスターが営む、一見、少し怪しげな喫茶店だ。

日暮里を訪れると、ここに何回か足を運んだが、いつも、
混雑している、ということはあまりなく、独特のゆったりした
時間が流れているのがいい。

店内には、ジャズが流れ、カウンターの本棚には様々な
種類の本が並び、ここでの時間は退屈することはない。

そして、たいてい、木の椅子には、ここの裏マスターとも
言える、猫のリョウスケさんがどんと、居座っている。

珈琲は400円と安い。本を読んだり、音楽を聴いたり、
飽きたら、リョウスケさんを眺めたり。

ここを出るときには、不思議にもいつも元気になっている。

渋いマスターと若くて感じのいい店員さんのバランスも良い。

★住所:東京都 台東区谷中2-9-14
★TEL:03-3828-9494

503a.jpg

cd50.jpg

f28c.jpg

5dec.jpg

6d4e.jpg

7df7.jpg

b9b4.jpg

db98.jpg

fd7b.jpg

6c3a.jpg

56d9.jpg

c529.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。