純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・蔵前・ハトヤ

駅から直結している喫茶店というのは、客に対して
入り口が広いように思えるが、実は、こういうところこそ
一見には入りにくいのではないだろうか。

数年の間、喫茶店巡りをしてきて、そう思うようになった。

しかし、都営浅草線、A3番出口の改札を出て、徒歩10秒ほどの
ところにある、喫茶 ハトヤは、レトロに違いない、という好奇心に
負けて、気がついたら扉を開けていた。

一瞬、マスターとカウンター席にずらりと並ぶ常連の男性たちが
こちらをびっくりしたような顔をして見たが、数秒後には、
何もなかったようにその前の時間の空気に戻るのが面白い。

店内は、思っていたよりも狭く、小さなテーブル席が4つ、
大きなテーブルが1つ、カウンター椅子が6つほどだろうか。

私が訪れたときは、テーブルの2つとカウンター5席が埋まって
いたことからも、客のほとんどが常連であったことが分かった。

こういうところは、最初こそそわそわとするが、
ふっととけ込める瞬間があるので、私は週刊誌をめくりながらそれを待った。

あらかじめシロップの入った甘いアイスコーヒーが運ばれてきた頃、
私は、その違和感から解放されていることに気がつく。

珈琲は、300円で、トーストは120円。
なんとも懐に優しい喫茶店なのだろう。
きっと数十年、値上げをしていないに違いない。

トーストは、4つに切られていて、やや薄切りではあるが、
2つにバター、2つにママレードジャムが塗られているサービス。

トーストの下にひかれていたペーパーには、並んだ2匹の鳩の絵。
これが、とっても可愛らしいので、思わず汚さないようにしてお土産にした。

★住所:東京都台東区蔵前3-1-2
★TEL:03-3861-3671

DSC01883.jpg

DSC01845.jpg

DSC01863.jpg

DSC01849.jpg

DSC01852.jpg

DSC01855.jpg

DSC01856.jpg

DSC01859.jpg

DSC01861.jpg

DSC01851.jpg

DSC01857.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。