純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・吉祥寺・CAFE FLEURANT(カフェ フルーラン)

とても寒く、もうどこもやっていないようなときに、
暗闇の中に、ここの喫茶店の灯りを見つけた。

遠くから、あれは喫茶店である、と確信し、
近くへ寄ってみると、知人がいつも口にしていた喫茶店だった。

名前は知っていたものの、ちゃんとした場所を把握して
いなかったので、その偶然に驚く。

もちろんそのまま、扉を開けてみた。

店内は、見事なまでの喫茶色で、カウンターとテーブル1席、
奥のスペースにもテーブルがいくつか。

マスターは上品な感じの男性で、その珈琲を淹れる作業を
眺めたかったので、カウンターの近くに腰を下ろした。

少し酸味の効いたいい匂いのする珈琲に、
お砂糖もミルクも落とさずに飲む。

メニューにあったケーキも気になったが、
この日は、売り切れの様子。

お店を出てから、珈琲のおかげで、
その知人を思い出したことをメールしてみた。

★住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-10
★TEL:0422-71-1817

1834.jpg

フルーラン2

794e.jpg

30e6.jpg

4f58.jpg

8208.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。