純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・新宿・天然果汁ヲ作ル店 マルス

新宿の、コマ劇場の裏辺りを、ふらふらしているときに、
唐突に目に飛び込んできたのが、鮮やかなオレンジ色の
ひさしのある、このお店だった。

遠くからでは、一体何の店だか分からず、それでも、
喫茶店ではないだろうか、という期待をこめて、近付く。

「天然果汁ヲ作ル店」とある。ドキドキした。

外から覗くだけでは分からないであろうこの店の魅力を、
ちらりと見てみたくて、思い切って入ってみる。

店内は、想像以上に、古き良きパーラーのような佇まい。

道に面した側のガラスの窓が、縦に線の入ったすりガラスで
とても良い。これだけで、向こう側と切り離される気がする。

そしてメニューを見て、少し驚いてしまった。

一番安いもので、930円から。このときは、パパイヤにした。

メニュー近くの貼り紙には、「携帯電話、回し飲みの禁止」が
書かれている。2種類飲むには、2つ頼まないといけないということか。

ジュースが運ばれてくる間、店内の様子を観察する。

いくつか絵がかけてあって、あとはたくさんのグレープフルーツが
テーブルの上に並べてあった。

照明は、あくまで薄暗く、鏡越しに映る世界も美しい。

肝心のジュースは、ちょっと薄いような気もしたが、
一杯まるまる果汁の味がした。

最初は、入るのに少し勇気がいる店かもしれないが、
私は、ここに来られてよかった、と思った。

★住所:東京都新宿区歌舞伎町
★TEL:

9d1d.jpg

2fce.jpg

fb90.jpg

1bdf.jpg

fad3.jpg

9c5e.jpg

e216.jpg

cd85.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。