純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・浅草・珈琲 ケント

七月の浅草は、特に好きだ。

合羽橋の商店街は、七夕の飾りで彩られる。

それを見るため、合羽橋道具街を散策していたら、
いつものように、「珈琲」の二文字が目に飛び込んできた。

看板を見つけただけでも嬉しいが、灯りがついていると
さらに嬉しい。問屋街の喫茶店は、営業時間が早いものと
半分あきらめていたので、特に。

濃い青に染まる空に浮かぶ看板の字体だけでも、
レトロな喫茶なのが分かったが、入口を見てさらに嬉しくなった。

今ではなかなか見かけない、色つきの透明の扉。
ここでは、橙色だった。取っ手は、決まって丸い。

中に入ると、数人が食事中だった。
フライパンを鳴らす美味しそうな音が聞こえる。

一番奥の席に腰を下ろした。

店の半分をぐるりと取り囲む大きな窓には、
白いレースのカーテンがふんわりとかけてあって、
外の様子がぼんやりと見えた。

照明の明るさも、程よい喫茶色。椅子もつややかな革張りだ。

バナナジュースを注文したら、甘くてやわらかなミルクの味。

ぼんやりと落ち着けるこんな喫茶店が、いつまでも
そこにあってくれたら、そう思いながら、水玉のグラスを見つめた。

★住所:東京都台東区東上野6-24-5
★TEL:03-3844-6840

8c0e.jpg

c003.jpg

dfc6.jpg

d081.jpg

60db.jpg

d383.jpg

1dd3.jpg

7413.jpg

59f0.jpg

652f.jpg

55fb.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。