純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・浅草・ブロンディ

誰かと行くのも楽しいが、1人で行くのに
最も良いのが、喫茶店というところだと思っている。

カフェでは賑やか過ぎるし、ファミレスでは味気ない。
定食屋さんでは余り過ぎるし、飲み屋の気分でもない。

そんなときに、1人でふらりと行くのには、
喫茶店か、デパートの屋上ぐらいがいいのではないだろうか。

目的は、特にない。

そのレトロさを楽しみ、
ひたすらぼんやりするために、そこを訪れるのである。

ぼんやりのためのお出かけ。贅沢で幸せだ。

浅草にあるブロンディでも、私が訪れたとき、
少なくとも3人がぼんやりしていた。

近くの席の年配の女性と、テレビに夢中な男性、
そして、店主と思われる女性。

そこに私が加わって、4人もいるのにそれぞれがぼんやり。

ホットケーキに、あたたかいレモンティ。

丸が2つ並んで、それだけで楽しくなってしまった。

★住所:東京都台東区浅草2-11
★TEL:

fdbd.jpg

574e.jpg

8f4c.jpg

14ff.jpg

4c98.jpg

77e2.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。