純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・小川町・珈琲の店 びいんず

喫茶店の閉店時間は、わりと早い。

頻繁に前を通るここも、18時閉店のようで、何度も中を覗いたが、
誰もいない店内に、10分前には踏み込むことは出来なかった。

ある日、いつもより20分ほど早く着いたので、
扉を開けてみると、にっこりと、マスターが迎え入れてくれた。

アイスカフェオレを注文して、窓際の席に腰を下ろす。

レース越しに見る、向こう側の世界は、どうして
いつも、こんなに儚いような気がするのだろう。

楽しそうなおしゃべりをBGMに、私は氷をカラカラと鳴らす。

ほんの十数分の滞在で、いやなことは忘れてしまった。
喫茶店、という魔法に夢中な理由は、きっとそれだ。

★住所:東京都 千代田区神田須田町1-10-6
★TEL:03-3254-2340

89a5.jpg

ba47.jpg

9ef0.jpg

10a3.jpg

cd5c.jpg

489d.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。