純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【閉店】東京・浅草・純喫茶 みち

浅草の1つ手前、田原町の駅からすぐにある
純喫茶 みち、は何もかもが昭和のままで止まっている。

かろうじて、店名を飾る看板は新しいものだったが、
外観、店内の様子、飲み物の入ってくるグラス、そして値段。

メニューを見て驚いてしまった。
珈琲350円に、トーストが100円。何とも安い。

本当は、珈琲が飲みたかったが、何となく悪い気がして、
もう少し高いミルクセーキを注文してみた。これでも500円。

マスターがシェイカーを振る様子を眺められるのも良い。

トーストは、もちろんこの界隈にある有名パン屋さん
ペリカンのもの。久しぶりに食べたが、モチモチと美味しい。

広い店内に、まばらにくつろぐそれぞれの人たち。
静かな空間で、誰かを待ったり、読書をしたり。

久しぶりに、とても好きだなぁと思う喫茶店に出会ってしまった。

★住所:東京都台東区西浅草1-7-18

(2013年1月27日 閉店)

774f.jpg

f44e.jpg

b0c3.jpg

44e3.jpg

9454.jpg

4925.jpg

39e3.jpg

ddd5.jpg

5772.jpg

6dd0.jpg

31a5.jpg

f859.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。