純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・阿佐ヶ谷・珈司

ずいぶんと前に、一度、開いているところを見たが、
その後は、何度訪れても、明かりが灯っていることはなく、
営業時間を確認できないでいた。

この日は、あてにしていたカフェにふられて、
なんとなく、期待もしないで、ここを目指すと、
ひっそりと、「営業中」の札がかかっているのが目に入る。

一度通り過ぎた後、戻ってきて、その扉を開けた。

想像よりも何倍も、何もかもが好きな空間で、
西のほうにある大好きな喫茶店を思い出したりした。

テーブル席は、4つ、カウンター席も少し。

使い込まれた飴色のどっしりとした机に、白い座布団。

広めに切り取られた窓には、レースのカーテンが
かかっていて、室内のひんやりした感じを損なうことはない。

一番気になった席には、品の良さそうな老人が
1人、ゆっくりと珈琲をすすり、マスターと話をしていた。

それをぼんやりと聞きながら、私もまた丁寧に淹れられた
ウインナーコーヒーを飲む。

白いクリームと珈琲の琥珀色の混ざる瞬間。

そういえば、喫茶巡りを始めてからずっと、
こういう形の喫茶店が一番好きなのだった。

メニューに書かれた珈琲の種類も豊富で、
何を飲もうか、と毎回楽しみになってしまうのも嬉しい。

★住所:東京都杉並区阿佐谷南1-35-18
★TEL:03-3316-2451

b951.jpg

1e79.jpg

78e2.jpg

55b9.jpg

2aa3.jpg

425a.jpg

7cc5.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。