純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・上野・聚楽台【閉店】

喫茶店、ではなく、大衆レストランの名前だが、
閉店してしまう最後の日、私が注文したものが、
クリームソーダとミートソース、と喫茶メニューだったので、
こちらに分類することにした。

上野駅から、アメ横へ行く途中、いやでも目に留まる、
レトロな建築物の2階にある、聚楽台は、あまりにも
当たり前に、いつもそこにあったので、すっかり
閉店すると聞いて、動揺してしまった。

昭和がまた1つ。消えていく。

何度か中を覗いたことはあったが、利用するのは、
皮肉にも今回が初めてで、最後のこととなった。

小さな入口からは想像出来ないほど、中は広く、
ボックス席と、窓際の席、座敷に上がる宴会席、があった。

宴会席のほうは、赤色で、まるで龍宮城のようだった。

HPによると、安土・桃山時代をイメージしているらしい。

どちらにせよ、お酒の進みそうな空間だった。

そんな様子を横目で見ながら、私は窓際の席へ腰を下ろした。

最後、というのは、どうしてそれだけで感慨深いのだろう。

何気なく灯されている照明や、レジカウンターの壁にある
タイルの富士や、座敷へ上がるための銭湯のような下駄箱や、
全種類を飾っているのかと思うほど大量のメニューサンプル・・・。

何もかもが、とても綺麗に見えて、素敵だと思った。

50年の歴史を閉じて、また新しく生まれ変わる。
そこから10年、20年を経て、誰かの思い出になっていく。

★住所:東京都台東区上野公園1-57

(2008年4月21日 閉店)

1a1c.jpg

a9d4.jpg

1f55.jpg

5e06.jpg

4992.jpg

9888.jpg

5616.jpg

a10b.jpg

dfe9.jpg

93e2.jpg

fda9.jpg

a02b.jpg

4ecf.jpg

246b.jpg

797e.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。