純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・本郷・こころ

店名の、こころ、は、やはり夏目漱石から
とられているのだろうか。

同時に、店の前にある東大の三四郎池を思い浮かべる。

一見、入るのをためらってしまうような、古ぼけた紫色の扉。

取っ手の白くて大きな丸が素敵だ。

ちょっと重たいその扉を開けて中へ入ると、
たいてい人がいることは少なく、一瞬にして贅沢な貸切空間になる。

つやつやとした、緑色と青色の椅子が交互に並ぶ。

ここでは、まるで時間が止まってしまったようだ。

その頃に、こういう喫茶店へ来たことはないはずなのに、
記憶の中に残る、昭和の思い出を全部手繰り寄せたくなるような、
そんな気持ちになる。

熱いココアを一杯。

いつまでもこのお店が、呼吸を続けてほしいと願いながら。

(後日知ったのだが、ここは、新宿中村屋発祥の跡地だったよう。)

★住所:東京都地本郷6-18-11
★TEL:03-3812-6791

cdd0.jpg

26b0.jpg

3e96.jpg

b98e.jpg

8f08.jpg

272c.jpg

129f.jpg

90dc.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。