純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・浅草・珈琲 アロマ

ずっとずっと、ここで珈琲を飲んでみたかった。

しかし、外から、中の様子は伺えるものの、
カウンターしかない喫茶店というのは、地元の者でないと、
なかなか入りづらいものである。

常連客がくつろいでいるところへ、一見の客が入って、
その場の雰囲気を壊すのも怖いし、マスターが頑固者で
あることを恐れてしまう、というのもある。

浅草に喫茶店は数あれど、ここほど長い間、
恋焦がれていた喫茶店はない。

ある日のこと。いつものようにチラリと覗くと、
タイミング良く、店内には、テレビを眺めるマスターだけ。

思い切ってその扉を開けると、いともあっさりと、
マスターの笑顔が、迎え入れてくれた。

カウンターの端っこに座って、珈琲を飲む。

何気なく流れていたテレビのことを、マスターと話したりした。

ずっと憧れていた喫茶店に入ることができ、しかも、
本当に気持ちよく、そこにいさせてもらったおかげで、
店を出たあとの充実感はとても大きいものだった。

もちろん、店内の椅子も、メニュー板も、小道具も、
全て懐かしく、時間の止まったような空間で素敵だった。

★住所:東京都台東区浅草1-24-5
★TEL:03-3841-9002

a086.jpg

714e.jpg

9073.jpg

3da7.jpg

dc28.jpg

18c8.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。