純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・浅草・ロッキー

喫茶店のキャラクターに、タツノオトシゴが多く
使われるのには、何か理由があるのだろうか。

今では閉店してしまった御徒町の「渚」、
阿佐ヶ谷の「よるのひるね」、そして浅草の
商店街にあるロッキーにも、タツノオトシゴがいた。

そんな可愛らしい看板に誘われて、ふらふらと
扉を開けると、狭いと思っていた店内は、鰻の
寝床だったようで、奥に細長く、思ったより広かった。

お客さんは地元の人が多いのか、あまり一見の人は
いない様子。最初は、居心地の悪いような気持ちに
なりながらも、ここもまたテーブルが懐かしいゲーム台なので
嬉しくなってしまう。

椅子は、背もたれがまあるく、昔の会議室のよう。

浅草の商店街は、ロッキーを始め、珈琲色の
誘惑が多くて、困る。といつも笑顔で思う。

★住所:
★TEL:

932969_432667455.jpg

932969_2685588827.jpg

932969_1725786322.jpg

932969_2720274124.jpg

932969_2843368407.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。