純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・飯田橋・Coffee&Snack カウベル

「すみません、まだ大丈夫ですか?」

看板に「Snack」という文字を見掛けたため、喫茶の時間とお酒の時間の
明確な区切りがあるのかもしれない、と思い念のために聞いてみた。

中にいたママは、時計のある方へ目をやった後
「もう少し経つと賑やかになってしまうかもしれないけど大丈夫よ。」と
少し微笑んで迎えてくれた。

飯田橋にこんな素敵な店があったとは、と心の中でつぶやきながら
適当な席に腰を下ろす。6割くらいの混雑具合で、座った席の隣では
漫画家らしき人が何やら打ち合わせをしていた。

会話が聞こえるほどではないが、
2人のうちの1人の大きな笑い声が店内に響き渡る。

少し歩いて汗ばんでしまう程の季節になると、
冷たいものを堂々と注文出来るから良い。

というのは、私は猫舌ゆえに熱い飲み物があまり得意ではない。
他の人には適切であろう温度で運ばれてきても、一口飲んでは
「あつい!」とすぐ皿にカップを戻してしばらく待つのが常なのだ。

この日はクリームソーダとチーズトーストを注文した。

新刊の取材で色々な純喫茶を巡っていた時期だったことも重なり、
テーマの1つでもあった「同じメニューでもまったく同じものはない」という
面白さの研究対象はクリームソーダにも向いていて、
さて今日は何色のソーダ水が出てくるだろう、と期待するようになっていた。

ここでは王道の緑色。ただアイスクリームの盛り方に個性がある。
ささっと写真を撮るも、その鮮やかな緑色に見惚れてなかなか飲むことが出来ず、
アイスクリームがとろりと落ち始めてから慌ててストローで吸い込む。

チーズトーストは竹で編まれた皿に乗せられてきたところが素敵で、
シンプルな味付けもとても美味しかった。

「Snack」と看板にあった通り、珈琲を飲んでいた人たちが段々といなくなり、
ママがカラオケの用意をしていると、サラリーマンたちが賑やかに入店してきた。

一転して夜の空気に変わる。目には見えないものの確実な気配。
そそくさと、緑色と白色が混ざり合った液体を飲み干し、会計をしてもらう。

「こんな素敵な店があるなんて、今まで知りませんでした。」
入ってきた時には独り言だった言葉を、今度はママに伝えた。

数十分前よりも大きく笑ったママが「また来てね」と小銭を渡してくれた。

しばらくは夜の空気を漂わせる空間を二度程振り返り、駅へ向かう。
また明日まで、喫茶の時間はおやすみなさい。

★住所:東京都千代田区飯田橋4-5-2
★TEL:03-3265-2546

東京・飯田橋・カウベル1

東京・飯田橋・カウベル2

東京・飯田橋・カウベル3

東京・飯田橋・カウベル4

東京・飯田橋・カウベル5

東京・飯田橋・カウベル6

東京・飯田橋・カウベル7

東京・飯田橋・カウベル8

東京・飯田橋・カウベル9

東京・飯田橋・カウベル10

東京・飯田橋・カウベル11

東京・飯田橋・カウベル12

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。