純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

広島・三原・コーヒーショップ まきしむ

一杯30000円のパフェ。

…とは大げさだが、ただそれだけを目指して旅に出るのだから、
周囲からは、なんて酔狂なことを、と思われるのも当たり前のことだろう。


先日、広島へ行ってきた。少し足を伸ばして三原駅まで。

8月末でその長い歴史に幕を閉じる、盛付けが豪華で素晴らしいという
750円のパフェを食べるためだけに。

恐らく、私は一生治ることがない素敵な病気にかかっているのかもしれない。

症状としては「気になる純喫茶に対して、いてもたってもいられなくなる」というもの。

対処方法は簡単。

どうにか時間を作って、予定を組み、気になった純喫茶へ足を運ぶだけ。
扉を開けて、落ち着けそうな椅子に腰を下ろしたら一時的とはいえど治る。

三原出身の友人が、以前帰省した時に「好きそうな店があったよ」と
一軒の喫茶店の外観写真を送ってくれた。

その時は、本当だ、と感激はしたものの、いつか機会があればくらいに思っていた。

しかし、いちごパフェの盛付けが美しい喫茶店がある、という画像をどこかで見て、
その店と「閉店」という2文字が結びついた時、私はすぐに新幹線の空席を探していた。

結果的に、行って良かった、と心から思う。

目当てだったフルーツパフェが朝の早い時間帯で売り切れていたことを含めても
ありあまる程、店内の様子や空気感が素晴らしかったのだ。

こんなに素敵なのに、どうして無くなってしまうのだろう。
この建物や歴史を取り壊してまでも、ここに新しく作る必要のあるものとは
一体どんなものだろう。

いつもと同じことを、また繰り返し考える。

パフェを作るマスターは明るく元気だった。それを運ぶマダムも。

「東京から来ました。こちらのパフェをどうしても味わいたくて」と告げると、
それはすごい!、閉店してしまったらもう二度と食べられないからね、とお二人は笑う。

そんな言葉に当たり前には納得できなくて、少し寂しい気持ちのまま、私も笑った。

しかし、色々な事情もあるのだろう。
想像のままで終わらず、出会えて良かった、そう思うことにした。

決して楽観的、とは言えない私だが、閉店してしまう純喫茶の儚さに対して
寂しい想いをすることがどうしても嫌で、他の部分は我慢してでも、
この部分は譲らないようにして暮らしている。

今ならまだ自分の目で見ることの出来る現実の景色。

9月1日になれば、もう体感することの出来ない幻に変わってしまう。

気になる方は夏の旅として是非。

★住所:広島県三原市城町1-19-22
★TEL:0848-64-7708

広島・三原・まきしむ1

広島・三原・まきしむ2

広島・三原・まきしむ3

広島・三原・まきしむ4

広島・三原・まきしむ5

広島・三原・まきしむ6

広島・三原・まきしむ7

広島・三原・まきしむ8

広島・三原・まきしむ9

広島・三原・まきしむ10

広島・三原・まきしむ11

広島・三原・まきしむ12

広島・三原・まきしむ13

広島・三原・まきしむ14

広島・三原・まきしむ15

広島・三原・まきしむ16

広島・三原・まきしむ17

広島・三原・まきしむ18

広島・三原・まきしむ19

広島・三原・まきしむ20

広島・三原・まきしむ20.5

広島・三原・まきしむ21

広島・三原・まきしむ22

広島・三原・まきしむ23

広島・三原・まきしむ24

広島・三原・まきしむ25

広島・三原・まきしむ26

広島・三原・まきしむ27

広島・三原・まきしむ28

広島・三原・まきしむ28.5

広島・三原・まきしむ29

広島・三原・まきしむ30

広島・三原・まきしむ31

広島・三原・まきしむ32

広島・三原・まきしむ33

広島・三原・まきしむ34

広島・三原・まきしむ35

広島・三原・まきしむ36

広島・三原・まきしむ37

広島・三原・まきしむ38

広島・三原・まきしむ39

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。