純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【閉店】東京・新宿・TEA ROOM パーシモン

また一つ、純喫茶が閉店してしまうという寂しい知らせを聞いた。

新宿南口を出て、西新宿方面へまっすぐ坂を下り、しばらく歩いて
紳士服店のあるビルの奥にその喫茶店はひっそりと営業している。

店の名前は「パーシモン」。調べてみると、柿の木、という意味があるようだが、
名付けたマスターの真意は確認出来ていない。

入口に灯りが点いているのを確認してほっとする。
壁に掛けられた豊富な食事メニューを見て、他所で食べてきてしまったことを
少し後悔した。オムライスにナポリタン、ロコモコ丼なんて素敵なメニューまであるのだ。

カーテンをくぐり、店内に入るとにこやかなマスターとマダム、雑誌を読む女性が一人。

クリームソーダをお願いすると、ソーダ類は全て終了してしまったとのこと。
それでは、とコーヒーフロートを注文した。運ばれてくるまでの間、目の前の席の
黒い革張りのソファや掛けられた絵を眺める。

シンプルだが、あたたかい雰囲気でその広さも丁度良く居心地の良い空間だと思う。
大きな窓があるわけではないので、煙草の匂いがこもっていたが、純喫茶に居る間は
そこのところは考えないようにしている。

運ばれてきたコーヒーフロートの、アイスクリームと氷がくっついて少し凍った部分を
好んで掬って食べてしまう。そうしてから苦い珈琲を飲む。

置かれていた雑誌をぱらぱらとめくり、数十分そこにいた。
途中やってきたサラリーマンの男性が頼んだミートソースが美味しそうで
羨ましく眺めながら。

こちらの閉店は、マスター夫妻のご都合ではなく、ビルの解体のためで、
どちらかに移転される予定は今のところないようだ。

せめてもの思い出にマッチ箱を、と尋ねるも現在は作っていないとのこと。
代わりに、とママが差し出して下さったのは、店名が入っている伝票。

橙色のそれを一枚頂き、折れ曲がらないように大事に鞄にしまって、
店を出た。名残惜しく外観を眺めて、もうすぐ無くなってしまうビルの中に
いることが何だか不思議に思えた。確かに、パーシモンはここに存在したのだ。

(2014年9月26日 閉店)

★住所:東京都新宿区西新宿1-19-6 山手新宿ビル 1F

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン1

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン2

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン3

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン4

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン5

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン6

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン7

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン8

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン9

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン10

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン11

東京・新宿・TEA ROOM パーシモン12

スポンサーサイト

PageTop

東京・新橋・サンマルコ

新橋駅で待ち合わせをするとしたら、分かりやすいのは駅前の
SL広場だろう。現に、夜通りかかると沢山の人が誰かを待っている。

駅を背にして、左側に見える大きなレトロなビルがニュー新橋ビルだ。

私の場合、新橋に来る目的はだいたいこちらだと言っても良いくらい好きで、
長い間通っている。地下は居酒屋、一階はチケット屋、二階はマッサージ店、
と同じ業種の店が軒を連ね、ただ歩いているだけで退屈しない空間だ。

昭和46年から在るビルとあって、中の造りも趣深く、タイルや階段も素敵だ。

用事がないとなかなか入りにくい建物であるかもしれないが、実はこの中は
純喫茶の宝庫なのである。フジにPOWA、カトレア、カナール、そしてサンマルコ。

今回は、未訪だったサンマルコにお邪魔してきた。

カウンターが数席と4名掛けのテーブル席が5つだったように思う。
感じの良いマスターとママがにっこりと迎えてくれた。
一人で席を占領するのは申し訳ない気もするが、有難く座らせて頂く。

甘い飲み物をと思い、フロートの種類はどんなものがあるかを尋ねると、
「何でも出来るわよ」とママが微笑む。それでは、と珈琲フロートをお願いした。

ふと壁に目をやるとモダンな柄で素敵だ。目の前には京浜東北線のホームがあり、
帰宅ラッシュ時のため、電車はひっきりなしに流れてきて沢山の人を連れていく。

数本目の電車を見送った頃、テーブルに珈琲フロートが運ばれてきた。
グラスの大きさもさることながら、アイスクリームのボリュームが凄い。

苦い珈琲を一口飲み、アイスクリームを掬う。苦さと甘さが交互で美味しい。
最後にはすっかり溶けきってしまったバニラ珈琲を飲み干し、のんびりとした。

メニューを再度眺めると、ナポリタンがあった。次は必ず頼みたい。
働く人たちのために、一日に何食も提供されるであろう美味しいナポリタンを。

空が夕暮れ色から夜の色に変わる前に、ご馳走様、と席を立つ。

★住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 2F
★TEL:03-3501-3071

東京・新橋・サンマルコ1

東京・新橋・サンマルコ2

東京・新橋・サンマルコ3

東京・新橋・サンマルコ4

東京・新橋・サンマルコ5

東京・新橋・サンマルコ6

東京・新橋・サンマルコ7

東京・新橋・サンマルコ8

PageTop

東京・東銀座・SANDWICH アメリカン

ずっと行ってみたかったサンドイッチの店があり、ようやく願いが叶った。

8月に放送された「ワケあり!レッドゾーン」の番組途中で、ライセンスの
お二人と山田菜々さんが召し上がっていたのが、こちらのタマゴサンドで
一人前に食パン半斤を使用している。
(番組では、一斤とお話してしまったかもしれません。申し訳ないです。)

画像で見る限りは食べられそうだ、と雨の東銀座を新しくなった歌舞伎町を
横目に歩く。とろとろのオムライスで有名な「喫茶 you」もすぐ近くにある。

アメリカンの扉を開けると、ほぼ満席の様子。
それぞれのテーブルに置かれているサンドイッチに目をやり、
想像以上のサイズにまず驚く。

天井や壁には、佐賀県のポスターが多数貼られている。
マスターは佐賀のご出身なのだろうか。忙しい時間だったため、確認出来ていない。

さて、メニューに一通り目を通し、決めていたタマゴサンドを注文する。

しばらくして運ばれてきたそれを見て、思わず驚きの声が出そうになる。
ママの方を見ると、にっこり笑って「食べられなかったら持ち帰れますから」と言う。

その言葉を聞き、周囲を見渡すと、透明なパックがテーブルに置かれている。
そして、こちらのメニューがすごいのは、サンドイッチだけではなくて、
スープやサラダ(たっぷりの生野菜の上に、マカロニサラダ、更に
ポテトサラダが積み上げられている)、飲み物までもが凄いボリュームなのだ。

とりあえず、タマゴサンドから頂くことにした。
パンがふんわりとしていて柔らかい。どちらのパンを使用しているのだろうか。

具も溢れんばかりに挟まれているが、しつこくなく、とても美味しい。
一つ目はあっという間に完食してしまった。・・・しかし、サラダやスープを間に
食べていると満腹になってしまい、やはりもう一切れは持ち帰ることにした。

昼時だったこともあり、次から次へと人がやって来る。
ボリュームだけが注目されてしまいそうなメニューであるが、
味もきちんと美味しく、店の方のサービスも親切で明るく、良い店だ。

サンドイッチは店頭販売も行われているので、時間のない方はそちらを是非。

一人驚きながら食べたサンドイッチを、こうしてテレビ番組でも取り上げて頂き、
反応を共有出来たことを嬉しく思う。喫茶店と思い出が繋がっていくことは楽しい。

★住所:東京都中央区銀座4-11-7
★TEL:03-3542-0922

東京・東銀座・アメリカン1

東京・東銀座・アメリカン2

東京・東銀座・アメリカン3

東京・東銀座・アメリカン4

東京・東銀座・アメリカン5

東京・東銀座・アメリカン6

東京・東銀座・アメリカン7

東京・東銀座・アメリカン8

東京・東銀座・アメリカン9

東京・東銀座・アメリカン10

東京・東銀座・アメリカン11

PageTop

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ

神奈川方面は、行ってみたいところは多々あれど、まだまだ
足を伸ばせていないのが現状である。

関内駅から少し歩いたところにある純喫茶 アミーコのことを知ったのは、
いつも純喫茶イベントに参加して下さる方が、何かの折にこちらのマッチ箱を
プレゼントして下さってからであった。

紺色の背景に赤と白の文字。とても素敵なデザインのマッチ箱だ。

それから数年後、業務でこの界隈を訪れる機会があり、
その時に偶然前を通りかかり、店の場所を知った。

しかし、その日は夜遅く、雨も降っていたので外観だけ眺めるだけに留まり、
入店は叶わなかった。そのことを少し悔やみ、近いうちに必ずと願っていた。

それから更に少しの時間が過ぎた先日、ようやく訪れることが出来た。

きっかけは近くにある純喫茶 WIENの閉店の情報を頂き、せめて最後に、
と出掛けたことだった。WIENについてもまだ綴っていない。こちらも後日に。

さて、念願叶ってアミーコの扉を開ける。
天井は紺色、椅子やテーブルは白色で統一されていて美しい。

カウンター席の近くのテーブル席に腰を下ろした。
頭上には、目玉を思わせるモチーフが飾られている。
テーブル毎にはトランプを模した絵柄の違う灰皿も。

こちらで注文するものは既に決めていた。太麺を使用したナポリタンだ。
WIENでサンドイッチを頂いたばかりだったので、空腹とは言い難い状態だったが、
純喫茶に来た以上、名物を食べずして店を出るわけにはいかない。

きびきびした女性二人で営まれているこちらの店は、どこかあたたかい。
ナポリタンを運んできて下さった女性は、終始淡々とした感じではあったが、
一口食べたナポリタンの感想を伝えると、ふんわりとほほ笑んだ。

純喫茶でナポリタンを頂くと、その店毎の個性があり、どちらも美味しい。
麺の太さも、ケチャップの量も、入っている具もそれぞれ違う。

アミーコのナポリタンは、正統派の太麺でケチャップの味がしっかりしていて、
具は玉ねぎにピーマン、ハムとなっていた。想像を超える美味しさにすぐ完食。

珈琲も一杯ずつ丁寧に淹れてくれ、とても美味しかった。

いつも思うことなのだが、こういう純喫茶が自分の暮らす地域にあったなら
どんなに良いだろう。それだけで少し沈んだ日も穏やかな気持ちになるのではないか。

帰り際にママと少し話す。こちらに長い間来たかったことを伝えると、
花のように笑い、貴重なマッチ箱を取り出し、一つ土産として下さった。

手のひらの中で大切に握ったその日のやさしい思い出を誰かに伝えるために、
こうしてせっせとブログにて記録しているのだと改めて思った。

★住所:神奈川県横浜市中区弁天通3-45
★TEL:045-201-8380

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ1

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ2

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ3

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ4

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ5

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ6

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ7

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ8

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ9

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ10

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ11

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ12

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ13

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ14

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ15

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ16

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ17

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ18

神奈川・関内・純喫茶 アミーコ19

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。