純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・東十条・喫茶 みかさ

当たり前のことかもしれないが、いつもそこにあって、いつまでもあると
思ってしまう純喫茶にも時間は流れている。

自分の中では、時の境目を「昭和」と「平成」の区切りで考えてしまいがちだが、
勿論そんなことはなく、昨日と今日、今日と明日では同じではない。

急にそんなことを思ったのは、こちらの純喫茶に行った時のことを
ふと思い出したからだった。

写真のデータによると、訪れたのは今年の5月下旬。
そんなに前ではない気がしていたが、既に2か月以上も経ってしまっていた。

ツイッターの方では記したのだが、先日東十条駅から少し歩いたところにある
鉱物カフェ「cafeSAYA」へ出掛けてきた。美しい色のソーダ水と様々な石が目的だった。

予約制であったためか他に先客はなく、閉店の時間まで思う存分店内を眺めたり、
万華鏡を自作したりした。美しい色の石を幾つも散りばめたそれをとても気に入っている。

さて、話が反れたがそちらへ行く前に立ち寄ったのが、喫茶 みかさだった。

ある程度目星を付けていたので、迷うことなく到着することが出来た。
橙色のひさしの色褪せた感じが愛おしい。思いのほか、と言っては失礼になるが、
賑わっていて、扉の向こう側はほぼ満席の状態であった。

幸いにも空席だった窓際の席に腰を下ろすも、店内は紫煙が漂っている。

カウンターの中で忙しそうに、飲み物や食事をどんどんと完成させていくママの
タイミングを見計らって注文をお願いした。

「スパゲティ」とだけ書かれたメニュー。ママに尋ねると「ナポリタンのようなもの」
が提供されるという。もう一つのスパゲティの横には「イタリアン」と書かれていた。

運ばれてくるまでの間、ビロードの青いソファに深く腰を下ろして窓の外を眺めていた。
あまり降りたことのない駅だが、人通りは多く、活気のある街だと思った。

純喫茶で注文したものを待っている間、ただぼんやりとしているのが好きだ。
読書をしたり、誰かに手紙を書いたり、真剣に何かを考えていることもたまにはあるが、
私はいつも「ただぼんやり」してしまう。

昨年の鎌倉ブックカーニバルで、憧れの沼田元氣さんにそのことを伝えたら
「それは高等遊民である。」と言われたことを思い出す。

生活に余裕があるわけではないが、生産的な活動をしていない、という意味と、
現代の慌ただしい暮らしの中で「ただぼんやりする」ということは贅沢なのだろう。

そうしている間にスパゲティと珈琲が運ばれてきた。
なるほど「ナポリタンのような」味がする。何かが違うのだが、私には好みの味だった。

完食した後、まだしばらく寛いでいると、少し忙しさの落ち着いたママの後ろに
古い秤を見つけたので写真を撮らせて頂きながら、常連客の男性と談笑をした。

良い感じの布で出来た携帯ケースを見せて下さったので「素敵だ」と感想を告げると
その方は「じゃあ、あなたにあげよう」と仰った。遠慮し断るも、せっかくの縁だから、と
手に握らせてくれた。有り難く頂戴し、今でも大切にして、たまに眺めている。

純喫茶の良いところは、一人で居たければ放っておいてくれるし、自分が何かに
アンテナを示せば、このようにたちまち会話が出来るところだと思う。

ちょっとした自分の立ち振る舞い方でその日の出来事が変わることもある。

あの日も良い純喫茶に出会い、素敵な時間を過ごした、
いつの日か、そう思いながらドアノブのライオンを思い出すのだろう。

★住所:東京都北区東十条2-15-9
★TEL:非公開

東京都・東十条・みかさ1

埼玉・東十条・みかさ2

埼玉・東十条・みかさ3

埼玉・東十条・みかさ4

埼玉・東十条・みかさ5

埼玉・東十条・みかさ6

埼玉・東十条・みかさ7

埼玉・東十条・みかさ8

埼玉・東十条・みかさ9

埼玉・東十条・みかさ10

埼玉・東十条・みかさ11

埼玉・東十条・みかさ12

埼玉・東十条・みかさ13

埼玉・東十条・みかさ14

埼玉・東十条・みかさ15

埼玉・東十条・みかさ16

埼玉・東十条・みかさ17

埼玉・東十条・みかさ18

埼玉・東十条・みかさ19

埼玉・東十条・みかさ20

埼玉・東十条・みかさ21

埼玉・東十条・みかさ22

スポンサーサイト

PageTop

「虎の門 ヘッケルンにてらっきょうを剥く会」参加への御礼とご報告

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

暑い日が続いたかと思えば、本日のように比較的涼しい日もあり、
体調を崩しやすい季節だと思いますので、皆様ご自愛下さい。

散策の途中には、純喫茶で冷たい飲み物を一杯。

さて、先日告知させて頂きました、「プリンの美味しい虎の門の純喫茶
ヘッケルンにて、旬の鳥取産らっきょうを剥き、マスターの特製料理を頂きながら
ゆるりとおしゃべりする会」は、おかげさまで大盛況のうちに終了しました。

通常営業の終わった19:15頃から集合し、お好きなテーブルに座り談笑の中、
マスターのご挨拶を頂き、まだ泥が付いたままの新鮮ならっきょうを剥く作業から
スタートしました。一つのテーブルは4名で、らっきょうの根を切る人、薄皮を剥く人、
に分かれて初対面の人たちとも共同作業を行います。

皆さん、和気藹々と純喫茶の話などをされながら手は進み、用意されたザルは
あっという間につるりとしたらっきょうで一杯になりました。

それをマスターに水洗いして頂き、この日のためにわざわざ作って下さったという
特製味噌をつけて、生のらっきょうを頂きました。まったく渋みや嫌な臭いがせず、
しゃきしゃきとしていて美味でした。

その後、らっきょうの水分を少し飛ばしている間に、お待ちかねのお料理を。

この日は、手間暇かけて丁寧に作られたコロッケをリクエストし、他には新鮮野菜の
サラダ(といっても三日間かけて油と塩に漬け込まれているので、絶妙な味付けなのですが
歯応えは生野菜のように爽快なのです)、皮がパリッと焼かれたスパイス配合の鶏肉、
そして最後にはリキュールの効いたジャムのかかったババロアを。

目の前で揚げられた熱々のコロッケは、2日間かけて作って下さったようで、
口の中でじゃがいもとソースがとろりとして、ソースなどは付けずにそのまま頂きます。

おなかが許すなら、どれもずっと食べ続けていたい程美味でした。
マスターは割烹もフレンチも作れるそうで、次回開催の際は何をリクエストしようか
今から考えてしまう程です。絶品だというハンバーグも気になります。

各自持参して頂いたお酒も進み、皆さんにこやかな様子でマスターや近くの方と
お話をしているうち、あっという間に夜は更けるのでした。

乾かしていたらっきょうを瓶に入れ、らっきょう酢で浸し、電車の時間の早い方から
順にお帰りになりました。松本さんのご厚意にて、生のらっきょうもお土産に。

松本さんのご活躍はこちら → ラッキョウワークス

一通り店内の様子を整え、すっかり遅くなってしまったことへのお詫びとお礼を
マスターに告げ、またの再開を楽しみに新橋の駅へと戻ったのでした。

今までの「純喫茶ミーティング」より、若干人数が多めの16名での開催でしたが、
参加者の皆様が料理を運ぶのを手伝って下さったり、食器を片付けて下さったりと
ご協力頂いたおかげで、スムーズに楽しく会を終えることが出来ました。

改めまして、この会に参加して下さった皆様、予定人数終了後にお申込み下さった方々、
虎の門 ヘッケルンのマスター、ラッキョウワークスの松本さんに御礼申し上げます。

また次回、どちらかの純喫茶をお借りして、らっきょうを剥いたり、他にも楽しいことを
企画していきたいと思います。皆様、今後共宜しくお願い致します。

2014717らっきょう会1 2014717らっきょう会3

2014717らっきょう会4 2014717らっきょう会5

2014717らっきょう会6 2014717らっきょう会7

2014717らっきょう会8 2014717らっきょう会9

2014717らっきょう会10 2014717らっきょう会11

2014717らっきょう会12 2014717らっきょう会13

2014717らっきょう会14 2014717らっきょう会15

2014717らっきょう会16
2週間後にはらっきょうも食べ頃になるそうで、一粒一粒頂く度に
やさしいマスターの笑顔を思い出すのでしょう。

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,728

【純喫茶コレクション】表【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。
**************************************

PageTop

東京・神保町・洋酒 珈琲 黛(まゆ)

喫茶店のマスターという人たちは、一見どんなに強面であったとしても、
珈琲を一杯頂き、世間話から始まる話などをして、帰る時間を迎えた頃には
最初の雰囲気はどこへやら、すっかり柔らかい表情になって見送ってくれる。

先日休暇を取った午後、所用が済んだので神保町へ出掛けた。
しばらくの間、訪れていなかった「珈琲 エリカ」のあの素晴らしい空気を吸いにと、
向かい、店内に灯りは点いているものの入口のガラスには既にカーテンが掛かっていた。

営業時間を間違えたか、と窓の中を何気なく見ると、掃除中のマダムと目が合った。
「今日はもうおしまいだよ」と作業中の手を丁寧に動かしながら教えて下さった。

19時までの営業、と勝手に思っていたが、現在は18時にて閉店してしまうらしい。

すっかり喫茶するあてを失い、しばらくの間、その周辺をぐるぐると歩いた。
「潤」は営業形態を変えたのか、夜は美味しそうな肴と日本酒を出す居酒屋になっていた。

ラドリオやミロンガ、伯剌西爾は頻繁に訪れるし、白十字もつい最近お邪魔したばかりだ、
などと考えているとふと一つの喫茶店のことを思い出した。

店名は「黛」。まゆずみ、と読むと思っていたが、どうやら「まゆ」が正しいようだ。
後程訪れた入口に置かれた紫色の看板には、丁寧にもルビがふってあった。

少し緊張しながら扉を開けると、穏やかそうなマスターと赤い椅子が視界に入った。
「18時半までなんですよ」と申し訳なさそうにしている。

素敵な店内に見惚れて、しばし返答を忘れてしまった。
それではまた来ます、と言い掛けた時、「やっぱり、せっかくだから珈琲をどうぞ」と
マスター。迷いつつも有り難く、閉店時間には退出する旨を伝え、腰を下ろした。

一番奥の席から眺める風景はとても美しい。

積み上げられた小説たちも、カウンターの回りを取り囲む真っ赤な椅子たちも。
その中に佇むマスターの姿も。薄暗い灯りの下で、まるで映画のようだと思う。

ふと、カウンターの中に飾られている絵皿に目が留まる。

学芸大学のマッターホーンや、西荻窪のこけし屋の包装紙のイラストを手掛ける
鈴木信太郎画伯のイラストだ。思わぬ場所での嬉しい出会いに近くで拝見させて頂く。

マスターに「こちらは鈴木信太郎さんの描かれたものですか?」と尋ねるも、
珈琲を淹れながらマスターは「そうなのですか、良く分からないのです」と笑顔。

このゆるやかさも純喫茶の魅力である、といつも強く実感する。

運ばれてきた珈琲の下に敷かれた皿には、「黛」の文字。
ご友人が作られたものらしい。

300円といささか安すぎる珈琲は丁寧な味がして美味しかった。

時計を何度か確かめながら珈琲を頂く私に、「せっかくだから気になさらないで
ゆっくりしていって下さい」と常に笑顔を絶やさないマスター。

こちらに座っているだけで気持ちがあたたかくなるのを感じる。

夜の時間帯はオーナーが代わり、お酒も出す営業形態になるらしい。
そちらも気になるが、今度はもう少し早い時間に訪れて、またマスターと
ぽつりぽつりと話が出来たなら、と思った。

★住所:東京都千代田区神田神保町2-16
★TEL:03-3230-0691

東京・神保町・黛1

東京・神保町・黛2

東京・神保町・黛3

東京・神保町・黛4

東京・神保町・黛5

東京・神保町・黛6

東京・神保町・黛7

東京・神保町・黛8

東京・神保町・黛9

東京・神保町・黛10

東京・神保町・黛11

東京・神保町・黛12

東京・神保町・黛13

東京・神保町・黛14

東京・神保町・黛15

東京・神保町・黛16

東京・神保町・黛17

東京・神保町・黛18

PageTop

「虎の門ヘッケルンにて純喫茶ミーティング」開催のお知らせ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

あっという間に2014年も半分が過ぎ、夏を目前に控えた7月となりましたね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて先日、ライターの大宮冬洋さんにお誘い頂き、面白い集いに参加致しました。

その会とは、昨年NHK出版『きょうの料理ビギナーズ』という月刊誌の連載である
「食べ物マニアーズ!」に、純喫茶コレクションを取り上げて頂いたのですが、
(当時のブログの様子はこちら)そちらに掲載された様々な食べ物のマニア様が
一同に集まり、それぞれ自慢の一品を持ち寄るという趣旨でした。

私は、神田の純喫茶 エースに寄り、20名程が食べられる分ののりトーストを購入し、
いざ大塚駅へ。初めて降り立った駅には、長閑に走る路面電車が。
気になる純喫茶も一軒ありましたが、あいにく営業時間を過ぎていたので次回に。

目的地の蕎麦屋である「小倉庵」は佇まいからして良い感じです。
扉には「貸切」の文字。中へ入ると只者ではない空気を纏う皆さんがいらっしゃいました。

当日参加されていたのは・・・

餃子マニアさん、粉物マニアさん、ご飯マニアさん、らっきょうマニアさん、
カレーパンマニアさん、塩麹マニアさん、ミネラルウォーターマニアさん、
釣魚マニアさん、ハンバーガーマニアさん、お茶マニアさん、焼きそばマニアさん、
サムゲタンマニアさん、いかマニアさん、編集部の三名、と純喫茶マニアの難波でした。

これだけ何かに夢中になっている方たちが一同に会する機会というのも
なかなかないだろう、と楽しんでいるとあっという間に夜は更けていきました。

皆さんの持ち寄った一品も、小倉庵のお料理も大変美味しかったです。
特に小倉庵さんは、本当に良心的且つ居心地の良い店でまた出掛けたいです。


NHK出版 きょうの料理ビギナーズ連載 「食べ物マニアーズ!」同窓会の様子
2014マニア同窓会1 2014マニア同窓会2

2014マニア同窓会3 2014マニア同窓会4

2014マニア同窓会5 2014マニア同窓会6

2014マニア同窓会7 2014マニア同窓会8

2014マニア同窓会9 2014マニア同窓会10

2014マニア同窓会11 2014マニア同窓会12

2014マニア同窓会13 2014マニア同窓会14

2014マニア同窓会15 2014マニア同窓会16

2014マニア同窓会17

さて、そこから繋がったご縁で、面白いイベントを開催させて頂くことになりました。

宴も終わりに差し掛かった頃、らっきょうマニアの松本さんが話し掛けて下さり、
「純喫茶でらっきょうの皮を剥いてみたいのです」という唐突で素敵なご提案を頂きました。

面白い、是非開催しましょう、と二つ返事で引き受けたは良いものの、
らっきょうは多少匂いのする食べ物ですので、それを受け入れて下さる純喫茶が
見つかるだろうか、と不安でした。

月曜日の夕暮れ時、ふとプリンの美味しい喫茶店のことを思い出しました。
お店の名前は、虎の門・ヘッケルン。雑誌にもプリンの有名な店、として度々
掲載されるとても素敵な喫茶店です。

約1.2か月ほど前に立ち寄り、夢のように美味しいプリンを頂きながら、
マスターと色々な話をしました。その時、気になっていたのは「一人3000円の
会費で、コロッケでもハンバーグでも割烹でも好きなものを作ってあげるから
ワインでも持ち込んで皆でわいわいとしたら良いよ」という言葉でした。

いつか、ヘッケルンを貸し切って純喫茶愛好家の方々と美味しい料理を
頂きながら、好きなだけ純喫茶の話が出来たなら…。

今回はタイミング良く、そちらに「旬のらっきょうの皮を剥きながら」という企画が
加わりました。飛騨に暮らし、主に東京でらっきょう活動をされている松本さんの
指導のもと、らっきょうの皮を剥き、液につけて持ち帰る、というものです。

松本さんのご活躍はこちら → ラッキョウワークス

以下、イベントの詳細をお知らせさせて頂きます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『プリンの美味しい純喫茶にて、らっきょうの皮を剥きながらゆるりと
 純喫茶のことばかりお話をする会~マスターによる人生相談もあります』

日時:2014年7月17日(木) 夜19:00頃~
場所:虎の門 ヘッケルン(http://retrocoffee.blog15.fc2.com/blog-entry-942.html)
会費:料理代 \3,000、らっきょう代 \500 飲み物は各自持参願います
定員:12~3名
2014年7月2日現在 定員に達しました!有難うございます。
 今後キャンセルや変更があった際には随時ツイッターにてお知らせします。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


プリンの名人でありながら、割烹からフレンチまで、全て作ることが出来るという
マスターの特製料理の中でも、今回は「コロッケ」をメインに出して下さるそうです。
インスタントは苦手、とおっしゃるマスターはソースも全て手作りのようです。

余談ですが、先日訪れた際に「タマゴサンドはマヨネーズのものですか?」と
尋ねた私に「焼いたものも出来るよ。状況と時間によりね」と、高級ホテルさながらの
半熟絶品オムレツサンドをさらりと提供して下さったので、期待も高まります。

そして、プリンの有名な純喫茶ですが、食後のデザートにはあえて「ババロア」を
お願いしました。プリンは通常営業時間に召し上がれますので、今回は違うものを。

マスターのお料理も、らっきょうも、純喫茶愛好家の皆様とのおしゃべりも、
どちらも楽しみで、きっと素敵な夜になることと思います。

既にお申込みを頂いた皆様、感謝申し上げます。
気に掛けて下さった方、もしお会い出来るなら嬉しいです。

純喫茶にて、楽しいひと時を。
宜しくお願い致します。


今回、会場となる「虎の門・ヘッケルン」はこのような感じです。
ヘッケルン らっきょう1 ヘッケルン らっきょう2

ヘッケルン らっきょう3 ヘッケルン らっきょう4

ヘッケルン らっきょう5 ヘッケルン らっきょう6

ヘッケルン らっきょう7 ヘッケルン らっきょう8

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,728

【純喫茶コレクション】表【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

梅雨も明けて、眩しい程の青空を見上げたなら、純喫茶に寄ってソーダ水を。

**************************************

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。