純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【閉店】東京・池袋・耕路

こちらのブログを始めたおかげで、自分がなかなか行くことの
出来ない地域の喫茶店の閉店情報を、有難くも頂くことが増えた。

東京都内の純喫茶には多数足を運んでいるつもりでいるが、それでも
生活や勤務地の範囲から遠くなるにつれて、どうしても行く回数は減ってしまう。

大きな駅で言うと、池袋がそうだ。

渋谷、新宿、で用事を済ませてしまうことが多く、その先の池袋まで行くのは
多くて年に2、3回だった。今年に入ってからは今回が初めてだったように思う。

東口の大きな通りを渡って、すぐの小道にある純喫茶「耕路」のことは知っていた。
しかし、いつもちらりと見ては通り過ぎてしまい、そこでひと休みをしたことがなかった。

ここのところ、何人かの方に「耕路が3月末で閉店するそうだ」というご連絡を頂いていたが、
なかなか赴く時間もなく、閉店まで残り3日というところまで来てしまった。

その日は土曜日で、偶々出勤だったので三越前にいた。
乗換案内を見てみると、池袋までは20分少々で行けるとのことだったので駅へ向かう。

池袋があまり得意ではないのは、方向音痴である自分にとって駅の中が複雑であること、
いつ訪れても沢山の人の波に溺れてしまい、思うように進めないからだと思う。

この時ばかりは、徒歩数分の純喫茶を目指して真っすぐに進む。

何度か見掛けたことのある看板を目にしてほっとした。
こんなにも当たり前のようにこの風景に馴染んでいるというのに、閉店してしまうのだ。

ガラスケースの中に並べられているメニューサンプルを一通り眺めてから扉を開けた。

いらっしゃいませ、と元気の良い声に迎えられ、ぐるりと見渡すも、一階席は満席の
ようだったので、階段を指差し、二階へ上がる。二人掛けの小さな席を見つけ、そこへ座る。

二階席もほぼ満席で、奥のほうではこちらの店の閉店を惜しんで集まったであろう集団もいた。
馴染みの店がなくなってしまう寂しさを思いながら、メニューを眺める。

珈琲だけのはずが、美味しそうな写真につられてプリンも注文してしまった。
運ばれてきた水のグラスと紙おしぼりの載せられたトレイの色が同じで綺麗だ。

珈琲が来るまでの間、ぼんやりとした。
日常を過ごす人、閉店を惜しむ人、沢山の想いが特にこの数日間は溢れているのだろう。

店員のにこやかな笑顔と共に運べてきたプリンは正統派で、いつまでも眺めていたくなったが、
スプーンを入れると程良く固く、きちんと卵の味がしてとても美味しかった。

帰り際に、マッチ箱とコースターと紙ナプキンを頂いた。
どちらも店名が印刷されているオリジナルの素敵なデザインのものだ。

今まで訪問出来ず、最後に一度訪れただけだったが、また一つ街から純喫茶が消えてしまう
ことを寂しく思う。店を出てから再度振り返り、その風景を目に焼き付けた。

★住所:東京都豊島区南池袋1-22-8

(2014年3月31日 閉店)

東京・池袋・耕路1

東京・池袋・耕路2

東京・池袋・耕路3

東京・池袋・耕路4

東京・池袋・耕路5

東京・池袋・耕路6

東京・池袋・耕路7

東京・池袋・耕路8

東京・池袋・耕路9

東京・池袋・耕路10

東京・池袋・耕路11

東京・池袋・耕路12

東京・池袋・耕路13

東京・池袋・耕路14

東京・池袋・耕路15

東京・池袋・耕路16

東京・池袋・耕路17

東京・池袋・耕路18

東京・池袋・耕路19

東京・池袋・耕路20

東京・池袋・耕路21

東京・池袋・耕路22

東京・池袋・耕路23

東京・池袋・耕路24

東京・池袋・耕路25

東京・池袋・耕路26

スポンサーサイト

PageTop

東京・虎ノ門・ヘッケルン

18時まであと25分。

虎ノ門駅を出て、頻繁に時計に目をやりながら早足で歩く。

目指しているのは、虎ノ門と新橋の中間くらいにある純喫茶「ヘッケルン」。
昔ながらの味がするという巨大で美味しいプリンの有名な店だ。

その存在はもう随分前から知っていたが、営業時間の関係でなかなか行けずにいた。

どうにか辿り着いた時には、17時45分。
まだ灯りの点いている店内に一安心し、深呼吸をしてから扉を開ける。

にこやかな笑顔を向けて下さったマスターにまだ営業中かどうか尋ねる。
勝手に思い込んでいた18時閉店は勘違いで、19時までの営業だという。

「ゆっくりしていってよ」と笑うマスターに頷きながら、端の席に腰を下ろす。
出して頂いた水を一口飲んでから、いかに長い間こちらへ来たかったかを伝えた。

壁に貼られたメニューの文字を一通り眺めるも、注文するものは
プリンと珈琲のセットにしようと決めていた。本棚一杯のゴルゴ13に嬉しくなる。

運ばれてくるまでの間、マスターからこちらの店の歴史等様々な話を伺う。

著名な方や、近隣の企業の社長など様々な方が一息つきに来られるらしいが、
マスターの話の中で、特に印象的だったのは、「すごい人っていうのは、決して
偉ぶらないし、本当に細かいところまで気がつくものなんだよ」という言葉。

飲み終わった薬のパッケージを下げてもらう所作一つにも違いが出るらしい。
なるほど、と思いながら目で追っていたマスターも細やかな気遣いの人であろう、と
勝手ながら感じた。常連の方には「お父さん」と呼ばれることも多いらしい。

さて、肝心のプリンだが、「まさにこういうものが食べたかった」と強く実感するような
固さのしっかりした卵の味がきちんとする美味しいものだった。カラメルまで飲み干す。

もう一つ面白い話を聞いた。

事前に予約をすれば、予算と相談したマスターの手料理と共に
こちらの空間を貸し切れるらしい。
得意な分野はフレンチでも和食でも、というマスターの言葉が心強い。

純喫茶コレクション主催で「ヘッケルンで純喫茶ミーティング」を開催してみたいと
考えたのだが、もし企画したならこちらをご覧の方は集まって下さるだろうか。

そんな素敵な会が実現出来た際には、この日の話の続きでも皆さんとしてみたい。

★住所:東京都港区西新橋1-20-11 安藤ビル1S
★TEL:03-3580-5661 無料

東京・虎ノ門・ヘッケルン1_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン2_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン3_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン4_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン5_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン6_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン7_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン8_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン9_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン10_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン11_R

東京・虎ノ門・ヘッケルン13_R

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。