純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉・行徳・珈琲館 マイセン

喫茶店で迎える夕暮れ時がとても好きだ。

行徳駅で下車したのは初めてのことだった。
いつもの如くきちんとした理由や目的はなく、知らない街の散策がしたくなったのだ。

駅を出て純喫茶のありそうな方向へ歩く。
初めて見る景色はいつも胸が高まる。何でもない路地裏やそこで出会う猫たちにも。

ぐるりと一周して、目ぼしい喫茶店には出会えなかったのだが、
灯台もと暗し、改札を出たすぐ隣の建物に良さそうな喫茶店を見つけた。

店の名前は「マイセン」。素敵なコーヒーカップで珈琲が提供されるのだろうか。
見上げた看板は二階にあって、窓の向こうは程好い琥珀色に染まっている。

階段の下には大きく「水出し珈琲」いう文字が掲げられている。
階段と沿うように、船の絵が描かれた陶器が幾つも飾られている。

扉を開けると、想像より沢山の先客がそれぞれ寛いでいて、満席に近い感じだった。

先程下から見上げた窓の近くの席が空いていたので、そちらに腰を下ろす。

珈琲だけのつもりだったが、メニューを眺めていたら厚切りトーストも気になったので、
追加でお願いした。珈琲が運ばれてくるまでの間、店内の装飾品を眺める。

濃い色をした美味しそうな珈琲が湯気を立てて運ばれてきた。
トーストにはたっぷりバターが塗られていて、苺のジャムが添えられている。

そういえば、数年前に閉店してしまった押上の純喫茶「モカ」にて、
こちらと同じジャムを乗せるガラスの皿を頂いたことをふと思い出した。

あの純喫茶もスカイツリーのすぐ近くの二階にあって、窓からの眺めが好きだった。

気が付くと長居してしまい、閉店の時間が近いことを知る。
会計の為に出口へ向かうと、カウンターのこちら側に大きくて立派な水出し器が三台あった。

思わずマスターに色々と尋ねてしまう。マスターは穏やかな笑顔で、水出し器について
細かく教えて下さった。大震災で一台破損してしまったこと、今では修理をしてくれるところも
少なく大切に使用していること、ガラス部分はとても高価だということ・・・。

ちなみに店名の「マイセン」は前営業者より引き継いだものであるらしい。

看板と同じ字体で店名が描かれた(あいにくコーヒーカップの絵柄は無い)貴重なマッチ箱も
土産に頂いた。「またいらっしゃい」というマスターのあたたかな言葉と共に。

階段を下りるとすっかり夕暮れは終わり、夜が我が物顔でそこに存在していた。

★住所:千葉県市川市行徳駅前2-4−13
★TEL:047-357-4039

千葉・行徳・マイセン1

千葉・行徳・マイセン2

千葉・行徳・マイセン3

千葉・行徳・マイセン4

千葉・行徳・マイセン5

千葉・行徳・マイセン6

千葉・行徳・マイセン7

千葉・行徳・マイセン8

千葉・行徳・マイセン9

千葉・行徳・マイセン10

千葉・行徳・マイセン11

千葉・行徳・マイセン12

千葉・行徳・マイセン13

千葉・行徳・マイセン14

千葉・行徳・マイセン15

千葉・行徳・マイセン16

千葉・行徳・マイセン17

千葉・行徳・マイセン18

千葉・行徳・マイセン19

千葉・行徳・マイセン20

千葉・行徳・マイセン21

千葉・行徳・マイセン22

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。