純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・笹塚・南蛮茶館

こちらのナポリタンが何とも絶妙だった、と教えてくれたのは、
自身も素晴らしいビストロ料理を作ることの出来る知人だった。

何としてでも近々再訪したい、と思いながら今この記事を綴っている。

笹塚に下車する時、何の用事があったのかいつも明確に思い出せない。
例えば、随分前の記憶であれば、この駅の近くにある台湾物産館のようなところで
沢山のマンゴーが飾り付けられたかき氷を食べる為だったことを思い出したのだが。

南蛮茶館、は以前笹塚駅の目の前にあった。

何度か目にして気になっていたのにも関わらず、常に「思い出せない」用事に
急いでおり、一度も入ることのないままいつの間にかなくなってしまった。

・・・と思っていたところ、後程近くに移転されたと知る。

それを聞いてからも随分時間が経ってしまったが、この度ようやく訪問してきた。

確か雨の降る日で、やはりこの日笹塚へ寄った用事は思い出す事が出来ないのだが。

大きく店名が表示された階段を上がり、扉を開ける。
移転したというのは物凄く昔のことだったか、と思う程
その空間に違和感はなく、当たり前のようにそこに存在していた。

いらっしゃい、とても感じの良いマスターがカウンターから顔を覗かせ、
にこやかに迎えてくれた。その様子にとても安堵し、良い喫茶店だと実感する。

傘を畳み、数名の先客と丁度良い距離を保つ席に腰を下ろした。
街の音が微かに聞こえそうな窓側の席を、いつものように選んでしまう。

メニューに並んだサンドイッチはどれも美味しそうだったが、あいにくこの時は
空腹ではなく、それでも諦めきれずチーズケーキと珈琲を頼んだように思う。

雑誌に掲載されたこちらのサンドイッチの写真に気を取られているうちに
珈琲が運ばれてきた。とても良い香りがして、雨の匂いと混ざるのが心地良い。

味も勿論素晴らしく、次回は是非サンドイッチと共に味わおう、そんなことを思いながら
しばらくの滞在の後、店を後にしたのだが、ナポリタンという目的も出来てしまった。

帰り際、何故か笹塚が気になっていたのはこの店のことが頭にあったからだと考える。
これからは明確な理由の一つとして、「南蛮茶館」を目指すのだろう。

★住所:東京都渋谷区笹塚1-22-7
★TEL:03-5454-5503

東京・笹塚・南蛮茶館1

東京・笹塚・南蛮茶館2

東京・笹塚・南蛮茶館3

東京・笹塚・南蛮茶館4

東京・笹塚・南蛮茶館5

東京・笹塚・南蛮茶館6

東京・笹塚・南蛮茶館7

東京・笹塚・南蛮茶館8

東京・笹塚・南蛮茶館9

東京・笹塚・南蛮茶館10

東京・笹塚・南蛮茶館11

東京・笹塚・南蛮茶館12

東京・笹塚・南蛮茶館13

東京・笹塚・南蛮茶館14

東京・笹塚・南蛮茶館15

東京・笹塚・南蛮茶館16

東京・笹塚・南蛮茶館17

東京・笹塚・南蛮茶館18

東京・笹塚・南蛮茶館19

東京・笹塚・南蛮茶館20

スポンサーサイト

PageTop

神奈川・箱根湯本・純喫茶 BELL(ベル)

箱根へ出掛けるのに、ロマンスカーに乗ったのは初めてのことだった。

もしかしたら幼い頃に連れられて乗ったことはあるのかもしれない。
しかし、大人になって自分の意思では初めてのことだった。

旅先へ向かう電車というのは各駅停車でも特急列車でも新幹線でも良いものだ。
まして、夏の景色を窓の外に滑らせながら走るロマンスカーは、本当に素敵だった。

訪れたのはお盆時期だったこともあり、到着した箱根湯本駅は人で賑わい、
熱気が凄く、あまりの暑さに少しくらくらした。改札へ向かう途中「cafe」と
いう文字が見え、もう場所は選ばずとも冷たい珈琲を飲みたい気持ちになったが、
この日の最初は、ひと休みする純喫茶を既に決めていたのでそこを目指す。

店の名前は「BELL」。土産屋に併設されているとても観光地らしい喫茶店だ。

以前から気になっていながらも駅に近すぎて、これから始まる旅に浮き足立つ心は
いつも先へと急いでしまい、なかなかこちらに入る事が出来なかった。

今回は迷う事なく、こちらの扉を開ける。

「いらっしゃい」とても元気の良い店員の女性が迎えてくれる。
窓際の席は程好く先客があり、入り口に割りと近い席に腰を下ろした。

メニューを眺め、かき氷を注文した。一番好きな味であるミルク味があったからだ。

運ばれてきた氷は期待通りで嬉しくなり、幸せな気持ちで少しずつ掬って口に運ぶ。

眩しすぎる窓の外は、ひっきりなしに人が通り、皆これから始まる旅のおかげか
揃ってにこやかに見えた。観光地独特の表情だ、と勝手に思う。

氷がすっかり無くなり、暑さもひいた頃、さて次はどこへ行こうかと考える。

きっと今回も幾つかの純喫茶を巡り、緑の綺麗な道の日陰を歩き、何でもない景色を
写真に撮っては今回の旅も素晴らしかった、そんなことを帰りの電車で思い出すのだろう。

純喫茶ベルでの穏やかなひと時が当たり前のようにそう思わせてくれたのだった。

★住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706
★TEL:0460-85-5351

神奈川・箱根・純喫茶ベル1

神奈川・箱根・純喫茶ベル2

神奈川・箱根・純喫茶ベル3

神奈川・箱根・純喫茶ベル4

神奈川・箱根・純喫茶ベル5

神奈川・箱根・純喫茶ベル6

神奈川・箱根・純喫茶ベル7

神奈川・箱根・純喫茶ベル8

神奈川・箱根・純喫茶ベル9

神奈川・箱根・純喫茶ベル10

神奈川・箱根・純喫茶ベル11

神奈川・箱根・純喫茶ベル12

神奈川・箱根・純喫茶ベル13

神奈川・箱根・純喫茶ベル14

PageTop

マッチ箱コレクション *35*

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

日々暑く、夕方には雷雨があるなど不思議な天候が続きますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

故郷に帰省されたり、旅に出たり、部屋でのんびり過ごされたりと
それぞれの夏休みを楽しまれていることと思います。

私はといえば、例年の如く、日中はなるべく部屋に居て読書や料理を楽しみ、
日が暮れる頃に出掛けていく、という休みを送っております。

今年は見る機会もないと思っていた花火を、偶然乗っていた電車のホームの向こう側に
見つけ、思わず下車し、見惚れながらその一瞬を写真に収めました。

暑さは苦手ですが、「夏」という響きやそれに付随する魅惑的な行事にはいつも憧れるのです。

まだまだ続く夏。皆様も体調にはお気をつけて、健やかに秋をお迎え下さい。

花火1 花火2
夜空に咲いた美しい花火の粒。


【北海道・札幌・喫茶 軽食 ミカド】

マッチ箱・北海道・札幌・ミカド1 マッチ箱・北海道・札幌・ミカド2 マッチ箱・北海道・札幌・ミカド3 マッチ箱・北海道・札幌・ミカド4


【北海道・小樽・純喫茶 光】

北海道・小樽・光1 北海道・小樽・光2 北海道・小樽・光3

【北海道・小樽・喫茶洋菓子 米華堂】

北海道・小樽・米華堂1 北海道・小樽・米華堂2 北海道・小樽・米華堂3

【北海道・札幌・喫茶 オリンピア】

北海道・札幌・オリンピア1 北海道・札幌・オリンピア2 北海道・札幌・オリンピア3

【北海道・小樽・コーヒーと食事 コロンビア】

北海道・小樽・コロンビア1 北海道・小樽・コロンビア2 北海道・小樽・コロンビア3


***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

暑い日にはお気に入りの本を一冊持って、涼しい純喫茶へ。
氷をカラカラと鳴らしながら一杯のアイスコーヒーを飲み終わるまでひと休み。

**************************************

PageTop

山梨・甲府・自家焙煎珈琲 徽典館(きてんかん)

一瞬、どこにいるのか分からなくなってしまうような、
外の光を全く感じさせない照明を落とした地下の喫茶店も好きだが、
朝に珈琲を飲むなら、窓が大きく、日差しが差し込む店内というのも心地良い。

昨日、知人から山梨と桃の話を聞いていて、こちらの店のことをすぐに思い出した。

現在の暑さからは想像も出来ない冬の季節に訪れた時のことを。

前回、甲府を訪れたのは今年の1月のことで、東京へ戻った次の日に
大雪になったことを今でも鮮明に覚えている。

旅先の朝にまずどちらで珈琲を飲もうかと考えることは、とても楽しい。

冷たい空気の中、商店街を歩き、珈琲の良い香りが漂ってきたこちらの扉を開けた。

その後にワイナリーの見学時間を控えていた為、あまり時間がなかったのだが、
一日の始まりとしてどうしても一杯の珈琲を味わってから行きたかったのだ。

本当は朝食としてトーストでも味わいたかったところだが、時間のかからない
レアチーズケーキをお願いする。こちらも自家製でとても美味しかった。

そして何よりも珈琲が好みの味で、ほんの数分だが、その何倍もの幸せな気持ちになる。

私は入り口近くの席に腰を下ろし、眩しい程の光を眺めていたのだが、次々にやって来る
常連客らしき人たちはカウンターを埋めていく。マスターとの慣れた感じの会話が好ましい。

本当ならば日常でもこのように「朝の一杯」の時間を持てたなら良いのだが、
なかなか不肖ゆえにそうもいかず、慌しい朝を過ごしてしまうので、
このような時間は旅先での特権だ、ということで自分を納得させている。

★住所:山梨県甲府市丸の内1丁目8-10
★TEL:055-237-9480

山梨・甲府・徽典館1


山梨・甲府・徽典館2

山梨・甲府・徽典館3

山梨・甲府・徽典館4

山梨・甲府・徽典館5

山梨・甲府・徽典館6

山梨・甲府・徽典館7

山梨・甲府・徽典館8

山梨・甲府・徽典館9

山梨・甲府・徽典館10

山梨・甲府・徽典館11

山梨・甲府・徽典館12

山梨・甲府・徽典館13

PageTop

東京・神楽坂・茶房トンボロ

神楽坂はとても好きな街だ。

とはいえ、今までは涼しい季節ばかりを好んで散策していたのだった、と
気が付いたのは、石畳が発する熱い空気に少しばかり滅入ってしまい、
ひと休み出来る喫茶室を途切れそうな気力をもって探していた時だった。

久しぶりに入ろうか、と考えていた「珈琲貴族」はあいにくシャッターが
下りていて(きちんと調べていないのだが、偶々の定休日だったことを願う)、
さてどちらへ行こうと途方に暮れ始めた後に、こちらを思い出した。

まるで長屋のような趣のある建物で、隣のカレーが美味しいカフェは、
トンボロのマスターのご子息が営まれている。プリンやチャイも美味しい素敵な店だ。

今回は、昼食にカレーを頂いた後、そのまま移動し、隣のトンボロにて一息ついた。

照明が程好く、昔の学校を思わせるような木の家具やステンドグラスで出来た窓が美しい。

まだ体の熱はひかないというのに、苦味という文字が目に留まり、熱い珈琲を注文してしまう。
満腹のはずがプリンも気になり、一緒にお願いした。

幾つかのメニューは、スキッパ(カレーのカフェ)とトンボロで行き来出来るようで
注文したプリンは先程カレーを食べた後に気になっていたものだったので嬉しい。

やわらかなプリンも良いが、やはり卵の味がしっかりとした固めのプリンに惹かれてしまう。

その後に喉を通る熱い珈琲もしっかりとした香りと苦味でとても好みだった。
時間をかけてマスターが淹れてくれた珈琲は幸せな味がして、冷めても美味しかった。

店内にはひっきりなしに人が訪れ、絶えず珈琲の良い香りと誰かの話し声が漂っていた。

暑さを覚悟して外へ出ると、入り口に飾られた風鈴がチリンと鳴り、ほんの一瞬、夏を忘れた。

★住所:東京都新宿区神楽坂6-16
★TEL:03-3267-4538

東京・神楽坂・茶房トンボロ1

東京・神楽坂・茶房トンボロ2

東京・神楽坂・茶房トンボロ3

東京・神楽坂・茶房トンボロ4

東京・神楽坂・茶房トンボロ5

東京・神楽坂・茶房トンボロ6

東京・神楽坂・茶房トンボロ7

東京・神楽坂・茶房トンボロ8

東京・神楽坂・茶房トンボロ9

東京・神楽坂・茶房トンボロ10

東京・神楽坂・茶房トンボロ11

東京・神楽坂・茶房トンボロ12

東京・神楽坂・茶房トンボロ13

PageTop

東京・人形町・cafe アップル

もう随分前になるが、珈琲の香りに誘われて扉を開けた喫茶店のこと。

雨の日はいつもより匂いを強く感じやすい。
それは喫茶店の前を通る際、誰かの為に淹れられている珈琲を思うことでもある。

人形町の大きな交差点の近くにある「あっぷる」という店はその外観からして
素敵なひと時を過ごせそうだと実感させた。

喫茶店、というよりは珈琲専門店といった店内では、カウンターにずらりと美しい
カップが並べられている。しかし、まだそちらに座る勇気はなく、テーブル席に腰を下ろす。

自家製なのかケーキもとても美味しそうで、珈琲だけのはずがつられて注文してしまう。

運ばれてきた珈琲はとても美味しく、喉を通る度に幸せな気持ちも一口飲み込む。

カウンターの奥で自分の為に淹れられた珈琲の香りは、雨の中を歩く扉の外の誰かにも
届いているのだろうか?そんなことを考えながらただじっと雨の音を聴いていた。

★住所:東京都中央区日本橋人形町3-4-13 日本橋石田ビル
★TEL:03-3639-1445

人形町・アップル1

人形町・アップル2

人形町・アップル3

人形町・アップル4

人形町・アップル5

人形町・アップル6

人形町・アップル7

人形町・アップル8

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。