純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・幡ヶ谷・喫茶 栞

夏はどうしてもその暑さを言い訳にして、新しい純喫茶を探し回る速度も
緩やかになってしまう。それでも熱い珈琲を飲める秋を待ちながら、出掛けていく。

初台の「純喫茶 車」へ行った帰りに、幡ヶ谷まで歩いた。
地下に広がる商店が好きで、見つけるとすぐに下りてしまうのだが、
そこにはかなりの確率で、良い感じの純喫茶が存在する。

今回立ち寄ったのは「喫茶 栞」。綺麗な店名だと思う。
店に辿り着く前に、店名を記す幾つもの種類の違う看板が道案内をしてくれる。

一見入りにくいように思えた入り口だが、中を覗いてみるとなかなか広かったので
これはのんびり出来そうだ、と足を踏み入れる。

静かな印象だが、感じの良いママが出迎えてくれ、あたたかい珈琲を注文した。
そうか、この時は長い冬が終わったばかりで、春や夏が待ち遠しかったのだ、と思う。

薄いレースのカーテンに包まれた店内は何だか居心地が良く、特に何もせずに
そこに座ってぼんやりとしていた。それが出来るのも良い喫茶店の条件であるのだろう。

この日は雨が降っていた。止んでいることを願いながら珈琲を飲み干す。
沈み込んでしまうようなやわらかなソファを恋しく思いながらも重い腰を上げた。

★住所:東京都渋谷区幡ケ谷1-3-1
★TEL:03-3374-5993

東京・幡ヶ谷・栞1

東京・幡ヶ谷・栞2

東京・幡ヶ谷・栞3

東京・幡ヶ谷・栞4

東京・幡ヶ谷・栞5

東京・幡ヶ谷・栞6

東京・幡ヶ谷・栞7

東京・幡ヶ谷・栞8

東京・幡ヶ谷・栞9

東京・幡ヶ谷・栞10

東京・幡ヶ谷・栞11

東京・幡ヶ谷・栞12

スポンサーサイト

PageTop

静岡・熱海・Coffee 木の実

次に熱海へ行くなら、夏の熱気が薄まり、観光客も少なくなってしまう
少しひっそりとした涼しい季節が良いと考えている。

風物詩である花火大会を見に行きたい気持ちもないわけではないが、
琥珀色の喫茶店でのんびりするには、やはり少しの寂しさが必要なのだ。

訪れてからもう半年程経ってしまった喫茶店の写真を眺めながらそんなことを思う。

いつもと違う道を歩いて見つけた喫茶店は、「木の実」という名前だった。
外観を見ただけでも良さそうな喫茶店であることを感じられる。

店内は鰻の寝床のように縦に長く、手前はテーブル席、奥は常連客の特等席であろう
カウンター席になっていた。初回の訪問ゆえ、一番手前の席に腰を下ろす。

壁に飾られた木で出来たメニューを見て、あたたかい珈琲をお願いした。

カウンターの奥でマスターがゆっくりと丁寧に珈琲を淹れ始めたのを確認した。
すぐに良い香りが漂ってくる。思わず深呼吸を一つ。この瞬間は何度味わっても良い。

運ばれてきた珈琲は綺麗な色をしていて、一緒につけられた砂糖とミルクの入った
器は銅で出来ていて、この店の歴史を染み込ませた深い色をしていた。

思わず、「この銅のカップでアイスコーヒーを飲むのも好きなのです」と告げると
運んできて下さった穏やかそうなママは、「冷たくなるし、とても良いのだけど、
直接口をつけると銅の味がする、と言って嫌がる常連さんもいるのよね」と笑う。

確かに。夏の珈琲はあの銅の味と一緒に刻まれていることも多い、とひとり思った。

夕暮れ時ということもあったのか、扉の外を眺めていても人の通りは少ない。

海や花火の季節に、こちらはどんな風景になるのだろう、そんなことを気にしながらも
きっとまた夏が終わる頃ここへやって来て、銅のカップで冷たい珈琲を飲むのだろう。

★住所:静岡県熱海市清水町12-10
★TEL:0557-81-4159

静岡・熱海・木の実1

静岡・熱海・木の実2

静岡・熱海・木の実3

静岡・熱海・木の実4

静岡・熱海・木の実5

静岡・熱海・木の実6

静岡・熱海・木の実7

静岡・熱海・木の実8

静岡・熱海・木の実9

静岡・熱海・木の実10

静岡・熱海・木の実11

静岡・熱海・木の実12

静岡・熱海・木の実13

静岡・熱海・木の実14

PageTop

神奈川・三崎口・ジュ ルビアン

夏の海、といったら多くの人が砂浜を想像するのだろうか。

私はといえば、昔から砂浜が広がる海よりも船が停泊しているような
港が好きで、汽笛の音やテトラポットに胸を高鳴らせてしまう。

先日訪れた三崎港はまさにそんな感じで、ぐるりと一周するのに
丁度良い広さであったし、どこへ歩いても港が近くて心地良い街だった。

喫茶店も思ったより多くの数があり、訪れた中の一つの店のこと。

途中立ち寄った古道具屋の店主から、三崎の街について幾つか話を聞いた。
そこで耳にしたのが「ジュ・ルビアン」という喫茶店で、地図の上でその文字は
確認して気になっていたのだ。「昔からある古い店です」という言葉に惹かれた。

暑い日で歩いているだけで汗が噴出してくる。少し早い夏を感じながらも
晴れた日中の散歩もたまには良い、と思っていた。

一度道を間違えてしまったが、目指していた喫茶店の看板が見えてきた。
やはり海の目の前にあって、窓から見える景色はとても気持ち良さそうだ。

店主であるママが店の外に出ていたので、入っても良いかを尋ね、中へ足を踏み入れた。
どうやら窓際の席は、ドラマで使用されたらしく、「そちらへどうぞ。写真を撮ってあげる」
と言われたのだが、何となく気恥ずかしくなって断ってしまった。

クリームソーダを注文し、天井で廻る扇風機を眺める。ときおり、開け放たれた扉から
海を渡る風が入ってきてひんやりと涼しいが、海は眩しくずっときらきらとしていた。

城ヶ島へ行こう、この日は何となく決めていたのにどうも喫茶店に一度入ると
色々な予定がどうでも良くなってしまうのは純喫茶好きの習慣であるのだろうか。

この日も重たい腰を上げ、いつまでも眺めていたい窓の外の光景を名残惜しく思いながら
船に乗るため、港へ戻った。誰か著名な方が描かれた、という看板の文字を振り返りながら。

★住所:神奈川県三浦市三崎1-8-16
★TEL:046-881-3059

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン1

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン2

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン3

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン4

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン5

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン6

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン7

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン8

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン9

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン10

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン11

神奈川・三崎・ジュ・ルビアン12

PageTop

大阪・なんば・珈琲艇 キャビン

道頓堀川に浮かぶ純喫茶でモーニングを食べよう、そう決めていた。

店名は「珈琲艇 キャビン」。その響きにうっとりする。

店の存在は以前から知っていたが、この度訪れることが出来たのは、
大阪駅前ビルの「マヅラ」での純喫茶ミーティングがきっかけだった。

旅に出る二日程前に、ツイッターにて小さな喫茶会の開催を呼びかけたところ、
直前にも関わらず数名の方が連絡を下さった。

あいにく、「調整がつかず参加できないが、またの機会があれば」とご丁寧に
連絡を下さった方もいた。その中の一名に薦めて頂いたのが、こちらのキャビンだった。

出掛けたのは6月の真夏日で、朝から雨降りの土曜だった。
なんば方面へは何度も出掛けた事があったが、キャビンの浮かぶ地域は初めて歩いた。

雨の中に霞むキャビンは美しく、地下へ降りる階段が一層海を感じさせる。

丁度良い明るさの照明が照らし、テラスへの窓は開け放たれていた。
木の床と赤いベロアの椅子は良く似合う。店内の至るところには船の模型が飾られていた。

カウンターの奥で作業をしていたマスターに挨拶をし、窓を見渡せる席に腰を下ろす。
向こう側に見える雨の粒とその音が心地良かった。

朝食としてホットドッグと温かい珈琲を頂く。店名の入ったカップで嬉しくなる。
ホットドックのキャベツはほんのりカレーの味がして、丁寧に作られていると感じる。

しばらくの間、船に揺られるようにのんびり本を読んでいると、いつの間にか
周りの席も人で一杯になっていたが、決して賑やかではなく海の底のように静かであった。

時間が許すならずっとここに居たい。

そのように思える喫茶店で、ここを訪問できた事に感謝した。

関西方面ならず、これからも旅に出る際はそちらにお住まいの方々と
喫茶店について少しながらも話が出来たら、と願う。

★住所:大阪府大阪市西区南堀江1-4-10
★TEL:06-6535-5850

大阪・なんば・キャビン1

大阪・なんば・キャビン2

大阪・なんば・キャビン3

大阪・なんば・キャビン4

大阪・なんば・キャビン5

大阪・なんば・キャビン6

大阪・なんば・キャビン7

大阪・なんば・キャビン8

大阪・なんば・キャビン9

大阪・なんば・キャビン10

大阪・なんば・キャビン11

大阪・なんば・キャビン12

大阪・なんば・キャビン13

大阪・なんば・キャビン14

大阪・なんば・キャビン15

大阪・なんば・キャビン16

大阪・なんば・キャビン17

大阪・なんば・キャビン18

大阪・なんば・キャビン19

大阪・なんば・キャビン20

大阪・なんば・キャビン21

大阪・なんば・キャビン22

大阪・なんば・キャビン23

大阪・なんば・キャビン24

大阪・なんば・キャビン25

大阪・なんば・キャビン26

大阪・なんば・キャビン27

大阪・なんば・キャビン28

大阪・なんば・キャビン29

大阪・なんば・キャビン30

大阪・なんば・キャビン31

大阪・なんば・キャビン32

大阪・なんば・キャビン33

大阪・なんば・キャビン34

大阪・なんば・キャビン35

PageTop

神奈川・城ヶ島・cafe SEA SIDE HOUSE

暑い季節に外出するのは苦手だったはずなのだが、先日訪れた三崎を
とても好きになってしまい、また夏のうちに出掛けられたら、と思っている。

二日間、三崎港の街をふらふらと歩いているだけで楽しい気分になったのだが、
そこから出ている船に乗ってほんの数分程で到着する城ヶ島も素敵な所だった。

船を下りてすぐに、良い感じの土産屋が軒を連ねる。まぐろやしらすを食べられる
食堂も沢山あり、ついつい色々と覗き込んでしまう。

良い匂いに誘惑されながらもとりあえず海を眺められる所まで歩いてみた。

少しの坂道を上がると、遠くまで見渡せる景色の良い場所へ出た。

まだ6月だったが、暑い日だったせいか、もう泳いでいる人たちもいた。
他には釣りを楽しんだり、波を眺めている人たちの姿も。

そんな風にまるで夏休みのような光景をひとしきり眺めてから元の道を戻る。

途中、気になっていた食堂にて威勢の良い店の方に呼び込まれ、せっかくなので
生しらす丼を遅い昼食として食べた。洒落た店も嫌いではないが、このような店は落ち着く。

この時まで、すっかり喫茶店のことは忘れていた。というよりは、無いものと思っていた。

三崎港へ帰ろうと思った時には既に船の時間は終わっていたので、ガラスの中に
入った船の置物を買った土産屋でバスの時刻表を見て、とりあえず船乗り場まで戻った。

すると、どこかで見た外観と「cafe」という文字が視界に入る。

そういえば、鎌倉の「books moblo」の店主が三崎を薦めて下さった時に
「少し変わった喫茶店があるようだ」とPCにて見せて下さったのがここの喫茶店だった。

映画好きのマスターが営まれている店のようで、店の外に貼られたメニューを表す
ポスターには何故か様々な外国のスターが描かれている。

きちんと確認はしなかったが、こちらもマスターによるものなのだろうか。

入り口の前では猫が夕食をとっていた。それをよけながら扉を開ける。
営業しているかを確認すると、まだ大丈夫とのことだったので、ほっとして中へ入った。

気球の形をした灯りが海の近くの喫茶店に良く似合う、というのが第一印象であった。
他には、想像以上に飾られている映画のポスターや置かれている雑誌を眺めた。

冷たい珈琲に生クリームがのったものを注文し、歩き回って少し疲れた体を休める。
バスの時刻まであとどのくらいだろう、気にしつつもまだ帰りたくなかった。

あまりにも静かな店内で暑い海の余韻を感じながら、そんなことを考えていた。

★住所:神奈川県三浦市三崎町城ケ島671
★TEL:0468-82-3418

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE1

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE2

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE3

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE4

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE5

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE6

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE7

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE8

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE9

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE10

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE11

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE12

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE13

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE14

神奈川・城ヶ島・SEA SIDE HOUSE15

PageTop

大阪・住吉・コーヒーショップ ネースト

昨日の東京も大変な猛暑日であったが、先月の中旬に関西方面へ
旅をした日々もあいにくの暑さであった。

大阪へ着いてすぐに陽射しの強さに負け、日傘を買ったのだが、
浮かれて乗り込んだ阪堺線にすっかり忘れてきてしまい、気が付いたのは
住吉駅で下車し、見送った路面電車が進み始めた時だった。

どうしたものか、と途方に暮れたものの、思い直して忘れ物センターに問い合わせをし、
見つかればすぐに連絡をくれるということだったので、しばらくこの近辺の純喫茶にて
過ごそう、と心を切り替えた。

元々、住吉駅で5年ぶりに下車したのは、以前の訪問時に電車の窓から見つけて
気になっていた喫茶「たんぽぽ」へお邪魔するためだったのだ。

「たんぽぽ」は想像以上に素晴らしく、写真を撮り過ぎてしまったので
まとめる時間を十分に取れる後日にまた綴ることにして、今回は「ネースト」の事を。

たんぽぽ、で結構な長い時間を過ごしたにも関わらず、一向に傘の到着を知らせる
電話は鳴らず、いっそ松虫駅に戻って「ゆうなぎ」という以前訪れた素晴らしい純喫茶を
再訪しようか、等と考えつつも一度駅まで戻り、最初に見つけた純喫茶へ入ることとした。

取り急ぎ、暑さから逃げるようにして入ったのだが、店内の様子が想像よりもずっと
素晴らしく、しばし見惚れる。長髪を後ろで結わいたマスターの佇まいも良い。

せっかくなので、ここで昼食をとろうとミートソーススパゲティと冷たい珈琲の
セットをお願いした。きちんと作られた食事は、名物でなくともしっかり旅の思い出となる。

ひっきりなしに扉が開き、地元の方らしき人たちが入ってきては談笑したり、読書をしたり、
誰かと話をしていた。この時間は、誰かの日常を少し眺めているようでとても好きなのだ。

と、そんなことを考えている際に電話が鳴った。

慌てて店の外に飛び出すと、電話の向こう側で聞こえた声は嬉しくも傘の到着を告げた。

図らず夏の先取りをしてしまい、ハプニングもあった旅の始まりだったが、
やはり関西方面の喫茶店が好きだ、ともう何十回目のことを思い、また路面電車に揺られた。

★住所:大阪府大阪市住吉区住吉2-9-109
★TEL:06-6672-2900

大阪・住吉・ネースト1

大阪・住吉・ネースト2

大阪・住吉・ネースト3

大阪・住吉・ネースト4

大阪・住吉・ネースト5

大阪・住吉・ネースト6

大阪・住吉・ネースト7

大阪・住吉・ネースト8

大阪・住吉・ネースト9

大阪・住吉・ネースト10

大阪・住吉・ネースト11

大阪・住吉・ネースト12

大阪・住吉・ネースト13

大阪・住吉・ネースト14

大阪・住吉・ネースト15

大阪・住吉・ネースト16

PageTop

東京・東銀座・喫茶 you

ちょうど一年程前に偶然遭遇して以来、会うことの出来ていなかった
友人から不意にメールをもらった。知らせの内容は、洋画家であるお父様の
麻田 浩」さんの個展が銀座にて開催されるということだった。

以前にも一度、初台の展示に招待してもらい、見に出掛けたのだが、
何とも言い表しがたく美しい緑色に惹き込まれてしまってからファンであった。

そういえば、銀座を訪れるのも久しぶりだと降り立った光景を眺めて思う。
シネパトスの閉館には行くことが出来なかった、そんなことも考えながら。

ギャラリーは、カレーで有名なナイルレストランのすぐ隣にあった。
美味しそうな匂いを吸い込みながら、細工のされた窓ガラスから中を覗く。

展示はやはり素晴らしかった。絵のことには全く明るくないので、感想が正しいものか
分からないが、今回一番好きだと思った絵が偶然にも浩さんのご子息である友人の弦さんも
とても好きだと言っていて、何だか嬉しくなった。

自分の心の中や頭の中にある世界を、こんなにも美しく描くことが出来たなら
それは想像以上の幸せでありつつも、色々な物が見えすぎて苦しくなったりするのだろうか、
全くの憶測ではあるが、凡人である私はそんなことを考えながら全ての絵を眺めていた。

友人との久しぶりの再会も果たした後は、近くにあるオムライスの有名な店、youへ。

移転する前は良く訪れていたのだが、店の位置が変わってからは初めての訪問だった。

数年経ったせいか、店内も程好い琥珀色になり、落ち着く様子だった。
そして、ふわふわのオムライスはやはり美味しい。

先程土産に購入した浩さんの美しい絵が描かれた葉書で、また誰かに手紙を書こう。

夜の銀座は、少し静かで色々なことを考えながら歩くのに丁度良いのでいつも好きなのだ。

★住所:東京都中央区銀座4-13-17
★TEL:03-6226-0482

東京・東銀座・喫茶 you1

東京・東銀座・喫茶 you2

東京・東銀座・喫茶 you3

東京・東銀座・喫茶 you4

東京・東銀座・喫茶 you5

東京・東銀座・喫茶 you6

東京・東銀座・喫茶 you7

東京・東銀座・喫茶 you8

東京・東銀座・喫茶 you9

東京・東銀座・喫茶 you10

東京・東銀座・喫茶 you11

東京・東銀座・喫茶 you12

東京・東銀座・喫茶 you13

東京・東銀座・喫茶 you14

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。