純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉・常盤平・フルーツパーラー ポポ

先日、bay fmに出演する際「千葉でお薦めの純喫茶は?」と聞かれた為、
千葉を散策しようと思い付いたのが縁で、また素晴らしい純喫茶と出会えた。

しかし、元々こちらの駅周辺の良い純喫茶については、幾つか知っていた。
何故かというと、このブログを始めた当初から応援して下さっている木版画を
得意とする友人が暮らしていて、良く話に聞いていたからだ。

「ポポ」と「珈琲園」。その名前と見せてもらった写真を、憧れと共に覚えていた。
少し遠いとか、なかなか行く機会がない、とかそうしているうちに縁がなく、
閉店しまった純喫茶も今までにあった。ここはどうしても行かなくては、と思っていた。

初めて乗る電車に初めて降りる駅。時間はもう夜で、辺りはすっかり暗かったが、
団地が沢山あることも嬉しく、また昼にも必ず出掛けてこようと既に思う。

緩やかな坂道を上がること数分、「珈琲園」はまずは飛び越えて「ポポ」へ向かう。
見えてきた看板の「フルーツパーラー」の文字が嬉しい。

外に向かって光を放っているサンプルケースにはパフェ等が飾られていた。

中へ入ると、想像以上に素晴らしい空間が広がっていて、とても感じの良い
マスターとママへの挨拶も一瞬忘れそうになる程、その光景に見惚れてしまった。

思わず「ずっとこちらに来たかったのです」と伝えると「遠い所を有難う」と
二人が微笑む。もっと早く訪れたら良かった、そんなことを思いながら腰を下ろす。

カウンター近くのテーブルには、新鮮な果物が並べられていてお薦めを聞くと、
蜜柑や林檎だ、というので蜜柑のジュースをお願いした。ホットケーキも一緒に。

ミキサーの立てる音を聞きながらメニューを眺めているとナポリタンを発見する。
食べるつもりはなかったのだが、何故か直感が働き、追加で注文する。

これが本当に美味しくて、自分の中ではかなり上位に入る程好みのナポリタンであった。
蜜柑ジュースも瑞々しく、酸っぱさがあまりないところが良かった。

のんびりしていると、テーブルに枝豆が運ばれてきた。
この後やって来る常連の方の晩御飯のために茹でていたらしく、お裾分けだった。

有難く頂く。しばらくすると、その方がやってきて、まるで自宅のように一人用の
鍋を食べ始めたので面白くなってしまう。良い純喫茶とはこういった融通が利くことも
条件なのではないだろうか、と思う。(勿論、時間帯や状況にもよるのだが)

とにかく、こちらが気に入ってしまったのでまたすぐにやって来るだろう。
決して近くはないが、ここに存在するという「スターハウス」を見た後にでも。

★住所:千葉県松戸市常盤平3-29-8
★TEL:047-386-4880

千葉・常盤平・ポポ1

千葉・常盤平・ポポ2

千葉・常盤平・ポポ3

千葉・常盤平・ポポ4

千葉・常盤平・ポポ5

千葉・常盤平・ポポ6

千葉・常盤平・ポポ7

千葉・常盤平・ポポ8

千葉・常盤平・ポポ9

千葉・常盤平・ポポ10

千葉・常盤平・ポポ11

千葉・常盤平・ポポ12

千葉・常盤平・ポポ13

千葉・常盤平・ポポ14

千葉・常盤平・ポポ15

千葉・常盤平・ポポ16

千葉・常盤平・ポポ17

千葉・常盤平・ポポ18

千葉・常盤平・ポポ19

千葉・常盤平・ポポ20

スポンサーサイト

PageTop

山梨・甲府・スパゲテイ&喫茶 夢民

先日、山梨の甲府へ出掛けた際、思っていたよりも沢山の純喫茶が
営業していて、その全てに入りきれなかったことが少し悔やまれる。

今回綴る「スパゲテイ&喫茶 夢民」も、偶然昼に見つけた際は、
入り口のシャッターが閉じられていて、定休日だろうかと残念に思いつつも
通り過ぎたのだが、夜になってからまた前を歩いてみると灯りが点いていた。

嬉しくなり、少し予定を変更して慌てて階段を上がる。
笑顔で迎えて下さったママに頭を下げ、窓の近くの席に腰を下ろす。

珍しく炭酸が飲みたい気分だったので、レモンスカッシュを注文した。
飲み物だけのつもりが、メニューの中にスパゲティとカレーが半分ずつ
盛られている素敵な写真を発見して、急遽そちらもお願いすることにした。

座った席から視界に入った、今月の定休日を示すハートの札が可愛らしい。

しばらくして、瓢箪型の器に盛られたミートソーススパゲティとカレーが運ばれてきた。
量も程好く、何より美味しそうだ。実際、こちらのミートソースはとても美味しかった。
ソースが濃厚で、少し甘く、もう少し食べたい、と後を引く好みの味だった。

レモンスカッシュを飲みながらのんびりしていると、学生らしき男性二人組が
入ってきた。その一人がママに話し掛けるのが耳に入ったのだが、こちらのお店は
つい最近、キン・シオタニさんの番組にて紹介されていたらしい。

キン・シオタニさんといえば、吉祥寺のとても好きな本屋「ブックス・ルーエ」の
ビニール袋のデザイン等も手掛けていらっしゃる素敵な方だ。

良い話を耳にしたと心の中でつぶやき、帰り際に目の合ったその方たちとママに
笑顔で会釈をし、また素敵な純喫茶との出会いに感謝して、店を後にした。

★住所:山梨県甲府市丸の内1-17-16
★TEL:055-232-6930

山梨・甲府・夢民1

山梨・甲府・夢民2

山梨・甲府・夢民3

山梨・甲府・夢民4

山梨・甲府・夢民5

山梨・甲府・夢民6

山梨・甲府・夢民7

山梨・甲府・夢民8

山梨・甲府・夢民9

山梨・甲府・夢民10

山梨・甲府・夢民11

山梨・甲府・夢民12

山梨・甲府・夢民13

山梨・甲府・夢民14

山梨・甲府・夢民15

山梨・甲府・夢民16

PageTop

<再訪31・146・ページ>千葉・津田沼・珈琲屋 からす

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

純喫茶にまつわる色々なお知らせが続きましたが、一段落致しました。
皆様、あたたかく見守って下さり、様々なご声援有難うございました。感謝しております。

この度、bay fmに出演するにあたって「千葉のお薦めの純喫茶について」という
テーマも含まれていたため、週末には津田沼と常盤平へ出掛けてきました。

2013冬の日
冬が好きだ、と実感する日常の風景。


今回の再訪記録は、書籍にも掲載させて頂いている「からす」のことを。

京成津田沼駅から程近く、道路沿いにあるロッジ風の建物が見えてきたらそちらです。

私が訪れた日は、ちょうど近所の方たちの新年会が開催されていたようで、
広い店内はほぼ満席でした。忙しそうなママへの御礼は後に、まずは挨拶だけ済ませ、
一つ空いていた窓際の席に腰を下ろして、相変わらず可愛らしいメニューを眺めます。

書籍にも綴ったように、こちらの窓から眺める外の景色がとても好きです。
「冬のようだ」と感じるのは、窓ガラスの曇り具合が雪を思わせるからかもしれません。

あたたかい空間で、チーズケーキと珈琲を頂きます。ここでは本なども読まずに、
ひたすら窓の外に目をやってのんびり過ごすのがお薦めです。

しばらくした頃には皆いなくなっていて、ひたすらに静かな時間が流れていました。
まだまだここにいたいですが、次の目的地もあるため、やむを得ず腰を上げます。

お会計をしながらママに御礼を伝え、bay fmにて「からす」を推薦しても良いか
尋ねるととてもやわらかく可愛らしい笑顔で頷いて下さったのでした。

こちらの純喫茶、夜はアルコール類も提供するムードのある空間に変わるそうです。
営業日や営業時間は不規則とのことですので、お出掛けの際は是非電話を。

私も今度は夜の「からす」を楽しみに、お邪魔しようと思っております。

再訪・津田沼・からす1 再訪・津田沼・からす2 再訪・津田沼・からす3 再訪・津田沼・からす4 再訪・津田沼・からす5 再訪・津田沼・からす6

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

沢山の方が純喫茶にて楽しい時間をお過ごしになりますように。

**************************************

PageTop

「NHK きょうの料理 ビギナーズ」に掲載のお知らせ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

そして、昨日はbay fm87への出演を聞いて下さった方、気に掛けて下さった方、
感謝しております。いかがでしたでしょうか?

緊張してしまい、思ったように上手く話せませんでしたが、
DJの斉藤りささまがとても優しく、何より以前より当ブログをご覧下さっていた
という嬉しい出来事がございました。8分間の純喫茶話、楽しかったです。

bay fmの皆様、貴重な体験をさせて頂き、本当に有難うございました。

さて。続いてしまうのですが、お知らせです。

NHKの「きょうの料理 ビギナーズ」という番組をご存知でしょうか?
私も何度も拝見したことがございます。その雑誌とwebにて、『食べ物マニアーズ!』
というコーナーがあるのですが、そちらに取り上げて頂きました。

純喫茶マニア、ということのようです。取材は昨年行われたのですが、
私が普通に話している喫茶への想いに、皆様はびっくりされるので楽しかったです。

2月号、昨日(1月21日)発売です。宜しければ是非、ご覧下さい。
webの方に長編が掲載されていて、こちらから見ることが出来ます。
⇒ 食べ物マニアーズ!

NHK出版の上杉様、ライターの大宮様、イラストレーターの時川様、
その節はお世話になりました。面白く綺麗にまとめて頂き楽しく拝見しました。

2013.1.22きょうの料理ビギナーズ

PageTop

「bay fm87 POWER BAY MORNING』」に出演のお知らせ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

2013年、皆様は喫茶生活をいかがお過ごしでしょうか?
私は、今までに訪れたことのない土地へ多くお邪魔し、新しい純喫茶との
出会いに毎度胸を高鳴らせています。次の休みはどちらへ行きましょう?

さて。直前になってしまいましたが、お知らせがございます。
明日(1月21日月曜日)、朝7時半より、bay fm87の『POWER BAY MORNING』に
出演させて頂くこととなりました。約8分程、純喫茶について話をします。

その事もあり、この週末は千葉方面の純喫茶を巡って参りました。
書籍に掲載させて頂いている純喫茶への再訪、そして新しく出会ってしまった
素晴らしい純喫茶たち…。その純喫茶については後日、こちらにて綴ります。

有難いご依頼に緊張しながらも、精一杯純喫茶への想いを語り、聞いて下さった方が
一人でも喫茶店で過ごす時間に興味を持って頂けたら、と思っております。

朝早く、支度等でお忙しい時間帯と思いますが、お聞き頂けたら幸いです。
(PCからも聞くことが出来るようです。⇒ bay fm87 にてradiko.jpをクリック。)

どうぞ宜しくお願い致します。

2013.1.20テーブル
千葉県・常盤平「珈琲園」の素晴らしいデザインのテーブル。

PageTop

マッチ箱コレクション *33*

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

空気が冷たく、気持ちの引き締まる土曜日ですね。
あたたかい部屋の中も良いですが、何処かへ珈琲を飲みに出掛けたくなります。

今年は、訪れたことのない土地へ沢山足を伸ばして、まだ見ぬ純喫茶との
出会いに期待しております。皆様の暮らす街の純喫茶にお邪魔するかもしれません。

純喫茶と旅と音楽と。2013年もそんな素敵なことで一杯の日々でありますように。

2013甲府にて
夕暮れの甲府にて、空を見上げたら沢山の鳥が止まっていました。


【広島・銀山町・喫茶 コロナ】

マッチ・広島・コロナ1 マッチ・広島・コロナ2

【神奈川・戸塚・あらびきコーヒー専門店 珈琲貴族】

マッチ・戸塚・珈琲貴族1 マッチ・戸塚・珈琲貴族2

【広島・光町・珈琲茶館 紫陽花】

マッチ・広島・紫陽花1 マッチ・広島・紫陽花2

【山梨・甲府・喫茶 スパゲティ 夢民】

マッチ・甲府・夢民1 マッチ・甲府・夢民2

【広島・宮島・パーラー しま】

マッチ・宮島・しま1 マッチ・宮島・しま2

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

珈琲を飲んで読書をして、お土産にはマッチ箱を。一度で幾つも楽しいのが純喫茶です。

**************************************

PageTop

山梨・甲府・六曜館

2013年は、純喫茶に関して相当幸先の良い始まりだった。

先日の3連休に、せっかくなのでどこかへ出掛けようと思い立ち、
当初は静岡方面を考えていたのだが、何となく思い浮かんだのが山梨で
そちらまで足を伸ばすことにした。

出掛ける前に少し調べてみると、何やら蔦に覆われた凄い旅館があることを知る。
その1階に素晴らしい純喫茶が併設しているということも。

他に目的地は定めておらず、いつものようにただ散策するための
小旅行のつもりだったが、こちらに行ける事が本当に楽しみになった。

幸いにも良く晴れた土曜日の午後、甲府駅に到着する。空気が少し冷たい。
早速、駅の周辺から散策を始めるとすぐに「その建物」は目に入った。

想像以上に蔦で覆われていてその貫禄ある佇まいに見惚れてしまう。
喫茶店も無事営業しているのを見て、どことなく慌てた気持ちで扉を開ける。

いらっしゃい、と笑顔で迎えてくれた上品なマダム同様、店内の空気も美しかった。
壁や家具は濃い目の茶色で揃えられていて、並んだ骨董品はどれもセンスが良い。

ステンドグラスが幾つかの壁を飾り、美しい照明器具は大切そうに棚に展示されていた。

席に座り、メニューに目を通し、珈琲とケーキのセットをお願いした。
カウンターの中で準備をするママと話をする。店内の美しい骨董品は主人が営まれている
ギャラリーのものであること、ステンドグラスの後ろは珈琲などの保存棚になっている等…。

運ばれてきた珈琲は酸味が少なく、とても好みの味だった。アップルパイも美味しい。

途中にやって来た常連らしき男性は、端の席で新聞を広げている。
扉から差し込む光に時折眩しそうに目を細めながら。

「六曜館」という屋号は九州にいらっしゃる方の屋号を頂いたものらしい。
入り口付近のガラスケースに並べられたマッチ箱についても丁寧に説明して下さった。

そこには、かつて甲府市内に存在した純喫茶の素晴らしいマッチ箱が多々あったが、
現在も営業している店は僅かだという。その店を目指すことを告げ、店を後にした。

出てから振り返ってみると、光の反射で店内の様子は見えず夢のような時間だったと思う。

★住所:山梨県甲府市丸の内2-15-15 萬集閣1F
★TEL:055-222-6404

山梨・甲府・六曜館1

山梨・甲府・六曜館2

山梨・甲府・六曜館3

山梨・甲府・六曜館4

山梨・甲府・六曜館5

山梨・甲府・六曜館6

山梨・甲府・六曜館7

山梨・甲府・六曜館8

山梨・甲府・六曜館9

山梨・甲府・六曜館10

山梨・甲府・六曜館11

山梨・甲府・六曜館12

山梨・甲府・六曜館13

山梨・甲府・六曜館14

山梨・甲府・六曜館15

山梨・甲府・六曜館16

山梨・甲府・六曜館17

山梨・甲府・六曜館18

山梨・甲府・六曜館19

山梨・甲府・六曜館20

山梨・甲府・六曜館21

山梨・甲府・六曜館22

山梨・甲府・六曜館23

山梨・甲府・六曜館24

山梨・甲府・六曜館25

PageTop

【閉店】神奈川・保土ヶ谷・喫茶 トロンボ

季節や気分によって、出掛けたくなる場所や範囲が変わっていく。

例えば、暮らしている圏内からあまり動きたくないと思ったり、少しだけ遠くへ
出掛けたいと感じたり、新幹線や飛行機に乗ってでもとても遠くへ行きたくなったり…。

2013年に入ってからの自分には、「片道1時間以内」の場所へ訪れるのが
色々と負担がなく、とても心地良く楽しめる範囲であるように思う。

この3連休を利用して、思いついたように山梨県の甲府へ出掛け、またもや
素晴らしき純喫茶に出会ってきたのだが、その話は雪が溶ける頃にして、まずは
その前に出掛けた保土ヶ谷駅すぐの商店街にあった「喫茶 トロンボ」のことを。

神奈川方面は遠くないにも関わらず、今まではあまり下車することが少なかった。
目指す場所といえば毎回決まって鎌倉で、その途中で降りる機会がほとんどなかったのだ。

しかし、素晴らしい純喫茶があるという情報をブログをご覧の方より頂いたので
今回は保土ヶ谷駅周辺を新鮮な気持ちで散策することにした。

駅を出てすぐに、小さな屋根が連なる昔ながらの商店街が目に飛び込んでくる。
飾りに吊るされた色とりどりの造花が美しい。良い街だ、とすぐに思う。

トロンボの外観は先に写真にて拝見していたので、その光景がそっくり視界に
入ってきた際、何故だか懐かしいような気がしてしまった。初めて訪れたというのに。

外観から受ける期待を全く裏切らない素晴らしい店内は、時間帯が良かったのか
先客も無く、運良く独り占めすることが出来た。小さくて可愛い犬が迎えてくれる。

昼食がまだだったので、ナポリタンと珈琲のセットをお願いする。
ぐるりと見渡すと絵や床の絨毯、飾られた造花までバラのモチーフが多かった。

程好い音量で流れてくる音楽のほうへ目をやると、とても素敵な形のスピーカーが
掛けられ、その横では熊の彫刻がじっとこちらを見ている。

丁度良い大きさの店内の全てが素敵で、その空間を吸い込むように深呼吸をする。

そうしているうちにナポリタンが運ばれてくる。想像していたものと違って、
トマトが濃く、具はハムと玉ねぎとシンプルで、私にはとても好みの味だった。

食後には熱い珈琲をゆっくりと頂く。ぽってりとしたカップは手に良く馴染む。

しばらくすると常連らしき高齢の男性がやってきた。足取りが少し覚束ない様子なのが
気になって遠目で見ていたが、いつもの席なのであろうか、窓際の席にゆっくりと
腰を下ろしたその姿は、本当にこの店に自然に溶け込んでいて格好が良かった。

いつまでもここに居たい、ここへやってきた皆がそう思うのではないかと思う。
私も例外ではなくそう感じたのだが、またやって来れば良い、そう思い直して店を出る。

★住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町54

(2013年10月 閉店)

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ1

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ2

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ3

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ4

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ5

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ6

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ7

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ8

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ9

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ10

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ11

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ12

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ13

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ14

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ15

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ16

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ17

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ18

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ19

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ20

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ21

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ22

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ23

神奈川・保土ヶ谷・トロンボ24

PageTop

「OZマガジン 2月号」にインタビュー掲載のお知らせ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

2013年が始まったばかりだと思っていたのに、1月ももう中旬になっていました。
皆様は、寒い冬をいかがお過ごしでしょうか?

さて。先日も少しお知らせさせて頂きましたが、私にとっての純喫茶、
喫茶店での過ごし方などについてお伝えさせて頂いた「OZマガジン 2月号」が
本日(1月12日)発売となりました。

私も早速購入し、純喫茶に入ってからじっくりと拝読致しました。
ずっと愛読しておりました素敵な雑誌に取り上げて頂けたことに感激すると共に、
あたたかい雰囲気のもと、話を聞いて下さったOZの皆様に感謝致します。

ひとりの時間を楽しく過ごす、というテーマの素敵な情報が沢山掲載されていますので、
宜しければ是非お手に取り、ご覧頂けたなら幸いです。

これからも純喫茶の魅力を少しでも多くの方に伝えていけたら、と思っておりますので
今後とも純喫茶コレクションを宜しくお願い致します。

IMG_20130112_153920.jpg
神田「エース」と新橋「パーラー キムラヤ」にて撮影をして頂きました。

PageTop

<再訪30・30ページ>東京・新橋・パーラー キムラヤ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

ようやく新年にも馴染んでくる頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
休み明けの忙しい日々で体調を崩されていないでしょうか?

私はといえば、今年度は年明け早々から素晴らしい純喫茶との出会いが幾つもあり、
今後の散策にも大いに希望が持てる、と確信した始まりでした。

まだまだ寒い季節は続きますので、どちらの地域の方もあたたかくして珈琲で暖を。

2013.喫茶初め
私の喫茶初めは、自由が丘にある『カフェ・アンセーニュ・ダングル』にて頂きました。
線路を眺められる素敵な空間は、珈琲の良い匂いに包まれていつも落ち着いています。


さて。年をまたいでしまいましたが、昨年の終わり頃に訪れた「キムラヤ」のこと。
頻度はそんなに多くないものの、こちらへは十数年前から幾度もお邪魔しております。

純喫茶に夢中になり始めた頃、新橋界隈の喫茶店に足を伸ばすことが多く、
キムラヤも足繁く通った一つでした。その頃はまだ照明はチューリップの型でした。

今回再訪したのは、書籍へのご協力の御礼も兼ねてですが、今週土曜日に発売される
オズマガジン 2月号』の取材にこちらの空間での撮影をお願いしたいと思ったからです。

少し間を置いて訪れた「キムラヤ」さんは、やはり美しく、完全に魅了されました。
私にとって、純喫茶に恋焦がれた初期の気持ちを思い出すのは、このような内装なのです。

今回は取材ということで、オズマガジンの方2名とライターさん、カメラマンの方と
私も含めて5名で奥の席をお借りし、撮影ということも忘れて運ばれてきたフルーツパフェに
興奮しました。その後はお話しながら、あたたかい珈琲で楽しいひとときを。

その時に頂いた「どうして純喫茶が好きなのか」という質問には、未だに即答出来ないまま
ですが、こうして理由を探して、純喫茶を見つけて、その空間に感動して寛ぎ、
幸せだ、と思う度に、いつかはっとする時が来るのかもしれません。

帰り際にママと少しお話をしました。いつも穏やかな笑顔で迎えて下さるママは、忙しい日々を
送る新橋のサラリーマン達の癒しになっていることでしょう。私にとってもそうでした。

駅地下にございますので、雨の日にはこちらで少し休憩をされてはいかがでしょう?
ちょっとした非日常の空間を出る時には、雨も心も晴れていることと思います。

<再訪>新橋・キムラヤ1 <再訪>新橋・キムラヤ2 <再訪>新橋・キムラヤ3 <再訪>新橋・キムラヤ4 <再訪>新橋・キムラヤ5 <再訪>新橋・キムラヤ6

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

2013年。私も改めてマスターやママの笑顔に会いに行く日々を過ごしたいと思います。

**************************************

PageTop

神奈川・藤沢・珈琲の店 灯(ともしび)

2013年になってから、既に数軒の純喫茶を巡った。

そのどちらもが本当に素晴らしかったので、今年もまだ見ぬ喫茶店と
沢山出会えるのではないかという期待を膨らませている。

さて、今回綴るのは2012年の年の瀬に外観だけ確認したが、
既に年内の営業を終えていて、残念ながら引き返してきた純喫茶「灯」のこと。

扉の向こうにあった看板の貼り紙に書いてあった年明けの営業開始日を確かめ、
新年早々に再び出掛けてきた。最近、神奈川方面に足を伸ばすのがとても好きだ。

途中下車した駅にも大変素晴らしい純喫茶があったのだが、その話はまた後日。

「灯」のある駅近くの小路は、そこだけ昭和の空気を強く残している感じがする。
歩いているだけでも楽しいのに、何とその短い通りには3軒もの純喫茶が並んでいる。

念願の「灯」の看板が照らされ、くるくると回っているのを確認して嬉しくなる。
窓に飾られた美しいステンドグラスを、この日は店内から見ることが出来るのだ。

店内に入ると穏やかそうなマスターとママが笑顔で迎えてくれた。
思った以上に店内は広く、奥の席には坪庭もあったのでどこに座ろうかと迷ったが、
やはり窓際の席を選んでしまった。他には一人の男性がいるだけでとても静かだった。

珈琲を注文した後、メニューを眺めると食事のメニューも充実している。
次来た時は必ずナポリタンを食べよう、と思う。紙ナプキンにはランプのイラストが。

運ばれてきた珈琲を頂きながら、本当に純喫茶が好きだと今まで何度も思ったことを実感する。
どうして好きなのか、いつも即座の返答には困るが、とにかくこうしているのが好きなのだ。

2013年はどんな純喫茶に出会えるのだろう。マスターとどんな話をして、
どんなカップで珈琲を飲んで、その喫茶店の近くには何があるのだろう。

早くまたどこかへ出掛けたくてそわそわしている。

のんびり過ごした後、改めて外観を眺めると入った時とはまた趣が違って良かった。
「純喫茶」はそこにあるだけで、私はいつも癒されている。

★住所:神奈川県藤沢市藤沢111
★TEL:0466-22-5260

神奈川・藤沢・灯1

神奈川・藤沢・灯2

神奈川・藤沢・灯3

神奈川・藤沢・灯4

神奈川・藤沢・灯5

神奈川・藤沢・灯6

神奈川・藤沢・灯7

神奈川・藤沢・灯8

神奈川・藤沢・灯9

神奈川・藤沢・灯10

神奈川・藤沢・灯11

神奈川・藤沢・灯12

神奈川・藤沢・灯13

神奈川・藤沢・灯14

神奈川・藤沢・灯15

神奈川・藤沢・灯16

神奈川・藤沢・灯17

神奈川・藤沢・灯18

神奈川・藤沢・灯19

神奈川・藤沢・灯20

PageTop

神奈川・関内・かをり

2013年度の喫茶初めは、関内駅近くにある素敵なTEA ROOMだった。

今まで行く頻度の少なかった地域へ足を伸ばすのが今年の目標で、
早速出掛けてみた。三が日だったため、まだ営業している店は少なかったが。

今回の目当ては、以前から気になっていた洋菓子の「かをり」。
フレンチレストランも兼ねた立派なビルの一階にその喫茶室はある。

HPを拝見したところ、3日から通常通り営業しているようだった。
想像よりもこぢんまりとした菓子売り場に喫茶室。その佇まいはとても良かった。

カウンターに沿って並べられた赤い座り心地の良さそうな椅子と空間を大きく取った
3つのソファ席。今回は空いている時間だった為、手前の広い席に腰を下ろした。

ケーキのメニューを一通り見て、イチゴのショートケーキを注文する。
年齢を重ねる毎に、シンプルなケーキが好きになっていく。

運ばれてきたコーヒーカップには「KAORI」の文字。オリジナルのカップが嬉しい。
働いているマダムたちは皆穏やかで笑顔が美しかった。

かをり、の店名の由来が壁に掛けられていて、それを読みながら珈琲を頂く。
何とも落ち着く空間で、天井のアーチを眺めながら何度もここへ来たいと思う。

幸先の良い喫茶初めで、今年も良い純喫茶に恵まれた一年になるだろうと確信した。

★住所:神奈川県横浜市中区山下町70番地
★TEL:045-681-4401

神奈川・関内・かをり1

神奈川・関内・かをり2

神奈川・関内・かをり3

神奈川・関内・かをり4

神奈川・関内・かをり5

神奈川・関内・かをり6

神奈川・関内・かをり7

神奈川・関内・かをり8

神奈川・関内・かをり9

神奈川・関内・かをり10

神奈川・関内・かをり11

神奈川・関内・かをり12

神奈川・関内・かをり13

神奈川・関内・かをり14

神奈川・関内・かをり15

神奈川・関内・かをり16

神奈川・関内・かをり17

PageTop

2013年もまだ見ぬ純喫茶に出会う楽しみを

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

2013年を迎えましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
昨年は、沢山の方にあたたかいメッセージや応援のお言葉を頂き、幸せでした。

今年度も、旅に出たり、日常から少しだけ足を伸ばしたり、皆様の街へも
お邪魔して純喫茶を行き来し、日々を暮らしていきたいと思っております。

珈琲豆に湯を落とし、そこから漂う良い匂いにうっとりする晴れた午後。

支度が済んだらどこかの街へ出掛けて、喫茶店を探すことにしましょう。
美味しい珈琲を頂いて、帰り際にはマスターと幾つかの言葉を交わして。

2013年度も皆様が良い喫茶時間を迎えられますよう、勝手ながら願っております。

今後とも「純喫茶コレクション」をよろしくお願い致します。

2013.1.2珈琲
好きなことは沢山ありますが、いつまでも変わらずにいたい純喫茶への恋心。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。