純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・大森・TEA ROOM モカ

大森へはそんなに頻繁に行くわけではないが、訪れると
帰る前に「珈琲亭 ルアン」に寄ることが常だった。

先日、訪れた際に「他にも純喫茶があるのではないか」と思い付くままに
駅周辺を歩き回り、商店街で漂う美味しそうな匂いに寄り道をしながらも
見つけたのがこちらの店「TEA ROOM モカ」だった。

モカ、という店名であるにも関わらず「TEA」となっているのが面白い。
時間帯が良かったのか、誰も居ない店内への扉を開ける。

カウンターに座っていた優しそうなママがこちらに笑顔を向けてくれた。

じっくり考えることもなく、ブレンド珈琲とホットケーキを注文してしまったが、
メニューには紅茶の種類も豊富だったのだろうか。

豪華なシャンデリアが幾つもあり、写真の許可をもらう際にそのことについて
ママと話した。「無駄よねえ」とママは眩しく照らされながらにっこり笑う。

珈琲は苦味が好みでとても美味しかった。ホットケーキもふわふわとバターが染みる。

入り口近くにある珈琲豆が入れられた容器やその後ろの珈琲色のタイル、飾られた
バラの造花、レジ周辺の床に並べられた「Coffee」の字体が素敵なオレンジ色の缶・・・。

様々なところに見所があり、すっかりこの喫茶店に夢中になってしまった。
モカにルアン、モナリザ・・・。大森に来たら何処へ行こうか、今後の嬉しい悩みだ。

★住所:東京都品川区南大井6-27-28
★TEL:03-3761-6824

大森・モカ1

大森・モカ2

大森・モカ3

大森・モカ4

大森・モカ5

大森・モカ6

大森・モカ7

大森・モカ8

大森・モカ9

大森・モカ10

大森・モカ11

大森・モカ12

大森・モカ13

大森・モカ14

大森・モカ15

大森・モカ16

大森・モカ17

大森・モカ18

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

あたたかい珈琲にナポリタン・・・。休日の昼食は純喫茶でいかがでしょうか?

***************************************

スポンサーサイト

PageTop

東京・浅草橋・喫茶 瀬羅夢(セラム)

店名は「セラム」と読む。

珍しい名前だ、と思っていると元気の良いママが「若い頃、煙草を
吸っていてその銘柄が『セーラム』だったの。」と教えてくれた。

以前、高齢の方が後ろから「ムラセ」と読み、「ムラセさんがやっているから
そういう店名なのかと思ったよ」と言われたこともあるそうだ。

土曜日の夕方の浅草橋周辺は少し寂しい。季節のせいもあるのか、
暗くなり始めた頃には、すっかり店も閉まってしまい、見つけた幾つかの
めぼしい純喫茶にもシャッターが下りていた。

そんな中、灯りが点っていたここを見つけて迷い無く扉を開けた。

すると、緑色のバンダナを頭に巻いたママが「ようこそ!良く来てくれたわね」と
盛大に出迎えて下さった。最初はその勢いに圧倒されつつも、席に腰を下ろす。

冷たい珈琲を注文し、外観の写真を撮らせて頂くため、外へ一度出ると、
テーブルには置かれた珈琲を飲みながら、カウンターの向こう側のママと話した。

以前こちらを訪れた方がブログか何かに書いた記事を印刷したものを取り出し、
「入るのが怖いって書かれているけど、愉快な店なのよー。」と豪快に笑う。

確かに看板には「喫茶」とあるが、私も喫茶店巡りを始めたばかりの頃だったら
躊躇して何度も何度も店の前を通り過ぎていただろう。

今となっては飛び付きたくなる程の魅力的な外観、内装、ママのキャラクターだが。

ママのお喋りは止まることなく続き、色々と面白い話を聞かせて下さった。

もう40数年の古い建物だというのに大地震の時にはほとんど揺れなかったこと、
その時はお客さんをとりあえず外に出して、ママは店内にいたということ。

その時の気持ちを「だって船長さんも何かあったら最後まで船を守るでしょう?」
と例えた話、ランチ時にはテーブルの上に大皿料理をバイキング方式で出している話・・・。

1時間も居なかったと思うのだが、ここにいると良い意味で時間が分からなくなるのだ。
店内は柔らかい橙色の灯りに包まれていて、レース越しの外はもう真っ暗だった。

閉店時間をとっくに過ぎているのに「今日はいいのよー。」と言うママに「また来ます」と
御礼を言って店を出る。「沢山の人に来て欲しいわ。ランチも美味しいんだから。」と
また豪快に笑ったママの顔を見て、私も沢山の方にここを目指して欲しいと願う。

★住所:東京都台東区浅草橋4-9-9
★TEL:03-3861-9768

浅草橋・瀬羅夢1

浅草橋・瀬羅夢2

浅草橋・瀬羅夢3

浅草橋・瀬羅夢4

浅草橋・瀬羅夢5

浅草橋・瀬羅夢6

浅草橋・瀬羅夢7

浅草橋・瀬羅夢8

浅草橋・瀬羅夢9

浅草橋・瀬羅夢10

浅草橋・瀬羅夢11

浅草橋・瀬羅夢12

浅草橋・瀬羅夢13

浅草橋・瀬羅夢14

PageTop

東京・東小金井・純喫茶 毬藻(まりも)

先日、所用の為に中央線に揺られて東小金井まで出掛けた。

用事が済んだ夕方、いつものように駅の周辺をぐるぐると歩く。
東小金井で下車したのは初めてのことで目に映る景色が新鮮だった。

木の多い小学校の周りでは、歩く度に落ち葉がかさかさと音を立てる。
しばらくは空を眺めたり、少しずつ色付き始めてきた木々を観察していた。

その後、一休みをするために賑やかな商店街のほうへ戻る。
表通りを一通り散策したが、純喫茶らしい姿を発見出来ず、お洒落なカフェで
珈琲を頂く。そこは古道具を使用していてカップなども素敵だった。

その後、もう少しだけ散策してから次の駅へ向かおうと一本裏通りに入ってみると、
「純喫茶」という文字が目に飛び込んできた。思わず、慌てて駆け寄る。

こぢんまりとした店内には二組の先客があり、私は窓際の席に腰を下ろす。

ブラジルコーヒーを注文し、店内の家具などを眺める。窓に貼られた花の
シールが可愛らしい。外の看板には「まりも」と平仮名で記されていたが、
店内に飾られている木彫りの置物には「毬藻」と漢字で記されていた。

少し経って店内には私以外いなくなってしまい、静かな時間をただじっと過ごす。

帰り際にマスターに尋ねてみたところ、「本当は漢字で『毬藻』なのだけど、
読み辛いだろうと思って、看板だけ平仮名にしているのだよ」とのこと。

店内には、マスターのご親族が作成されたという懐かしい粘土人形なども飾られている。
これからも近所の人たちに愛されてここで時を重ねていくであろう喫茶店だった。

★住所:東京都小金井市東町4-43-10
★TEL:042-385-2423

東小金井・毬藻1

東小金井・毬藻2

東小金井・毬藻3

東小金井・毬藻4

東小金井・毬藻5

東小金井・毬藻6

東小金井・毬藻7

東小金井・毬藻8

東小金井・毬藻9

東小金井・毬藻10

東小金井・毬藻11

PageTop

東京・大森・純喫茶 モナリザ

遠くへ行かなくともまるで旅先のように感じる空間がある。

大森駅の商店街から少しだけ道を逸れたところにある
「純喫茶 モナリザ」はそんな店だった。

ここを目指していたわけではなく、何度か訪れたことのある大森駅周辺を
ぐるぐると散策していたら、急に出会った。看板の灯りが遠くからでは確認
出来なかったので、営業しているのかどうか不安な気持ちで少し早歩きになる。

入り口付近の小さな席で外を向いて煙草を吸っていたマスターと目が合う。
突如視界に入った素晴らしい世界に、一瞬息をするのを忘れた。

マスターに会釈をして扉を開け、営業時間の確認をしてから中へ入る。

ブレンドコーヒーを、と言いかけて、やはりクリームソーダを、と言い直した。
この空間では鮮やかな緑色が映えると思ったのだ。

店内はそれほど広くは無いが、奥にある大きな鏡のおかげでとても広く感じた。
端の席でじっとしていると、どこかの温泉街へやって来たようだと思う。

しばらくして運ばれてきたクリームソーダとおしぼりの乗せられたトレイの美しさに
また胸が高まる。何度も何度も飲んでいるクリームソーダなのに、都度ときめいてしまう。

何枚か写真を撮らせて頂く間に、上へと続く階段を見つけたが、今は
開放していないようで残念だった。勝手な空想をして二階へも思いを馳せる。

束の間一人きりの空間だったが、扉が開き常連らしき方がやって来た。
慣れた風で席に腰を下ろし、「ホット」と一言伝えた。

その方がマスターと、映画や積極性に少子化、今日の雨のことなどについて話すのを
地下鉄の雑誌を読みながらぼんやりと聞いていた。

聞き慣れた地名がいくつも耳を通り抜け、ここは旅先ではなかった、と今更のように思った。

★住所:東京都大田区大森北1-9-5
★TEL:03-3761-3322

大森・モナリザ1

大森・モナリザ2

大森・モナリザ3

大森・モナリザ4

大森・モナリザ5

大森・モナリザ6

大森・モナリザ7

大森・モナリザ8

大森・モナリザ9

大森・モナリザ10

大森・モナリザ11

大森・モナリザ12

大森・モナリザ13

大森・モナリザ14

大森・モナリザ15

大森・モナリザ16

大森・モナリザ17

大森・モナリザ18

大森・モナリザ19

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

あたたかい珈琲に生クリームを落としたウインナコーヒーが美味しい季節です。

***************************************

PageTop

切り絵作家 成田一徹さんのこと

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

昨日報道された様々なニュースで、ご存知な方も多いかも知れませんが、
バーや昔ながらの食堂の世界を美しい切り絵にて表現する作家の「成田一徹」さんが
14日、脳内出血のため都内の病院にて亡くなられた、とのことです。

成田さんの作品は以前から存じ上げていて、神戸の純喫茶 エデンを通じて知り合った
神戸の作家「芝田真督」さんがご紹介して下さったことにより、お会いする事が出来ました。
(その時の記事はこちらです ⇒ 成田さんと初めてお会いした日 )

つい数ヶ月前の8月に、東京駅近くのマルゼンにて個展をされていてそこへ伺い、
ご挨拶をした際にとても素晴らしい笑顔で「待っていたよ」と言って下さいました。

雑談の途中に、恐れ多くも自分の書籍『純喫茶コレクション』をお渡しすると
「ありがとう!ちょっと待ってて」とどこかへ行き、成田様ご自身の本をレジで清算し、
もう一度サインをして下さり「良かったらこれも」と贈って下さったのです。

その日の夕方に御礼のメールをすると「必ずどこかで酒をご一緒しましょう」と
嬉しい言葉を頂いたのはついこの間のようです。

古き良き昭和の素晴らしい老舗やバーにお詳しかった成田様。
今後、もっとたくさんの作品を拝見して、様々なお話を伺いたかったです。

ご家族やご友人、周囲の方の悲しみは計り知れません・・・。
成田様の作品がとても好きでした。心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

2012.10.16成田さん

PageTop

6次元主催『京都レトロ散歩』イベント終了 への御礼

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

すっかり肌寒いくらいの朝が続くようになりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?風邪などひいていらっしゃいませんか?

さて。こちらで告知させていただきました、荻窪の素敵なカフェ6次元での
イベント『京都レトロ散歩ナイト』には本当に沢山の方にお越し頂き、
大盛況のうちに終わることが出来ました。

お越し下さった皆様、気に掛けて下さった皆様、本当に有難うございます。

人前でお話すること自体がほぼ初めての経験で、最初は楽しみな反面、
不安も大きかったのですが、お越し下さった皆様の京都やレトロを愛する気持ちと
あたたかい空気のおかげで最後まで楽しくお話することが出来ました。

お相手をして下さった編集者の丹所さんとも初対面とは思えないほど打ち解け、
京都にお住まいの方ならではの視線で「新しい京都」を沢山教えて頂きました。

私も今後、東京を始めとした純喫茶のことについてますます研究に努めていきます。

京都の面白い話満載でしたが、個人的には「ソワレ」のクリームソーダの色は
5種類ある、ということを初めて知り、興味津々です。あの青い空間へ行くと
色とりどりなゼリーポンチを頼んでしまいがちですが、他のメニューも良いものですね。

このような楽しい企画にお誘い下さいました6次元の中村さん、道前さん、
当日の色々な作業を行って下さったキノコフォント作者の今垣さんにも感謝申し上げます。

また何か楽しいイベントが開催出来ると良いと考えておりますので、その際は
またどうぞよろしくお願い致します。次回は、丸ごと純喫茶ナイトも是非。

ブログやツイッターをご覧下さっている皆様、書籍をお読み下さっている皆様、
イベントにお越し下さった皆様、遠くから応援して下さっている皆様、感謝申し上げます。

今後とも純喫茶コレクションをよろしくお願い致します。

2012.10.156次元
開場前の静かな6次元。こちらが人でいっぱいに。とても嬉しい光景でした。

PageTop

東京・千歳烏山・南蛮茶館

先日、京王多摩川駅の京王閣にて開催されていた「パンフェス」に出掛けた。

しかし、予想以上に混雑したようでのんびりと私が到着した頃にはパンは無く、
人も減っていてのんびりした広場で珈琲を飲み、レース場を眺めて帰ってきた。

その途中、ふと思い立ち千歳烏山で下車してみる。何度か訪れたことはあるが
まだ知らない喫茶店があるのではないか、と思ったのだ。

先に夕飯を済ませ、食後の珈琲をゆっくりと飲める喫茶店を探す。
少し歩いた後に到着したのは「南蛮茶館」という喫茶店だった。

どこか記憶に引っかかったのは、笹塚に同名の喫茶店があるからだ。
しかし、帰り際にマスターに聞いたところ「関係性はない」とのことだった。

誰もいない店内でしばらくの間寛ぐ。一日の終わりの珈琲の匂いはいつも良い。

最近訪れた喫茶店のママがこう言っていた。
「家が喫茶店だからそこで飲めばただで飲めるけど、誰かが淹れてくれる珈琲が
やっぱり美味しくていまだに珈琲が飲みたい時は他所へ行くのよ」と。

今日も明日も、きっと私はどこかで珈琲を飲む。自分の為に淹れてくれる珈琲を
カウンターの前で、あるいはテーブルの隅からちらっと眺めながら。

その幸せな瞬間を何度も味わいたくて、もう十数年間こんな日々を続けている。

★住所:東京都世田谷区南烏山5-13-1
★TEL:03-3307-5225

千歳烏山・南蛮茶館1

千歳烏山・南蛮茶館2

千歳烏山・南蛮茶館3

千歳烏山・南蛮茶館4

千歳烏山・南蛮茶館5

千歳烏山・南蛮茶館7

千歳烏山・南蛮茶館8

***************************************

今週末に、荻窪のカフェ「6次元」にて開催されます『京都レトロ散歩ナイト』も
有難いことにあと僅かで満席のようです。申し込みをして下さった皆様、有難うございます。

ゆるりと京都の素敵なところについておしゃべりを。お待ちしております。

10/14(日)「京都レトロ散歩ナイト」
出演:難波里奈(純喫茶ブロガー)×丹所千佳(編集者)
時間:17:30開場 18:00~20:00
参加費:1000円(お茶付き)
予約:件名を「京都レトロ散歩」とし、お名前、参加人数、
お電話番号、を明記の上、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp まで。


コピー ~ 京都レトロ散歩

***************************************

PageTop

マッチ箱コレクション *31*

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

朝晩にはすっかり涼しい秋の風が吹き、とても過ごしやすい季節になりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?今日は連休の方も多いのでしょうか?

2012年も気が付けば、あっという間にあと3ヶ月を残すばかりとなりました。

私はといえば、来週に控えた『京都レトロ散歩』のイベントが楽しみだったり、
秋が深まった頃に行く旅の空想をしたり、とのんびりながらも過ぎていく日々です。

皆様もどうぞ良い秋をお過ごし下さい。たまには純喫茶であたたかい珈琲と一休みを。

京都レトロ散歩
6次元で知り合った今垣さんが作成された素晴らしいフライヤー。レトロがひっそりと。

【大阪・阿倍野・純喫茶 田園】

マッチ・阿倍野・田園1マッチ・阿倍野・田園2マッチ・阿倍野・田園3

【兵庫・新開地・喫茶&グリル フリージア】

マッチ・新開地・フリージア1マッチ・新開地・フリージア2マッチ・新開地・フリージア3

【東京・月島・喫茶 パーラー ふるさと】

マッチ・月島・ふるさと1マッチ・月島・ふるさと2マッチ・月島・ふるさと3

【山口・山口・純喫茶 コテイ】

マッチ・山口・コテイ1マッチ・山口・コテイ2マッチ・山口・コテイ3

【東京・西荻窪・COFFEE LODGE DANTE】

マッチ・西荻窪・DANTE1マッチ・西荻窪・DANTE2マッチ・西荻窪・DANTE3

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

いつもと違う道をふらりと散策。素敵な純喫茶に出会えるかもしれません。

**************************************

PageTop

6次元主催『京都レトロ散歩』イベント開催 についてのお知らせ

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

昨日の東京は台風のような豪雨でしたね。皆様のお住まいの地域はどうでしたか?
私はなかなか勢いの弱まらない雨を眺めて、友人と雨宿りをしながら雑談を。

さて。この度、とても有難いことに荻窪にある素敵なカフェ「6次元」さんより
『京都レトロ散歩』というイベントにお誘い頂きました。

私も好きで書籍を拝見していた、京都在住のイラストレーター、ナカムラユキさんの
新書『京都レトロ散歩』の発売に際し、京都のレトロ建築や純喫茶について
魅力をお話しましょう、という趣旨のようです。緊張ながらもとても楽しみにしてます。

イベントの詳細は、


10/14(日)「京都レトロ散歩ナイト」
出演:難波里奈(純喫茶ブロガー)×丹所千佳(編集者)
時間:17:30開場 18:00~20:00
参加費:1000円(お茶付き)
予約:件名を「京都レトロ散歩」とし、お名前、参加人数、
お電話番号、を明記の上、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp まで。



となっております。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非ふらりと
お茶を飲みにいらして下さい。沢山の方にお会い出来ることを楽しみにしております。

2012.10.05ソワレ
京都、というと真っ先に思い出す原点の場所。皆様の「京都」はどちらでしょう?

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

***************************************

PageTop

東京・雑色・CAFE LIBERTE(リベルテ)

知らない街へふらっと出掛ける私の癖は、小さい頃から片鱗を見せていた。

というのは、家から決して近くはない雑色駅にて迷子になり途方に暮れ、
両親に迎えにきてもらうという一騒ぎを起こしたことがあったのだ。

何度か車の窓から眺めていた、両親に連れられて行った川崎への道程を
朧ながらも覚えていて、ある日突然一人で行ってみたくなり、自転車にて
無事到着したものの、帰り道が分からず迷い込んだのが雑色の商店街であった。

その一件のことは良く覚えているが、雑色の街はどんなだったかと思い出せず、
大人になった今、今度は品川から京急に乗り、そこへ向かってみる。

ホームからすぐに記憶とは被らない街並みが見えたが、それは変わってしまった為か
幼すぎる記憶が色々と捏造されてしまった為か良く分からない。

とりあえず散策の前に、と駅から程近くの喫茶店が目に入ったので一休みする。
以前は純喫茶だったのかもしれないが、今はビールなどもある地元の方の食堂のようだった。

店内は思ったよりも広く、夕飯前の時刻だったこともあり賑わっていた。
皆、それぞれ食べているものが美味しそうだ。メニューも豊富でそして何より安い。

迷った末、クリームソーダとペペロンチーノを注文する。アイスクリームが大盛りだ。
周りの人の談笑する声と踏み切りの音を聴きながら、少しの間のんびりと過ごした。

近所にふらっと立ち寄って食事が出来る喫茶店があるのは羨ましい、と思う。

暗くなる前に、と外へ出て久しぶりの街を歩く。しばらく散策してみたが、
他に喫茶店は見つけられず、日も暮れてしまったので線路沿いを蒲田駅まで歩く。

距離感が分からなかったが、間もなく東急デパート屋上で光る花の形の観覧車を見つけた。

幼い頃の大冒険は、このようにして今の散策好きにきっと一役買っているのであろう。
これからも知らない街をわくわくしながらどこまでも歩いていきたい。

★住所:東京都大田区仲六郷2-43-9
★TEL:03-3735-4101

雑色・リベルテ1

雑色・リベルテ2

雑色・リベルテ3

雑色・リベルテ4

雑色・リベルテ5

雑色・リベルテ6

雑色・リベルテ7

雑色・リベルテ8

雑色・リベルテ9

雑色・リベルテ10

雑色・リベルテ11

雑色・リベルテ12

***************************************

当ブログ更新通知用のTwitterを登録しました。フォローやコメント、有難うございます。
たまにつぶやきます。どうぞよろしくお願い致します。
(アカウントは、『retrokissa』です。URLはこちら ⇒ 純喫茶コレクション

***************************************

***************************************

当ブログ『純喫茶コレクション』が書籍になりました。

詳細はこちらをご覧頂けると幸いです。→ 『純喫茶コレクション』書籍化のお知らせ

『純喫茶コレクション』 著者 難波里奈  PARCO出版 ¥1,680

【純喫茶コレクション】表 【純喫茶コレクション】裏

書店でお見掛けの際には、是非手に取っていただけたら光栄です。

あたたかい珈琲が運ばれてくるまでの間、じっと目を瞑り喫茶店の匂いを嗅ぐのも楽しいです。

***************************************

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。