純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪・都島・アジアコーヒ

そういえば、しばらく大阪へ出掛けていない。
多い時では一年に10回以上も訪れていて、見慣れ始めていた景色も今は遠い。

この喫茶店へ行ったのも、もう2年程前になると思う。

谷町線には何度も乗っていながら、下車したことのなかった都島を強烈に意識したのは、
大阪に住む友人にこの喫茶店の存在を教えてもらってからだった。

幻のジュース「ネーポン」は既にメニューから消えてしまい、味わうことが出来なかったが、
大阪の日常が濃く漂うその心地良い空間は、いつまで経っても記憶に強く残っている。

珈琲は何と一杯150円。この店が近所にあったなら毎日のように通えるのに、と思う。
入って右側にある電車のシートのような横向きに座るオレンジ色の椅子も珍しい。

店内の中央にずらりと並べられている週刊誌を一冊手に取り、窓からの光が差し込む席で、
好きな歌を頭の中で口ずさみながら、幸せな時間を過ごしたことを思い出す。

大阪には好きなものがたくさんあって、友人もたくさんいる。
寒い季節に、新幹線の窓からちらちらと舞う雪を眺め、新大阪駅へ到着するのが好きだった。

暖かくなる前に、またあの界隈を散策出来たら、と考えている。

★住所:大阪府大阪市都島区都島本通2-16-14
★TEL:06-6922-3673

都島・アジアコーヒ1

都島・アジアコーヒ2

都島・アジアコーヒ3

都島・アジアコーヒ4

都島・アジアコーヒ5

都島・アジアコーヒ6

都島・アジアコーヒ7

都島・アジアコーヒ8

都島・アジアコーヒ9

スポンサーサイト

PageTop

【閉店】熊本・通町筋・純喫茶 シグナル

ぼんやりしているとすぐに次の春が来てしまうから、その前に記憶を留める。

旅に出る時は、特別な理由があることはあまりなく、路地裏の猫が見たい、とか、
静かな喫茶店で熱い珈琲を飲みたい、などそんな思い付きがあるだけのことが多い。

昨年の春に、熊本行きの飛行機に乗った理由は、聞きたい歌があったからだった。

空港から市街地まで行き、賑やかな商店街に心躍らせながら散策を始めてすぐに
出会ったのがこの喫茶店だった。看板を一目見ただけで期待は否応無く高まる。

そして、扉を開けてその店内を見た瞬間に、これは大変なところに来てしまった、と思う。

椅子の形や色、奥にある森をイメージしたスペース、そういう目に映るものだけではなく、
その完璧な空気感にしばらくの間言葉も無く、ただただ感動していた。

メニューと水を運んできてくれた美しいマダムの所作や笑顔で、はっと現実を取り戻す。
ここは喫茶店でありながらなぜか美術館にいるようだ、としみじみ思ったことを覚えている。

心惹かれるメニューの中からこの日頼んだのは、コーヒーゼリー。
可愛らしいまるいグラスに艶々と揺れるゼリーが綺麗で、勿体無くてしばし眺めていた。

まだ旅は始まったばかりだというのに、すっかり満足してしまい、ずっとここにいたくなった。
そういう気持ちになれた時点で、旅は成功していて、その一瞬のために旅を続けるのだと思う。
そして私の場合は、その瞬間が喫茶店の風景によって作られることが多いのだった。

「またいらしてね」と微笑んでくれたマダムの笑顔の思い出が薄まる前に、また飛行機に乗る。

★住所:熊本県熊本市手取本町5-6
★TEL:096-352-6856

熊本・シグナル1

熊本・シグナル2

熊本・シグナル3

熊本・シグナル4

熊本・シグナル5

熊本・シグナル6

熊本・シグナル7

熊本・シグナル8

熊本・シグナル9

熊本・シグナル10

熊本・シグナル11

(2014年7月24日 閉店)

PageTop

千葉・成田・珈琲チルチル

2012年になってから、初めて訪れたのは成田にある素敵な純喫茶だった。

例年は、大晦日を過ぎて元旦を迎えた深夜に初詣をすることが多かったのだが、
今年はそうしなかった為、松の内を越えた後日に成田山まで出掛けてきた。

賑わう参道を歩くのは楽しいことであるし、以前から成田の鰻を食べてみたいと思っていた。
そして、初めて行く土地ならばまだ見ぬ喫茶店にも出会えるであろうという期待があったのだ。

噂に違わずたくさんの鰻屋が軒を連ね、どこへ入ろうかと迷ったが、店先で捌いている様子を
眺めることの出来る有名らしい店の整理券をもらって、一時間ほど時間をつぶす。

寒さに挫け、熱い日本酒でも一杯飲もうかと考えていたところにこの店の看板が目に留まる。
酒屋に行きかけていた足を止め、すぐにその喫茶店の扉を開ける。「チルチル」の字体が良い。

参道の賑わいが嘘のようにそこは落ち着いていて、ちょうど良い配置でそれぞれが寛いでいた。

最初、冬の窓際に咲く向日葵の造花が飾られている席に腰を下ろしたのだが、
店内の写真を撮らせてほしいと話し掛けた親切な女性店員が「せっかくなのでカーテンが
写る席はどうか」と移動を薦めてくれた。それに従い、全体を見渡せる席に座り直す。

確かにその席から眺めるレースのカーテンは美しく、満足して写真を撮る事が出来た。

周りの様子にじっと耳を傾けると、それぞれが新年の良い天気の午後を楽しそうに過ごしている。
琥珀色に映るシャンデリアの光がきらきらと揺れて、今年も珈琲と一緒に暮らしていこうと思った。

★住所:千葉県成田市本町333
★TEL:0476-23-1435

成田・珈琲チルチル1

成田・珈琲チルチル2

成田・珈琲チルチル3

成田・珈琲チルチル4

成田・珈琲チルチル5

成田・珈琲チルチル6

成田・珈琲チルチル7

成田・珈琲チルチル8

成田・珈琲チルチル9

成田・珈琲チルチル10

成田・珈琲チルチル11

成田・珈琲チルチル12

PageTop

2012年も喫茶店と共にある日々を

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

2012年ものんびりしているうちに、すでに一週間が経ってしまいました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今年度も、珈琲を片手に貴重なお時間をお付き合い戴けるなら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

私事ですが、喫茶店と同じくらい好きな場所といえば本屋で、暇さえあれば
どこかの本屋に立ち寄り、表紙のデザインに一目惚れをした雑誌を買ったり、
旅の記録を眺めてどこかへ想いを馳せたり、誰かの何気ない一言をじわじわと
心に沁み込ませたりしています。

今年初めに手に取った本は、『暮らしの手帖』というとても好きな雑誌の
編集長をされている松浦弥太郎さんの著書で、そこには「不安」と「寂しさ」と向き合うことは
避けられないことで、且つ受け入れることが大切である、というようなことが書かれていました。
(だいぶ大まかな解釈ですが、本文ではもっと素敵な表現で書かれています。)

私がこうして、一人で飲む珈琲の時間をどこかしら「不安」や「寂しさ」ゆえに発信し、
それを皆様が受け止めて下さり、たまに感想などを戴ける事はとても有難いことです。

今年も、ゆるりと、のんびりと、丁寧に。
皆様の一年間も、健康で、穏やかで、幸せでありますよう、勝手ながら願っています。

そして、珈琲の香りを手掛かりに、どこかで繋がっていけますように。


RIMG0858_20120109155617.jpg


初詣にて大吉のおみくじを引いた。嬉しくなり、それだけで小さな幸せだと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。