純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青森・弘前・きりまんじゃろ

暑い季節は得意ではないのだが、冬から夏の思い出を覗くのはとても好きだ。
通り過ぎてしまった時間を振り返って、何度も大事に思う。

外を歩くだけでぐったりとしてしまう気候の日に、川沿いを散策していたら
見つけたのがこの喫茶店で、いや外観から普通の喫茶店だと思い込んで近くまで行くと、
入り口の看板に大きな文字で「ポテト料理」と書いてあったので興味を抱いた。

せっかくならポテト料理を食したかったが、あいにく昼食後の訪問だったので、
珈琲だけでも飲めるのだろうか、と小さな窓から店内の様子を覗いた。

扉を開けた瞬間、こちらに気付いていたらしいマスターが悪戯っぽく「覗き込むなんて
気味が悪い」と笑った。すみません、と笑顔で返しながらカウンターに腰を下ろす。

店内を見渡すと、たくさんのピエロとお面が飾られていた。夜に訪れたなら、少し
不思議な雰囲気を醸し出すのだろうなどと考えていると、マスターも「夜はちょっと怖い」と
笑った。しばらくの間、マスターのコレクションであるピエロについて色々と話を聞いた。

その後は、青森の観光地や有名な「ねぶた」と「ねぷた」の違いの話など。
「いつか見に来ることがあるならば一番の良い席を取っておいてあげるから連絡しなさい」と
豪快に笑った。例えその場の社交辞令だとしてもその気持ちが嬉しかった。

二階の様子が気になり、上がらせてもらうとマスターも一緒に来てくれ、色々と説明を聞いた。
窓に近い、たくさんの光が差し込む特等席は、その昔ファッション誌を飾ったこともあるという。
確かに、眺めているだけでうっとりするほどやわらかく美しい空間だった。

カウンター席に戻り、冷たい珈琲を飲みながらメニューを改めて眺める。
看板通り、ポテト料理がずらりと並んでいる。夜にはこちらを楽しみながらお酒も飲めるようだ。

少しの一休み、のはずが大いに語ってしまい長い時間をここで過ごした。

帰り際にマスターが言った「喫茶店に来てくれる若い人に言いたくなってしまうのは、
携帯をすぐ取り出すのではなく、店の人と話してみるときっと新しい発見があると思う、
ということ」という言葉は、自分がなぜ喫茶店が好きであるかに触れた気がして、
未だに何度も思い出しては噛み締める。

★住所:青森県弘前市北川端町2-4
★TEL:0172-36-1669

青森・きりまんじゃろ1

青森・きりまんじゃろ2

青森・きりまんじゃろ3

青森・きりまんじゃろ4

青森・きりまんじゃろ5

青森・きりまんじゃろ6

青森・きりまんじゃろ7

青森・きりまんじゃろ8

青森・きりまんじゃろ9

青森・きりまんじゃろ10

青森・きりまんじゃろ11

青森・きりまんじゃろ12

青森・きりまんじゃろ13

青森・きりまんじゃろ14

青森・きりまんじゃろ15

スポンサーサイト

PageTop

東京・入谷・珈琲 キャラバン

「ただの道草に なぐさめられることだってあるんだ

 そんなことがすてきです」   (大橋トリオ 「そんなことがすてきです。」)


ある休日の午後、入谷にある古民家を再利用したカフェに珈琲を飲みに出掛けた。
たくさんの本が並ぶ大きな本棚の横の席に座って、目についた本を片っ端から
手に取って読んだ。気がついたら珈琲が無くなっていた程に。

しばらくしてカフェを出て、近くにある「現在は豆の販売のみで喫茶の営業は行っていない」
とマスターから聞いて諦めていた喫茶店を再び見に行くことにした。

すると、遠目からでも灯りが点いているのが分かる。まだあまり期待し過ぎずに歩いていく。

「営業中」の札を見てもまだ半信半疑だったが、入り口付近に座っていた婦人に
喫茶の利用は出来るか、尋ねると「どうぞ」という返事がきたので嬉しくなる。

カウンター数席とテーブル席が2つだけ。シンプルながらも喫茶店好きにはたまらない要素が
店内に散りばめられている。写真の許可もいただき、たくさん撮った。

奥には焙煎室もあり、店内にはふんわりと珈琲の香りが漂っている。深呼吸を一つする。
天井には、世界の珈琲の呼び方がずらりと並び、珈琲が来るまでの時間も退屈しない。

この日はあいにくマスターが不在で、奥様の淹れてくれた珈琲をいただいたが、
近いうちに「珈琲のプロ」であるマスターの珈琲を味わいにまたふらりと出掛けようと思っている。

少し前に、大橋トリオのライブを見に渋谷まで出掛けてきた。
冒頭に書いた歌が流れてきた瞬間、この幸せな散歩のことを思い出したのだった。

★住所:東京都台東区下谷2-5-24
★TEL:03-3875-1624

入谷・キャラバン1

入谷・キャラバン2

入谷・キャラバン3

入谷・キャラバン4

入谷・キャラバン5

入谷・キャラバン6

入谷・キャラバン7

入谷・キャラバン8

入谷・キャラバン9

入谷・キャラバン10

入谷・キャラバン11

入谷・キャラバン12

入谷・キャラバン13

入谷・キャラバン14

入谷・キャラバン15

入谷・キャラバン16

PageTop

静岡・熱海・レストラン フルヤ

熱海は、ちょっとした遠出をするのにちょうど良い場所だと思う。

新幹線に乗って一泊するほどの時間はない、でも日常と違う景色が見たい、
そういう気分の時に真っ先に思いつくのが、いつも熱海と鎌倉なのだ。

鎌倉の場合は、観光客気分で大仏を眺めたり、蕎麦を食べたり、竹林を見上げたり、
熱海の場合は、温泉に入るわけではなく、海まで歩いたり、珈琲を飲んだり、
ただその街の空気を吸うために出掛けて、気分転換として利用してきた。

2時間ほど電車に揺られて熱海に着くと、いつも駅前の賑わいに圧倒される。
遠くへ来たのだ、と温泉饅頭を蒸かす湯気を幸せな気持ちで眺める。

今回は、橙色と白色が目を惹くレストランに入ってみることにした。
純喫茶ではないが、ちゃんと「COFFEE」の文字もある。

いつも外からちらりと覗いて通り過ぎるだけだったが、中の様子を見てすぐ
感激のあまり思わず小さな声を上げてしまった。

真っ青な天井に、造花が巻きつけられた白と赤のコントラストが眩しい螺旋階段、
花の模様の鉄の仕切り、食堂にあるような可愛らしい茶色の椅子と小さなテーブル・・・。

想像以上に好みだった空間を、今まで何度も通り過ぎていたのだ、と少し悔しくなる。
チョコレートパフェを注文し、締め切られていた2階をそわそわした気持ちで見つめる。

どうしても見てみたい、という衝動に駆られ、パフェが運ばれてくる前に、
女性店員に頼み込み、念願叶って螺旋階段を上がることが出来たのだった。

2階は予想以上に広く、海の近くにあるレストランにぴったりの配色だった。

何よりここから眺める1階の景色がとても良い。10分ほどその空間を満喫した後、
笑顔で下へ降りていくと、先ほどの女性店員に「良い写真は撮れましたか?」と聞かれた。

本当に素敵な空間でした、とお礼を言い、撮ったばかりの画面を見せると
「綺麗に撮って下さってありがとう」と笑顔を返してくれた。

それがとても嬉しかったので、現像した写真を近いうちに渡しに行こうと思った。

熱海では、これからの季節に何回かの花火大会があるようで、冬の空に咲く花を
眺めに行くのも良いのではないか、と計画しながら鞄の中で写真をあたためている。

★住所:静岡県熱海市田原本町8-9
★TEL:0557-82-4048

熱海・フルヤ1

熱海・フルヤ2

熱海・フルヤ3

熱海・フルヤ4

熱海・フルヤ5

熱海・フルヤ6

熱海・フルヤ7

熱海・フルヤ8

熱海・フルヤ9

熱海・フルヤ10

熱海・フルヤ11

熱海・フルヤ12

熱海・フルヤ13

熱海・フルヤ14

熱海・フルヤ15

熱海・フルヤ16

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。