純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熊本・上通町・COFFEE INN 珈琲人(コーヒービト)

少し浮かれた旅先の地で、美しい音楽に酔いしれた後、
美味しい珈琲を飲むのは、何と贅沢な過ごし方だ、と思う。

幸せな数時間を終えて、まだふわふわと夢の中にいるような気持ちで
知らない商店街を歩く。熊本の市街はとても活気があって楽しい。

喫茶店も多い街で、歩けばすぐに「珈琲」や「喫茶」という文字が
目に飛び込んでくる。ここもそうして知った店だった。

「珈琲人」というのは、一体どんな人を示すのだろうか?斬新な店名だ。
入り口へ続く地下の階段を下りながら、そんなことを考える。

決して広くはないが、アーチを描いた奥の席はとても居心地が良さそうに見える。

地元の人らしき二人組がちらっとこちらを見たが、またすぐ話に戻ったので
隣の席に座り、深呼吸をして店内に漂う珈琲の匂いを吸い込む。

一日の終わりを喫茶店で過ごすことが出来ると、今日もいい日だった、と実感する。
多少どんよりすることがあったとしても、小さなきっかけでまた楽しい気持ちになれるのだ。

苦い珈琲がこの日も夜の記憶と混ざって、そんなことを改めて教えてくれた。

★住所:熊本市上通町5-3 タチカワビル BF1
★TEL:096-325-9734

熊本・珈琲人1

熊本・珈琲人2

熊本・珈琲人3

熊本・珈琲人4

熊本・珈琲人5

熊本・珈琲人6

熊本・珈琲人7

熊本・珈琲人8

熊本・珈琲人9

スポンサーサイト

PageTop

神奈川・川崎大師・喫茶&軽食 フラワー

幼い頃、正月になると父に連れられて良く出かけたのが川崎大師だった。

初詣を済ませた後、いつも生姜味ののど飴(せき止め飴)を買ってもらい、
それがとても好きだったことを急に思い出した。懐かしく美味しい飴。

ある日、せき止め飴を買うことと参道を歩くことを目的に、久しぶりに出かけてみた。

参道は正月ではなくとも賑わっている。思わず甘酒を買って飲んでみたりする。

しばらくの間、ぶらぶらとしていると「喫茶」の文字が目に入る。
確か花屋の二階にあって、入り口に続く階段の途中にも花が飾られていた。

店内は、思わず目に飛び込んでくる眩しい赤色のソファと壁に飾られたメニューや
いろいろな写真や提灯、著名人のサインの色紙などで埋め尽くされている。

それを眺めていると、注文した珈琲がやってきたのでゆっくりと飲みながら
店内を観察する。なかなか興味深い店だ。人もひっきりなしに入ってくる。

そういえば、幼い頃に初めて入った喫茶店も「ふらわー(こちらは確か平仮名表記)」
という名前だった気がする。そこは残念ながら数年前に閉店してしまったのだが、
やはり花のたくさん飾られた空間で、飲み物を頼むとストローを挿す部分だけがあいている
まあるいグラスに入れられてきて、それがとても印象的だったことも思い出した。

ちょっとした記憶から色々なことを思い出し、次の行動へ繋がるのだから面白いものだ、
と一人勝手に納得をした夜の帰り道だった。

★住所:神奈川県川崎市川崎区大師町13-7 花辰2F
★TEL:044-277-9039

川崎大師・フラワー1

川崎大師・フラワー2

川崎大師・フラワー3

川崎大師・フラワー4

川崎大師・フラワー5

川崎大師・フラワー6

川崎大師・フラワー7

川崎大師・フラワー8

川崎大師・フラワー9

川崎大師・フラワー10

川崎大師・フラワー11

川崎大師・フラワー12

PageTop

東京・神保町・Coffee&Snack L

どの街でもきっとそうなのだろうと思うが、歩けば歩くほどに
新しい発見があってどんどん惹き込まれていく街、というのがある。

私にとってその一つは、御茶ノ水、神保町界隈だと改めて実感する。
夏の夕暮れは特に良い。ただぶらぶらと街の空気を吸い込んで歩く。

学生の頃は、古本の匂いにも珈琲にも今ほど興味を示してしなかったことが
本当に勿体無いのだが、今になって充分満喫しているので何事もタイミングだ、と思う。

さて。猫もたくさんいる路地裏を歩くと、こんな喫茶店に出会った。

訪れたのはもう1年以上も前で、近いうちに再訪しようと思っているのだが
誘惑の多い神保町ではなかなかここまでたどり着けずにいる。

茶色で統一された店内は、正統派の喫茶店らしく堂々としていて居心地が良かったし、
灰皿に描かれたサイフォンのイラストも素敵だった。

何より印象的だったのが、マスターから一昔前のこの界隈の喫茶事情について
いろいろと話を伺えたことだった。

10年前を思って懐かしみ、羨ましくもあり、10年後を思って
またこうしてここで珈琲を飲んでいられるといい、と強く思う。

★住所:東京都千代田区猿楽町1丁目5-4
★TEL:03-3292-0488

神保町・L1

神保町・L2

神保町・L3

神保町・L4

神保町・L5

神保町・L6

神保町・L7

神保町・L8

神保町・L9

神保町・L10

神保町・L11

神保町・L12

PageTop

【閉店】神奈川・鎌倉・門 (小町通り)

暑い暑い、と呟いているうちに本当の夏が来てしまったようで、
そういえば今年は紫陽花の花をじっと愛でることもなく、
梅雨が明けてしまった、と気付く。

紫陽花の花、で思い出すのはやはり鎌倉で、以前出かけた
明月院の美しい風景は今でも心に焼き付いている。

鎌倉へは年に数回訪れるのだが、見たいもの、行きたい場所が多すぎて
あっという間に時間が足りなくなってしまう。江ノ電に揺られたり、
江ノ島まで散策に出かけたり、逗子にも足を伸ばしてしまうから尚更。

鎌倉にも好きな喫茶店が多数あって、その中の一つが「門」である。

以前、北鎌倉駅前の店舗については記したが、今回は小町通りの店舗のこと。

休日に訪れるといつもたくさんの人で賑わっているので、そちらばかりに
目がいってしまい、素敵な白い椅子がずらりと並んでいる、ということを
意識したのは平日の閉店間際にここの前を通りかかった時だった。

綺麗な光景だ、と思いながらもその日は残念ながら通り過ぎた。
それからしばらく経ってから、営業中のここへ寄ることが出来た。

主に茶色と白色で統一された店内は、中から眺めてもやはり美しい。
テーブル一つ一つに、季節の小さな花が飾られているのも良かった。

喉を潤すアイスコーヒーの下の可愛らしいコースターにもたくさんの花が咲く。

★住所:神奈川県鎌倉市小町2-2-18

(2013年6月 閉店)

鎌倉・門1

鎌倉・門2

鎌倉・門3

鎌倉・門4

鎌倉・門5

PageTop

マッチ箱コレクション *26*

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

例年ほど雨が降った記憶もあまりないまま、梅雨も明けたようで長い夏の始まりです。
ご覧下さっている皆様はいかがお過ごしでしょうか?

近頃は、新しい喫茶店を求めるよりも、以前訪れた喫茶店を再訪して
変わらぬ姿にほっとしたり、小さな変化に気がついてにやりとしたり、そんな日々です。

ほんの数十分の一休みの中での会話や、目にするもの、もらう笑顔、飲む珈琲が
自分の生活の中で重要な位置を占めていることを改めて実感する。

暑い暑い夏ですが、水分を摂って、たまにはぼんやりして、また笑いましょう。

皆様もそんな風に穏やかな秋が迎えられますように。
それまでは冷たい琥珀色の記録を、マイペースに綴りますのでご覧戴けたら幸いです。

六本木・貴奈

先日の6月20日に、38年の歴史を閉じてしまった六本木の老舗喫茶店「貴奈」の印象的な灯り。
残念ながらもう二度と点ることはない。最後の夜を見守る。


【熊本・下通・純喫茶 ビギン】

熊本・ビギン1(マッチ)熊本・ビギン2(マッチ)熊本・ビギン3(マッチ)

【長野・上田・ニュービーナス】

上田・ニュービーナス1(マッチ)上田・ニュービーナス2(マッチ)上田・ニュービーナス3(マッチ)

【京都・西洞院通・茶房 セブン】

京都・セブン1(マッチ)京都・セブン2(マッチ)京都・セブン3(マッチ)

【兵庫・新開地・喫茶 ベラミ】

新開地・ベラミ1(マッチ)新開地・ベラミ2(マッチ)新開地・ベラミ3(マッチ)

【東京・吉祥寺・COFFEE HALL くぐつ草】

吉祥寺・くぐつ草1(マッチ)吉祥寺・くぐつ草2(マッチ)吉祥寺・くぐつ草3(マッチ)

PageTop

東京・上野・カフェ レストラン 黒門

池一面に見事な花を咲かせる蓮の見頃がもうすぐやって来る。

暑さに弱い私は、夏の日中はどうしても出不精になってしまうのだが、
蓮の花だけは特別で、思い返すと毎年必ず上野の不忍池に足を運んでいた。

池の周りをぐるりと散策していたら、何やら白いレースを覗かせる
喫茶室のようなものを見つけたので、道路に出て入り口を探す。

すると、「カフェ レストラン 黒門」という看板が目に入ったので
ここで一休みしようと決めた。外から見る限り、シンプルな店だったが、
奥のスペース(確か禁煙席の空間)の窓がとても大きく、眺めが美しかった。

といっても、蓮の花が見渡せるわけではなく、昼寝をする猫や、風に揺れる木々、
水の反射を受けて光る窓ガラス、というあくまで私の好みのものがそこにはある。

そして壁には美しいバラの花が描かれたステンドグラスも。

ホットケーキセットも大変お手頃な値段で、アメ横まで行かずに一休みする時は
ここはとても良いと思う。季節によって窓の外の景色もきっと変わっていくのだろう。

今年も、蓮の花を眺めて、たまには鰻でも食べて、ここで珈琲でも。
そうやって楽しいことを一つ一つ見つけて、夏を乗り切っていく。

★住所:東京都台東区上野2-14-28 きぬやホテル内
★TEL:03-3833-1916

上野・黒門1

上野・黒門2

上野・黒門3

上野・黒門4

上野・黒門5

上野・黒門6

上野・黒門7

上野・黒門8

上野・黒門9

上野・黒門10

PageTop

千葉・京成津田沼・コーヒーハウス チャオ

初めて下車する駅の建物が真新しいと少し寂しい気持ちになる。

素敵な喫茶店が存在しているのではないかという、ずっと昔から
そこにあるビルにだったらするような期待が一瞬で消えてしまうからである。

京成線も好みの線で、特に明るいうちに東京方面から千葉方面へ向かう窓の外の
景色を眺めるのが好きで、もっとゆっくり時間を取って出かけたいと思っている。

今回は、初めて下車した京成津田沼駅のこと。
前日に知人と話していて、ふと喫茶店を探しに出かけてみようと思い立ったのだった。

そして、街へ出るより先に、改札を出てすぐの場所に二つもの喫茶店を見つけた。

今回入ってみたのはコーヒーハウス チャオのほう。もう一軒のガロという店も
店名の字体からして素敵だったのだが、賑わっていたので今回は断念した。

年季の入ったメニューのサンプルケースにホットケーキを見つけるといつも注文してしまう。
この日は、飲み物も敢えてソーダ水にして喫茶店らしさを楽しむ。

良く晴れた日の午後で、陽射しの当たったホットケーキの色は何とも言えず美しい。
可愛らしいレースのコースターに載せられたソーダ水もキラキラとしていた。

★住所:千葉県習志野市津田沼5-12-12 サンロード津田沼3F
★TEL:047-451-2663

京成津田沼・チャオ1

京成津田沼・チャオ2

京成津田沼・チャオ3

京成津田沼・チャオ4

京成津田沼・チャオ5

京成津田沼・チャオ6

京成津田沼・チャオ7

京成津田沼・チャオ8

京成津田沼・チャオ9

京成津田沼・チャオ10

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。