純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・立石・コーヒー&ピザ たんぽぽ

取り立てて新しいところはない。しかし、居心地が良い。

そんな喫茶店が、自分にとっては良い喫茶店だと改めて思ったのは、
ここで一時間ほど過ごした後のことだった。

少し薄暗い照明、ほどほどに愛想の良いマスター。小さめに流れる音楽。
苦い珈琲に、ゆったりと座れる椅子。種類の揃っていない漫画。
まばらに座り、それぞれの時間を過ごす人たち。賑やか過ぎない話し声。

簡単なようで、この条件が全部揃うのはなかなか難しい。

旅先では非日常であっても、毎日の中で訪れる喫茶店の時間は日常の一時である。
だからこそ、緊張することなく、穏やかに過ごせることが大切になってくる。

どんなに店内の様子が素敵でも、どんなに珈琲が美味しくても、緊張してしまう
空気が流れていると、そわそわとしてすぐに席を立ってしまうので満喫出来ない。

場合によっては、ある目的のために喫茶店に入ることもあるが、だいたいの場合、
ただそこでぼんやりと過ごすことが目的なのであった。

店にいる間は、ただいつものようにゴルゴ13を読んでいた。
珈琲を飲み終えて、少し雨の降る夕方の街へ出た頃、そんなことを思った。

★住所:東京都葛飾区立石7-23-13
★TEL:03-3694-9268

立石・たんぽぽ1

立石・たんぽぽ2

立石・たんぽぽ3

立石・たんぽぽ4

立石・たんぽぽ5

立石・たんぽぽ6

立石・たんぽぽ7

立石・たんぽぽ8

スポンサーサイト

PageTop

東京・高田馬場・coffee&snack エスペラント

ここもまた、何度か通った道なのにすっかり見落としていた喫茶店だった。

メニューのサンプルケースの色褪せた具合に惹かれたが、スナックという看板が
珈琲を一杯、という気軽な利用をして良いものか、一瞬迷わせた。

しかし、黒板のようなものにホットケーキセット、という文字を見つけて
安心して扉を開ける。ちょうど誰もいない贅沢な貸切の時間だった。

入り口の近くには、いくらかの漫画が入った本棚とあたたかそうなストーブが
置いてあった。その近くの席に腰を下ろす。

マダムお手製のチーズケーキと珈琲を注文してから、座ったまま伸びをする。
すると、背もたれの部分がぐるっと後ろに反り返った。少し驚いたが、面白い椅子だった。

随分と居心地が良くて、思いの外長居をしてしまった。にこやかなマダムも良い。
こうやって、訪れる回数の少ない街をどんどんと好きになっていくのだ。

★住所:東京都新宿区高田馬場2-8-5
★TEL:03-3200-6912

高田馬場・エスペラント1

高田馬場・エスペラント2

高田馬場・エスペラント3

高田馬場・エスペラント4

高田馬場・エスペラント5

高田馬場・エスペラント6

高田馬場・エスペラント7

高田馬場・エスペラント8

高田馬場・エスペラント9

高田馬場・エスペラント10

高田馬場・エスペラント11

高田馬場・エスペラント12

PageTop

東京・浅草・喫茶 ニューフロンテ

喫茶店がそこにあるというだけで嬉しくなるのだが、
看板や店内の様子の当時の面影を残した度合いが大きいと更に嬉しい。

浅草界隈には、まだまだ古い喫茶店が多い。
ぐるりとまわって、一通り行ったつもりでいても、少しいつもと違う道を
歩くだけで新しい発見があるのが面白いところである。

雨の中、青々と輝くニューフロンテの看板は、とても美しかった。
吸い寄せられるように店の前まで近付く。ガラスケースに入っていた
ブルーハワイソーダに目を奪われた。

入り口付近には、珈琲分布地図(確か)のようなものが貼られ、椅子は
淡い緑色で統一されている。

青い炭酸水を頼もうかと思ったが、メニューを見たらイチゴジュースが
あったので、そちらを選んでしまった。しばらくするとカウンターの中から
ミキサーの鳴る音がした。運ばれてきたジュースは、甘いイチゴミルクの味がした。

ここは、夜23時まで営業しているのも嬉しい。
夜の浅草散策を充分に楽しんだ後、ひっそりと待っていてくれる場所。

★住所:東京都台東区浅草4丁目18-7
★TEL:03-3875-1922

浅草・ニューフロンテ1

浅草・ニューフロンテ2

浅草・ニューフロンテ3

浅草・ニューフロンテ4

浅草・ニューフロンテ5

浅草・ニューフロンテ6

浅草・ニューフロンテ7

浅草・ニューフロンテ8

浅草・ニューフロンテ9

浅草・ニューフロンテ10

浅草・ニューフロンテ11

浅草・ニューフロンテ12

浅草・ニューフロンテ13

浅草・ニューフロンテ14

PageTop

東京・日本橋・喫茶 薔薇窓

ふと、薔薇の花の包装紙を思い出し、そういう訳だったのかと
一人納得したのは、ここで珈琲を飲んでからずっと後のことだった。

ある日の夜、用事があって、久しぶりに日本橋の高島屋へ出かけた。
ぐるりとまわった後、喫茶室はなかったか、と案内図を見ていると、
階段の途中に小さな喫茶室があったのを思い出した。

素敵な手摺の横のモチーフを眺めながら階段を下る。
桃色のメニュー看板が可愛らしい。

店内はいたってシンプルな造りで、壁にかけられたプラスチックのバラの花の
飾り以外には、特にバラのモチーフであふれているわけではなかった。

それでも、天井をふと眺めてみると、換気扇の形が花のつぼみのように見えてきた。

少し酸味の強いアイスコーヒーを飲みながら、遠くで聞こえるアナウンスに耳を澄ます。
デパートのこのちょっと特別な雰囲気が好きだと思う。

階段途中にある小さな喫茶店には、ケーキセットやサンドイッチなどもあるようだ。
またふらりと、静かな空間に休憩をしに出かけよう。

★住所:東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋 M2F
★TEL:03-3211-4111

日本橋・薔薇窓1

日本橋・薔薇窓2

日本橋・薔薇窓3

日本橋・薔薇窓4

日本橋・薔薇窓5

日本橋・薔薇窓6

日本橋・薔薇窓7

日本橋・薔薇窓8

日本橋・薔薇窓11

日本橋・薔薇窓12

日本橋・薔薇窓13

日本橋・薔薇窓14

日本橋・薔薇窓15

日本橋・薔薇窓16

PageTop

東京・白山・珈琲 サム

白山駅を地上に出てすぐのところにある、喫茶店 サムのこと。

一度目に訪れたときは、もう灯りが消えていてあまりにもひっそりと
していたので、もう営業はしていないのかもしれない、とさえ思った。

しかし、しばらくしてもう一度訪れてみると、静かではあるものの
白いレースのカーテン越しにあたたかい光が点っているのが見えた。

妖しく光る緑色の看板もとても良い。中を覗くと高齢の女性が二人。
にこにこと笑いながら、珈琲を飲んでいる。何だか安心して入り口付近の席に座る。

飲み物が運ばれてくるまでの間、机に貼られたメニューを眺めながら
先客の二人の会話をそっと聞く。どうやら春の話をしているみたいだ。

何処の桜が綺麗、とかあの店のご飯が美味しい、とか。
もう少しあたたかくなって、次の季節が来たら、一緒に桜を見に行こうという約束も。

違うテーブルの隅っこから勝手にそれを聞いていた私は、心がじんわりとあたたかくなった。

少し先の約束というのはとてもいい。それが、好きな人たちとのもので、明るいものなら尚更。
今年も綺麗な桜が咲きますように、雨ですぐに散ってしまわないように、そんなことを願う。

ぽってりとしたカップになみなみと注がれた熱いココアは、いつもよりも甘い。

★住所:
★TEL:

白山・サム1

白山・サム2

白山・サム3

白山・サム4

白山・サム5

白山・サム6

白山・サム7

白山・サム8

PageTop

マッチ箱コレクション *21*

いつも純喫茶コレクションをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

あっという間に2月も半分が過ぎ、雪が降るなど寒い日々が続いておりますが、
私はどうにか風邪も引かずにゆらりと暮らしております。皆様はいかがでしょうか?

雪の季節が来ると、寒さを感じながらもそろそろ冬が終わるのだな、と実感するのです。

大好きな春がやって来る、と言いたいところですが、数年前から悩まされるようになった
花粉のことを考えるともう少し冬のままでもいいな、と思ったり。

あたたかい珈琲の季節も真っ盛り。私の喫茶店巡りも順調に続いております。
ここのところ、今まで以上にマイペースな更新になっておりますが、お暇なときに
お付き合いいただければ幸いです。これからもよろしくお願い致します。

記事への拍手コメントもいつも有難く頂戴しております。ただ、そちらへの返信は
出来ないため、何かお返事をしたいときもそのままになってしまうので、もしやり取りが
可能な方は、画面左下のメールフォームからお便り下さると幸いです。

DSC09592.jpg

そういえば、まだ年賀状をお返ししていない方が数名。ごめんなさい。近いうちに便りを出します。

【京都・河原町・TEA HOUSE 築地】

DSC07549.jpgDSC07550.jpgDSC07551.jpg

【東京・高円寺・カフェ ブ~ケ】

DSC07543.jpgDSC07544.jpgDSC07545.jpg

【新潟・西堀通り・modern Jazz & coffee SWAN】

DSC07529.jpgDSC07530.jpgDSC07531.jpg

【大阪・西成・COFFEE SHOP 伊吹】

DSC07532.jpgDSC07533.jpgDSC07534.jpg

【東京・亀有・純喫茶 クラウン】

DSC07508.jpgDSC07509.jpgDSC07510.jpg

PageTop

東京・根津・喫茶 パレット

素敵な模様の赤い椅子が並ぶ喫茶店には、何度も何度も足を
運んだのに、なかなか入れないままでいた。

いつも、中に人の気配を確認するのに、電気が消えている。

カフェや居酒屋と違って、街の喫茶店にはHPがあるところは少ない。
入り口周辺に営業時間が書かれていると有難いのだが、そういったところも
半分くらいなので、扉が閉まっていると閉店時間を尋ねることも出来ず、
またしばらくして足を運ぶ、ということを繰り返している。

よほど遠いところなら事前に電話で確認することもするが、一方、直接訪れてみて、
「今日も駄目だった」というスリリングな気持ちを味わいたいのかもしれない。

さて、根津駅から徒歩30秒ほどのこの喫茶店。

「カレーナポリタン」というオリジナルの料理がある。名前の通り、カレーの
ルーの中にナポリタンが載せられているものらしいが、メニューで確認したのみで
今回は注文するに至らなかった。次は頼んでみようと思う。

この日は、普通のナポリタンとアイスコーヒーのセットにした。
あっさりしていて、とても好みの味だった。麺がつやつやしている。

いろいろな人が訪れる喫茶店、というパレットの上で、毎日毎日色が混ざり合うのを
マスターはきっと今日もあたたかく見守っているのだろう。

★住所:東京都文京区根津2-19-4
★TEL:03-3823-3496

本郷・パレット1

本郷・パレット2

本郷・パレット3

本郷・パレット4

本郷・パレット5

本郷・パレット6

本郷・パレット7

本郷・パレット8

本郷・パレット9

本郷・パレット10

本郷・パレット11

本郷・パレット12

本郷・パレット13

本郷・パレット14

PageTop

東京・築地・マップ

不思議なもので、何度か通った道でもその時は気がつかないで
ある時ふと目に飛び込んでくる喫茶店というものがある。

ここ、喫茶 MAPもそうだった。

以前、勤務地が八丁堀だったこともあり、築地は時間のある時に
寄り道がてら良く散策して帰ったし、目の前の喫茶 ひよ子にも
何度か行ったはずなのに、全く知らないまま通り過ぎていた。

今思い出してみると、当時の八丁堀には素敵な喫茶店がいくつかあった。
喫茶店に恋をして、狂い始めた頃、もう一度訪れてみると、そのうちの
半分は既に跡形もなく消えていたので、とても残念な思いをしたのだが。

MAPはとても静かな喫茶店だった。勝手なイメージだが、夏の暑い日に
ここでゆっくりと時間を過ごすのはとても良さそうだと思った。

高くて美味しい珈琲も好きだが、さっと出てくる300円の珈琲は有難い。

余談だが、昔、朝4時に起きて、築地市場にてマグロのセリを眺めてから
寿司を食べ、仕事に向かったことがあった。
美味しくて幸せで一日夢の中のようだったのは、只の睡魔のせいだけではないはず。

築地周辺には、まだ訪れていない喫茶店がいくつもある。またゆっくりと散策を。

★住所:
★TEL:

築地・マップ1

築地・マップ2

築地・マップ3

築地・マップ4

築地・マップ5

築地・マップ6

築地・マップ7

PageTop

東京・曳舟・珈琲 ジロー

ここでも綴っている通り、毎日のように喫茶店を探して歩いたり、
喫茶店の話ばかりしていると、周りの友人たちには、どうしてそんなにも
夢中なのか、とあきれられる反面、「好きそうな場所を見つけたよ」と
教えてくれたり、わざわざメールにて知らせてくれたりする。

それはとても有難いことである。

良く訪れる地域でさえも、一本道を変えるとまだまだ知らなかった喫茶店が
あったりするのだ。東京に存在する喫茶店の数は思ったよりもずっと多い。

以前、タウンページで「東京 喫茶」と検索をしてみたらざっと3500軒くらい
出てきた。私の訪れた喫茶店の数は、都内ではまだ450軒くらいだろう。先は長い。

そういうわけで、闇雲に歩き回るよりも目的地がはっきりしているほうが
良い場合もある。ただ、ぶらぶらと歩き回っている時に偶然喫茶店を見つけた感動も
もちろん大切で、一種の中毒のようになってしまっているのだが。

珈琲 ジローも知人に教えてもらった。曳舟は何度も訪れている場所だったが、
なぜかこちら側には足を運んでいなかった。見つけた瞬間、外観にときめく。

そんなに広くは無い店内には、たくさんの光が射し込み、とても明るい。

いつものようにナポリタンとアイスコーヒーを注文して待つ。漫画がたくさん
あるので少しも退屈しなかった。大きめに切られた野菜の入ったナポリタンは美味しかった。

時間を気にせず、ひたすらのんびりする。それだけでいつもの何倍も時間を大切に感じる。
そういう場所を持っていることが、とても嬉しい。

★住所:東京都墨田区東向島2-31-19
★TEL:03-3619-8366

曳舟・ジロー1

曳舟・ジロー2

曳舟・ジロー3

曳舟・ジロー4

曳舟・ジロー5

曳舟・ジロー6

曳舟・ジロー7

曳舟・ジロー8

曳舟・ジロー9

曳舟・ジロー10

曳舟・ジロー11

曳舟・ジロー12

曳舟・ジロー13

PageTop

東京・千石・コーヒー&レストラン フェニックス

散策の途中に出会った店だった、というと聞こえがいいが、実のところは、
目的の場所に辿り着けず道に迷いかけた時に偶然発見した喫茶店だった。
寒くて暗い冬の夜に「COFFEE」の文字は特別にあたたかい。

外観は灯りが少なく、遠めには営業時間が終わってしまったように見えたが、
中を覗くと食事をしている人たちがまだいたので、扉を開ける。

突然の出会いはいつでも嬉しい。こんな素敵な喫茶店なら尚更だ。

夕飯もまだで、お腹も空いていたので軽く食べることにしてメニューを眺める。
食事の種類も豊富で、いつものようにナポリタンにしようと思っていたが、
バジリコスパゲティにした。紙ナプキンや机に置かれているマッチ箱のイラストが可愛い。

スパゲティは紫蘇の味が良く効いていた。珈琲は苦くあたたかくじんわりと沁みる。

寒い中、歩き通しで少し疲れていたが、予想外の出会いがそれを忘れさせた。

帰り際、扉の外まで丁寧に見送ってくれた感じの良いマスターに手を振りながら
また最初の目的地を目指して歩き出す。今度はすんなり辿り着けた上に、
その周辺にたくさんの喫茶店を見つけた。先日記した「貴苑」もそのうちの一つ。

珈琲を飲む、ゆっくりと座る、そのことは私にとって最大の気分転換である、と思う。

他の喫茶店の話は、また後ほど。

★住所:東京都文京区白山5-17-18
★TEL:03-3944-4834

千石・フェニックス1

千石・フェニックス2

千石・フェニックス3

千石・フェニックス4

千石・フェニックス5

千石・フェニックス6

千石・フェニックス7

千石・フェニックス8

千石・フェニックス9

千石・フェニックス10

千石・フェニックス11

千石・フェニックス12

PageTop

東京・綾瀬・Coffee &Parlor 藤

線路の下にある喫茶店にたまに出会うが、電車が通るたびに
ガタゴトと賑やかな音がするのがとても好きだ。

綾瀬駅の近くにあるパーラー(今まで曖昧な解釈だったが、調べてみると
「洋菓子や飲み物を主とした軽飲食店。 語源は古フランス語で話をする所の意。」
とのこと。)藤は、黄色い看板に素敵な字体で店名が記されていた。

通り過ぎるふりをして中をちらりと覗くと、どうやら店主の家族らしき人たちが
食事をしている。邪魔してしまうのも悪いか、と思ったが、看板とお揃いの
黄色い椅子に魅かれて扉を開けてしまった。

先ほどの心配は余計なお世話だったのか、と安心するほど、店の人たちは
快く迎え入れてくれた。窓際には漫画がずらりと並んでいる。何を読もうかと
上の空のまま、タマゴサンドとアイスコーヒーを注文した。

タマゴサンドのパンは外側がカリッと焼けていて美味しい。
アイスコーヒーが小さな木のトレイに載せられて出てきたのも嬉しかった。

漫画を読みながら、少しの間をそこで過ごした。相変わらず電車は上を走っている。
そんなことが当たり前の毎日であるこの喫茶店のことを、とても良いと思った。

★住所:東京都足立区綾瀬3-1-25
★TEL:03-5616-0209

藤・綾瀬1

藤・綾瀬2

藤・綾瀬3

藤・綾瀬4

藤・綾瀬5

藤・綾瀬6

藤・綾瀬7

藤・綾瀬8

藤・綾瀬9

藤・綾瀬10

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。