純喫茶コレクション

好きなものは、昭和の香りがするもの。  純喫茶に恋をして、もうかれこれ数年。  部屋にあふれる昔のレトロな雑貨たち。  そんな風に大好きなものたちを紹介していけたら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京・東日本橋・喫茶 Alps(アルプス)

都営浅草線の東日本橋駅か、都営新宿線の馬喰横山駅を地上に出て、
問屋街のほうへ歩いていくと、この店が現れる。近くには、三景というレストランもある。

この界隈一帯は、日本最大の現金問屋街であるらしく、洋品店が軒を連ねていた。

どんなものが売られているのか少し興味をひかれながらも、
(この日、横目で見たのはパーティー会場で着るのか、ラメだらけのドレスなど)
寄り道はせずに目的の喫茶店に向かって歩く。

今まで遅い夕方に訪れたことがあったが、、かろうじて灯りは点いていても
「もう今日はおしまいです」というマスターの言葉を何回か聞き、残念な気持ちで帰った。
しかし、この日は扉が開いていて、中へ入ると同時に「いらっしゃいませ」という言葉を
聞くことが出来た。他には、談笑するサラリーマンが一組。

とても好みの喫茶店だったので、壁紙を見たり、椅子の艶を確かめたり、
シュガーポットを撫でてみたり、とその度にいちいち気持ちが高ぶる。

店内は、空調が効いていなかったようで少し蒸し暑かった。アイスオレをお願いする。
カウンターの中で、氷を砕く作業はマスターの奥様らしき女性が行っていた。
マスターは、レジのほうへ行ったり来たり。白いシャツに黒いネクタイが素敵だ。

運ばれてきたアイスオレには、あらかじめシロップが入っていた。ちょうど良い甘さだ。

少し忙しない気持ちでいたのに、ここへ入った瞬間、そんなことを忘れてしまうほど、
ゆったりとした気持ちになった。良い喫茶店の魔法は、時としてこんな風にかかる。

しばらくの間、ぼんやりと手紙を書いたり、気になっていたことを調べたりして過ごした。

そうしているうちに、店内にはもう誰もいなくなっていたので、閉店の時間か、と焦る。
慌ててレジへ向かうと、そうではなかったようで、マダムがにっこりと教えてくれた。

「素敵な店だ」ということを伝えると、「もう古いから改装したいけれど、出来ない」と言う。
「このままが素敵だからこれで良いのではないか」と返すと、マダムはにっこりと笑った。

こういうやり取りを何度かしてきていつも思うことは、喫茶店のオーナーは皆、
口を揃えて「古いだけだ」というが、彼らが思っている以上に、それは魅力的なことで、
そして、彼らも自分の店を大切に大切にしている、ということだ。

だからこそ、いつまでも続いていってほしいと願ってしまう。

営業時間が夕方までの喫茶店は、なかなか足を運ぶのが難しいが、
これからも時間を作って、少しずつでも訪れたい。無くなってしまってからではもう遅いのだから。

そんな風に言い訳をして、今日も明日もせっせと喫茶店へ通う。

★住所:
★TEL:

アルプス 東日本橋1

アルプス 東日本橋2

アルプス 東日本橋3

アルプス 東日本橋4

アルプス 東日本橋5

アルプス 東日本橋6

アルプス 東日本橋7

アルプス 東日本橋8

アルプス 東日本橋9

アルプス 東日本橋10

アルプス 東日本橋11

アルプス 東日本橋12


スポンサーサイト

PageTop

東京・北千住・ミルクホール モカ

長い間、コーヒーと書かれた白い暖簾のかかるこの店で、
一休みをしたいと思っていたが、先日やっと叶った。

駅からは随分と歩く。荒川がもうすぐそこだ。交通の便はあまり良くない。
それでも、ミルクホール、という響きと、この外観にひかれてやって来る人が
たくさんいるのだろう。私もそのうちの一人だった。

中はこじんまりとしていて、喫茶店というよりは地元の人のための小さな食堂だ。

まぶしい橙色のテーブルは、よく磨かれていて照明が反射するほど。

アイスココアとナポリタンと厚切りトーストを注文した。

厚切りトーストは、竹のザルの上に載っていてバターと2種類のジャムがついてきた。
アイスココアはよく練られているのか、もったりと濃厚で美味しい。

カウンターの中から、野菜を刻んだり、それを炒めたりする美味しそうな音が
響いてまもなくしてから、ナポリタンも運ばれてきた。こちらも美味しそうだ。

実際に、食事も飲み物も美味しかった。
そうしているうちにも、馴染みらしい人たちが家族連れで入ってきては
夜ご飯を頼んでは、食べ始めた。ちらっと覗き見をしたが、どれも美味しそうだった。

記憶がはっきりとはしていないが、ここはあまり天井が高くないように思う。
かといって圧迫感があるわけではなく、なんだか居心地の良い空間に
守られているような感じがした。

外へ出ると、いつの間にかどしゃ降りの雨が始まっていた。
先ほどまでの心地良い空間を名残惜しく思いながら、駅への道を急ぐ。

★住所:東京都足立区千住元町38-1
★TEL:03-3881-1815

モカ 北千住1

モカ 北千住2

モカ 北千住3

モカ 北千住4

モカ 北千住5

モカ 北千住6

モカ 北千住7

モカ 北千住8

モカ 北千住9

モカ 北千住10


ブログ


【FC2BLOG 無料・容量1GBの簡単ブログ】

サーバー・レンタルサーバー


【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】

カウンター


【無料!FC2カウンターに登録しよう!】

PageTop

東京・渋谷・珈琲専門店 論

いつも賑わっていて、あまり得意ではない渋谷の街だが、名曲喫茶ライオンなど
素敵な喫茶店もあるので、たまにはあえて雑踏の中の静かな空間で一休みするのも
いいものかもしれない、と思っている。

前々から入ってみたかった珈琲専門店 論に灯りが点いているのを見たのは、
今回が初めてのことだった。夜には真っ暗だった店内が、活気付いているのは嬉しい。

渋谷駅からすぐ、とはいえ、ひっそりとした坂道の途中にあるので、黒と黄色の
大きな看板が出ていなければ、ぐるぐると探し回ってしまいそうだった。

短い階段を下りると入り口があり、その前には年季の入ったメニューサンプルが置いてある。

中は少々煙草臭かったが、思ったよりも広かったので一番奥の席へ行ったら
そんなには気にならなかった。

たくさんの文字が並ぶメニューの中から、タマゴサンドとアイスコーヒーを注文する。
店で働くのは、可愛らしいマダムたちで、にこやかでいて皆動きも機敏なのが良い。

ぼんやりしていると、大きなお皿に載った6切れのタマゴサンドとポテトチップスが運ばれてきた。
だいぶおなかが空いていたはずなのに、食べても食べてもなくならないようなボリュームだった。

後で知ったのだが、ここはナポリタンもとても美味しいようだ。次はそちらを。

しばらくの間、ここで寛ぎ、渋谷にいることをすっかり忘れてしまっていたが、マッチ箱を
お土産に外へ出ると、やはりここは渋谷だったのだ、とすぐに思い出す喧騒だった。

★住所:東京都渋谷区道玄坂1-10-7
★TEL:03-3461-9698

論 渋谷1

論 渋谷2

論 渋谷3

論 渋谷4

論 渋谷5

論 渋谷6

論 渋谷7

論 渋谷8

論 渋谷9

論 渋谷10

論 渋谷11

論 渋谷12

論 渋谷13

論 渋谷14

論 渋谷15


無料・レンタル・掲示板




ホームページ




カウンター



PageTop

東京・八広・純喫茶 ナルサワ

先日、何となく思い立って下車してみた八広駅には、いくつかの素敵な喫茶店があった。
少し暑い日だったので、一休みを兼ねてその内の何軒かに入った。

その時に、一番初めに入ったのがここ、純喫茶 ナルサワだった。

失礼な話だが、横断歩道の駅側からこの建物を見たとき、すでに
営業は昔に終わっていて、喫茶店の跡地として存在しているのであろう、と思った。

昼の光に照らされて、中の様子が全く見えなかったことと、あまりにも
年季の入った外観がそう思わせたのだが、信号が青に変わり、近くへ行ってみると
まだまだ現役で営業しており、中では3人もの店員さんが忙しそうに動き回っていた。

嬉しくなって、すぐに扉を開ける。まず、目に入ったのが、天井にある大きな照明だった。
北千住の飲み屋街にある ティールーム みゆきを思い出す。

テーブルは、半分くらいがゲーム台で、窓際の席に座る高齢の男性が、
小さな声で何かをつぶやきながら、ゲームに夢中になっていた。

つられて私もゲーム台のテーブルを選ぶ。すると、親切心からか、店員さんが
「足元が狭いので他の席へどうぞ」と勧めてくれた。しかし、丁重にお断りし、
そのままゲーム台の席で、少し足を曲げたまま座った。何となく、そんな気分だったのだ。

メニューを一通り眺めてから、冷たいココアをお願いして、
運ばれてくるまでの間、窓の外を行き交うバスやトラックを眺めていた。

店の中のほうが、地面の位置が低いのか、それとも錯覚だったのか分からないが、
じっと外を見ていると、まるで現実の世界ではなく、映された世界のようで、
大きな窓がスクリーンのように思えてきた。

「お待たせしました」の一言で、我に返り、冷たいココアにストローを差す。
いつもあまり甘い飲み物は飲まないが、この日のココアは本当に美味しかった。

それから、何人かの近所の人たちが飲み物を飲んだり、煙草を吸ったりするのを
眺めて店を後にした。もう9月だというのに、外は夏のように暑いままだった、この日は。

★住所:東京都墨田区八広4-24-7
★TEL:03-3611-0557

ナルサワ1

ナルサワ2

ナルサワ3

ナルサワ4

ナルサワ5

ナルサワ6

ナルサワ7

ナルサワ8

ナルサワ9

ナルサワ10

ナルサワ11

ナルサワ12

ナルサワ13

ナルサワ14


FC2PIYO 




フォーム




ブログ



PageTop

神奈川・長谷・かうひいや3番地

以前、吉祥寺にあった好きな喫茶店は、知らない間に閉店していた。
店の名前は、かうひいや3番地、といってとても居心地の良い店だった。
(吉祥寺店の記事も書いたつもりでいたが、探したらなかったのでまた後日に。)

ところが、そこのマスターは鎌倉に地を移して、また美味しい珈琲を
淹れていることを知った。それも、一軒の古民家という素敵なところで。

先日、さっそく訪れてみた。
長谷駅の路地を抜けた壁に、ひっそりと店の看板が吊るされていて、よく見ていないと
見落としてしまいそうだった。店構えも、外から見る限り、一見普通の住宅だった。

扉をガラガラと開け、中の様子を覗くと、珈琲豆のいい匂いがする。
吉祥寺にいたときよりも、さらに笑顔のやわらかくなったマスターがにっこりと顔を出す。

ちょうど展示をやっていたようで、壁には素敵な絵がたくさん飾られていた。
窓際の席を目指しながら、軽く目で追う。注文をしてからじっくりと見ることにした。

店内の家具は古いもので揃えられていて、控えめな照明とその茶色がよく合う。

運ばれてきた珈琲はやっぱり美味しかった。飲む前に、顔を近づけるととても
いい匂いがして、幸せな気持ちになる。しばらくそれを何度も嗅いだ。

窓の外がだんだん夕方の色に染まってきて、暗くなっていくのを眺めた。
まるで、居心地の良い誰かの部屋にお邪魔したようで、ずっと居たくなるそんな空間だった。

次は、とても寒い季節にまたここへ来たいと思った。その時はチーズケーキも食べよう。

玄関を出ると、先ほどもいた黒猫が門の外まで案内をしてくれた。後を追って帰る。

★住所:神奈川県鎌倉市長谷2-20-32
★TEL:0467-22-5178

かうひいや3番地 鎌倉1

かうひいや3番地 鎌倉2

かうひいや3番地 鎌倉3

かうひいや3番地 鎌倉4

かうひいや3番地 鎌倉5

かうひいや3番地 鎌倉6

かうひいや3番地 鎌倉7

かうひいや3番地 鎌倉8

かうひいや3番地 鎌倉9

かうひいや3番地 鎌倉10

かうひいや3番地 鎌倉11

かうひいや3番地 鎌倉12

かうひいや3番地 鎌倉13

かうひいや3番地 鎌倉14

かうひいや3番地 鎌倉15

かうひいや3番地 鎌倉16

かうひいや3番地 鎌倉17

かうひいや3番地 鎌倉18


サーバー・レンタルサーバー




FC2プロフ




ホームページ



PageTop

東京・竹ノ塚・COFFEE HOUSE エリカ

竹ノ塚駅近くに素敵な喫茶店がある、という情報をいただいたので
さっそく、足を伸ばしてみた。この駅も、下車するのは初めてのことである。

住所も調べずにふらりと行ったのだが、駅から見える小さな商店街の入り口に
ひかれてそちらへ向かったら、すぐに見つけることが出来た。

枯れた植物の絡まった壁に、エリカ、と素敵な字体の看板が見えた。

とても大きな喫茶店で、外から見るだけでもかなりの席数がある。
メニューサンプルも、手書きの食事メニューも良い感じで、期待が高まった。

店内に入ると、笑顔のやわらかな高齢の女性が迎え入れてくれた。
どの席に座ろうか、と一瞬の間、迷う。大きく分けて二つの空間の奥のほうを選んだ。

杯を掲げる美しい女性が描かれたステンドグラスを見つめる席に座る。
この日の注文は、ナポリタンとアイスコーヒー。

「本日のメニュー」という紙が立てかけてあって、そこに載っていたメニューは
カレーライス、牛丼、サーモン丼(記憶が曖昧である)などで一律500円くらいであった。

ナポリタンは、ケチャップが甘くてとても好きな味だった。麺は少し香ばしい。

広くて、照明が薄暗く、雑誌などが常備してある喫茶店というのは間違いなく居心地が良い。

この日も、まだまだ長居したかったが、日の明るいうちに散策を続けたかったこともあり、
後ろ髪を引かれながらも店を出た。また近くを通りかかったら、のんびりすることにしよう。

★住所:東京都足立区西竹の塚2-1-24
★TEL:03-3899-2595

エリカ 竹ノ塚1

エリカ 竹ノ塚2

エリカ 竹ノ塚3

エリカ 竹ノ塚4

エリカ 竹ノ塚5

エリカ 竹ノ塚6

エリカ 竹ノ塚7

エリカ 竹ノ塚8

エリカ 竹ノ塚9

エリカ 竹ノ塚10

エリカ 竹ノ塚11

エリカ 竹ノ塚12

エリカ 竹ノ塚13

エリカ 竹ノ塚14

エリカ 竹ノ塚15

エリカ 竹ノ塚16

エリカ 竹ノ塚17

エリカ 竹ノ塚18

エリカ 竹ノ塚19

エリカ 竹ノ塚20


ブログ




FC2PIYO 




サーバー・レンタルサーバー



PageTop

東京・曳舟・純喫茶 キャノン

八広周辺を、ぐるりと散策した夕方の続きである。

特に目的も決めないまま、野良猫の後を追いかけたり、
路地裏の洗濯物を見上げながら適当に歩いたり、美味しそうな台所の
匂いにふらふらと引き寄せられたりしていたら、いつの間にか曳舟まで来てしまった。

大きな道路沿いに出てしまったので、そろそろ浅草方面へ向かおう、と歩いていた。

すると、信号待ちをしていた道路の向こう側に「喫茶」の文字を見つけてしまった。
特別に喉は渇いていなかったが、少し暑かったのと「喫茶」や「珈琲」という文字を
見ると、吸い寄せられてしまう性質を持っているので、自然と足はそちらへ向かった。

大きな窓に囲まれているが、曇りガラスのため、中の様子を伺うことが出来ない。
とりあえず、扉を開けて中へ入ってみると、想像よりもずっと広い店だった。

店内で新聞を読んでいたマスターが、くるりと振向き、いらっしゃい、と迎えてくれた。
一番奥の、ゲーム台の席に腰を下ろし、アイスカフェオレをお願いする。

歩き回ったせいで、少し体温が上がっていたので手元にあった紙でパタパタと風をおこした。
すると、カウンターの中からそれを横目で見ていたマスターが、何も言わずに
エアコンの温度を下げてくれたようだった。店内は涼しくなり、私の汗はひいた。

こういう何気ない気配りに、私はいつも感動してしまう。
マスターとは、その後目が合わなかったので、心の中でお礼を言った。

カフェオレを飲み干し、雑誌を一冊めくり、帰り際にマッチ箱の話を少しした。
それまで、無表情だったマスターの顔に、とても良い笑顔が広がったことが嬉しい。

扉を開けて外に出ると、店内で鳴っていたレゲエの音が少しずつ遠ざかっていった。
夕暮れの終わりも少しずつ早くなって、夏が終わっていく。

★住所:東京都墨田区東向島3-38-6
★TEL:03-3610-1702

キャノン 曳舟1

キャノン 曳舟2

キャノン 曳舟3

キャノン 曳舟4

キャノン 曳舟5

キャノン 曳舟6

キャノン 曳舟7

キャノン 曳舟8

キャノン 曳舟9

キャノン 曳舟10


FC2プロフ




フォーム




無料・レンタル・掲示板



PageTop

東京・北千住・喫茶&パブ アロハ

遠くから、喫茶、の文字を見つけて嬉しくなったのも束の間、
その下には、パブ、という文字も一緒に並んでいた。

純粋な喫茶店なら、入りにくいことはあまりないが、昼間から
パブ営業している店だと、近所の人たちの憩いの場だったりするので、
一見の者がひょいと入るには、ちょっと難しいことが多々ある。

しかし、アロハ、という看板の字体に見惚れたついでにとガラスの扉から中を覗こうとして、
顔を近付けたらいつの間にかすぐ近くまで来ていたマダムと目が合ったので、少し驚く。

どうしようか、と思う間もなく、マダムが扉を開けてくれたので思わず
「珈琲を飲みたいのですが」と尋ねる。やはりそういう客は珍しいのか、
一瞬の間が空いたが、すぐに「どうぞ」と迎え入れてくれた。

壁一面にヤシの木の絵が描かれた店内は、なるほど夕暮れのハワイだ。
しかし、聞こえるのは奥様方が歌う演歌だったり、歌謡曲だったりするのが面白い。

窓の近くの席に腰を下ろし、アイスコーヒーをお願いした。
しばらく、店内を眺めたり、ぼんやりしたり、気ままに過ごしていたが、
突然先ほどとは違うマダムがにっこりと近付いてきて「一曲どうぞ」とマイクを向ける。

慌てて、丁重にお断りし、またコーヒーに口をつけた。

今までに数多くの喫茶店に足を運んできたが、カラオケを聞きながら過ごす、
というのは初めての経験だった。これはこれで貴重な一コマだった。

ご馳走さま、と外に出ると、中にいたマダムたちが皆で笑顔を向けて見送ってくれていた。

13時から18時までは1000円にて歌い放題のようだ。
カラオケが好きで、古い喫茶店がお好きな方には、是非お勧めしたい。

★住所:
★TEL:

アロハ 北千住1

アロハ 北千住2

アロハ 北千住3

アロハ 北千住4

アロハ 北千住5

アロハ 北千住6

アロハ 北千住7

アロハ 北千住8

アロハ 北千住9

アロハ 北千住10


旅ポケドットコム


国内格安航空券サイト旅ポケ.com

国内格安航空券サイトe航空券.com


出張に最適な航空券

予約宿名人


予約宿名人は宿泊料金を予算提示(値引交渉)ができる予約サイトです。

PageTop

東京・人形町・コーヒー&ハンバーガー レモン

何度訪れても、いや、訪れれば訪れた回数だけ、感嘆のため息をつき、
ますます好きになってしまう喫茶店というのがある。

人形町にあるハンバーガーと珈琲の店 レモンも、私の中でその一つだ。

一番初めに訪れたのは、もう5年くらい前だが、その後時間をおいて何度か訪れても、
最初に受けた衝撃が薄れることはなかった。もちろん、今回もだ。

薄いレモン色のカーテンがかけられた店内は、外からだとうっすらとしか見えない。
その中にあるであろう素敵な光景に、期待が高まる。

扉を開けると、想像以上の喜びで、毎回店内をじっくりと見渡してしまう。

今回は、たまごサンドとアイスコーヒーを注文した。
小さなカウンターの中で、きびきびと動き回る婦人の横顔がとても綺麗。

食べながら、横で流れていたテレビを少し見た。何かのドラマだったようで
婦人はじっと見ている。つられて私も画面に集中した。

時計がもう少しで17時を指す頃、物語は終わり、婦人は片付けを始めた。
アイスコーヒーの中に入っていた氷を食べようと、グラスを傾けていると、
婦人は笑いながら、パフェ用の長いスプーンを貸してくれた。そこから二言三言話した。

「ごちそうさまでした」と言い、帰りの扉を開けると、レモン色のカーテンが
ふわりと揺れた。やっぱりここは、何度来ても、完璧に素晴らしい喫茶店なのだった。

★住所:東京都中央区日本橋人形町1-7-7
★TEL:03-3666-2983

レモン 人形町1

レモン 人形町2

レモン 人形町3

レモン 人形町4

レモン 人形町5

レモン 人形町6

レモン 人形町7

レモン 人形町8

レモン 人形町9

レモン 人形町10

レモン 人形町11

レモン 人形町12

レモン 人形町13


サーバー・レンタルサーバー




FC2PIYO 




カウンター



PageTop

東京・石川台・石川台茶房 クラウン

石川台の駅には、十数年ぶりに降り立った。

街の散策をする前に、早速目の前に現れた喫茶店で一休みをすることにした。

同じ電車から降りた男性も、その店に吸い込まれるように入っていった。

いつからある店なのか分からないが、きっと古くからここにあるのだろう。
店内は、綺麗に改装されてはいたが、所々に見える家具が古い喫茶店のものだった。

窓際の席に腰を下ろし、アイスコーヒーを注文した。
ナポリタンでも食べようかと思ったが、とりあえずこの日は保留にしてしまった。

本棚から雑誌を持ってきてパラパラと目を通し、たまに線路に目をやる。
夕暮れの商店街は、何だかほっとしたような顔をしている、と思う。

テーブルに置かれた伝票をめくってみると、下に「純喫茶」の文字。
随分昔にこの駅を通った時に戻って、今の視線でこの街を眺められたら、と空想した。

★住所:東京都大田区東雪谷2-24-12
★TEL:03-3729-2353

クラウン 石川台1

クラウン 石川台2

クラウン 石川台3

クラウン 石川台4

クラウン 石川台5

クラウン 石川台6

クラウン 石川台7

クラウン 石川台8

クラウン 石川台9

クラウン 石川台10


無料・レンタル・掲示板




FC2プロフ




FC2PIYO 



PageTop

東京・八広・喫茶 まるや

京成押上線の八広駅周辺を、あてもなく散策していたら、いくつかの
素敵な喫茶店に出会った。その中でも、最も印象深かった店について先に。

喫茶店を目的として散策する時は、特に方向は決めずに、何となく
小さな商店街のありそうな方、もしくは大きな道路沿いを目指して歩いていく。

喫茶 まるやも、知らなかったのだが、しばらく歩いて少し暑さに疲れ始めた頃、
ふと姿を現したのだった。「氷」と書かれたのれんが、風にゆらゆらと揺れていた。

ガラスケースに入ったサンプルは、かき氷がメインで、他にはヤキソバや
ミルクコーヒー、ラムネ、クリームジュースなどがあった。

中を覗くと、高齢の婦人が机に向かって、何やら手紙のようなものを書いていた。

ガラガラと扉を開け、声をかけるも、聞こえなかったようだったので近くへ行き、
一休みすることが出来るか尋ねた。すると、満面の笑みでこちらを見上げて、
注文を聞いてくれたので、壁に貼られたメニューをざっと見て、氷ミルクをお願いした。

それとほぼ同時に、人の良さそうなマスターが外から戻ってきて、「いらっしゃい」と
こちらに向かって笑顔を見せた。その笑顔が、何だかとてつもなく良かった。
思わず、つられて私も一番いい笑顔になってしまったであろうほどだった。

かき氷機は、昔ながらの立派なもので、大きな音を立てながら、
みるみるうちに山盛りのふんわりとしたかき氷になって机に運ばれてきた。

ガラスの器にたっぷりと入れられたミルクも、甘過ぎないところが本当に美味しかった。

冷房はついておらず、入り口ではないドアが開け放たれていて、そこから
吹いてくる風が、やけに心地良い。使い込まれた橙色の椅子や、テーブル、
曇りガラスを照らす日光の具合など全てが、好みだった。ずっとここにいたくなってしまう。

思い出すだけで幸せな気持ちが甦ってくる、という素敵な店にまた出会ってしまった。
ヤキソバも気になったので、次回はそれとラムネと氷を食べに行こう。

★住所:東京都墨田区八広1-39-4
★TEL:03-3612-4473

喫茶まる1

喫茶まる2

喫茶まる3

喫茶まる4

喫茶まる5

喫茶まる6

喫茶まる7

喫茶まる8

喫茶まる9

喫茶まる10

喫茶まる11

喫茶まる12

喫茶まる13


FC2プロフ




ホームページ




サーバー・レンタルサーバー



PageTop

東京・久が原・コーヒーとお食事の店 金糸鳥(カナリヤ)

東急池上線の久が原駅を出て、歩き始めるとすぐに、カナリヤ、という
文字が目に入った。それが喫茶店だったので嬉しく思う。

入り口には、美味しそうな写真が貼られたメニューが飾られていて、
飲み物だけではなく、食事のメニューの充実している店だと分かる。

早速階段を上がって、扉を開けると美味しそうな匂いが漂ってきた。
カウンターの向こう側で作業をしていたマスターが顔を上げてにっこりと笑った。

店内は落ち着いた茶色で統一されていて、壁にはなぜか二匹の亀が飾られていた。
店名であるカナリヤらしきモチーフは見当たらなかったのが面白い。

注文したミルクセーキは、甘さも程よく、とても美味しかった。
棚には、たくさんの漫画が並べられていて、皆それを読みながら時間を過ごしていた。

私も、数年前に読みかけのままだった「静かなるドン」の続きに没頭した。

この日は飲み物のみの利用だったが、次々と他のテーブルに運ばれてくる料理は、
どれも美味しそうだったので、次回は食事の時間に訪れてみたい。

★住所:東京都大田区南久が原2-7-2
★TEL:03-3758-0455

カナリヤ1

カナリヤ2

カナリヤ3

カナリヤ4

カナリヤ5

カナリヤ6

カナリヤ7

カナリヤ8

カナリヤ9

カナリヤ10


FC2PIYO 




無料・レンタル・掲示板




カウンター



PageTop

東京・神田・Coffee House LOFT

神田界隈は、数年かけて多くの範囲を歩き回ったつもりでいたのだが、
まだまだ知らない喫茶店があったりするので面白い。

神田駅西口を竜閑橋方面に歩くと古い喫茶店がある、との情報を頂き、
先日さっそく向かってみた。確かに、今まで足を運んでいない方面だった。

道路の向かい側で信号待ちをしているときに、目の前に古びた黄色いひさしと
「Coffee」の文字が目に入り、思わず赤信号なのに飛び出しそうになる。

そわそわする気持ちを抑えて、横断歩道を渡り、まずはぐるりと外観を眺めた。

そして中の様子を覗き込むより先に扉を開けたら、マスターの笑顔が目に入った。

数人の先客がいたが、ちょうど良い間隔で座っていたので、私はいつものように
なるべく端の席に腰を下ろす。店内の様子が、全体的に見渡せる場所が好きなのだ。

壁に貼ってあるメニューを眺めてみると、「自家製フルーツケーキセット」というものが
目に留まった。気になったので、生ケーキなのか尋ねてみると、「違う」とマスターは答える。

おそらくパウンドケーキのようなものだろう、と思い、それにした。飲み物は冷たい珈琲を。

珈琲を淹れ始めるマスターに向かって、写真を撮って良いかと尋ねると、
何を撮るのか、と逆に質問された。古い喫茶店が好きなこと、椅子や机など店内の様子を
残しておきたい、と伝えると、今まで以上に優しい笑顔になり、「古いだけだよ」と言ってくれた。

今までのいくつもの喫茶店で、こういったやり取りをしているが、この瞬間がとても好きだ。

私から見ると、一つ一つ違っていて、どれも素晴らしい喫茶店なのに、
そこにずっといるマスターたちにとっては特別なものではなく、当たり前のような価値である、
という風に素っ気無い返答が、何だか良いのだ。

もちろん、マスターが店を誇らしげに語ってくれる喫茶店も、どちらも楽しい。

運ばれてきたフルーツケーキは、しっとりとしていて木の実やフルーツが
何種類も入っていて、珈琲によく合った。美味しかった。

帰り際にマスターにお礼を言いつつ、ケーキの感想を言うと「機嫌が悪いと作ってくれないんだ」
と少しはにかんだように笑った。どうやらマスターの奥様の手作りであるらしい。

ケーキが食べられた、ということは、この日はマスターも奥様もご機嫌だったということで、
それだけでこちらも楽しい気持ちになってしまった。

先ほどまで先客が座っていた入り口付近の席は、大きな窓が横にあって素敵だった。
それをじっと眺めていると、「もうそんなに長くは続けないと思うよ」とマスターが呟いた。

これを読んで下さった方で、神田界隈を散策される方は、是非お早めに。

★住所:
★TEL:

LOFT1

LOFT2

LOFT3

LOFT4

LOFT5

LOFT6

LOFT7

LOFT8

LOFT9

LOFT10

LOFT11


国内格安航空券サイトe航空券.com


往復航空券+宿泊件がついたお得なパッケージプラン

旅ポケドットコム


激安航空券サイト旅ポケ.com

無料・レンタル・掲示板


FC2掲示板

PageTop

東京・駒込・カフェ ド セシル66

夏になる少し前の頃、駒込がとても気になってしまい何度も通っていた。

駒込、といえば、自分の中では、白鳥の形をしたシュークリームのある
アルプス洋菓子店(包装紙は東郷青児さんのイラストなのも良い)や、
バラの咲き乱れる旧古河庭園 、つつじの美しい六義園、のイメージだった。

しかし、何度も足を運んで散策しているうちに、喫茶店が多数存在することを知り、
ますます興味がわき、歩き回った分だけ好きになった街だった。

駒込駅すぐ近くに、活気のある商店街があることを知ったのもだいぶ後のことだ。

ふと見上げた二階に、セシル66という喫茶店が目に入ったので、早速階段を上がる。

中は思っていたよりも広かったが、お昼前だったこともあり、多くの席が埋まっていた。
かろうじて空いていた窓際の小さな席に腰を下ろす。

前に座っていた婦人がチラリとこちらを見たが、すぐに何もなかったように新聞を読み始めた。
私もトーストと冷たい珈琲を注文して、下を歩く人の流れを眺めた。

運ばれてきたトーストは、こんがりと焼けていて、隣には小さなたまごサラダが載せられていた。
少し行儀が悪いか、と思いつつもたまごをパンに載せて、サンドイッチにして食べた。

せわしなく歩き回っていても、喫茶店で珈琲を飲むと、自然に心が落ち着くから不思議だ。
次はどちらへ行こうか、と上を向いたら、綺麗な淡い緑色の照明が目に入って、また和んだ。

★住所:東京都豊島区駒込2-15-8
★TEL:03-3949-6476

セシル66 1

セシル66 2

セシル66 3

セシル66 4

セシル66 5

セシル66 6

セシル66 7

セシル66 8

セシル66 9

セシル66 10

セシル66 11

セシル66 12

セシル66 13


カウンター




FC2PIYO 




FC2プロフ



PageTop

東京・亀有・純喫茶 クラウン

少し前に、亀有にある喫茶 レモン、のことを書いたが、駅から降り立って
ぐるりと散策した時に、まず一休みしたのは、この純喫茶 クラウン、という店だった。

ここ数年、すっかり喫茶店中毒である私は、「喫茶」や「珈琲」や「コーヒー」、
という文字を街中に見つけるだけで、すぐに幸せな気持ちになれるのだが、
その「喫茶」という文字の頭に「純」が付いていたなら、尚更その度合いは上がる。

もともと、純喫茶、というのは、アルコール類を出さない喫茶店のことを指すが、
このブログでは、そこは厳密に分けていないので、大らかな視線でご覧頂きたい。
なんとなく、昔からそこにあって、良い感じの喫茶店、であれば入ってみることにしている。

しかし、店側が「純」を看板に謳っている喫茶店というのは、今やそれだけで貴重だ。
例え、浮かれて店内に入って、手に取ったメニューの中にアルコール類があったとしても、
それは時代に沿った流れで、昔は純喫茶だった、という事実がただ嬉しい。

ここも、だいぶ店内の様子の変化は感じさせるが、それでもいくつもの
好きな要素があった。まず、薄暗い蛍光灯、古いレジスター、メニューの書かれた看板、
少し色褪せた赤いひさし、入り口のガラスに印刷された「クラウン」の字体・・・。

そして、営業中であるにも関わらず、端の席でマスターたちが夜ご飯を食べているのも
ゆるやかでとても良かった。入っていいものか迷っていたら、優しそうなマスターたちが
閉店時間を教えてくれた。それは、一杯の珈琲を飲むのに、充分な時間だった。

アイスコーヒーを注文し、マスターたちの団欒の時間を邪魔しないように、
素早く店内を満喫して、すぐに出た。食事メニューも気になったが、また来ればいい。

亀有には、この日訪れることの出来なかったいくつもの気になる喫茶店があったので、
また涼しくなった頃に、一日かけてゆるりと散策したいと思っている。

★住所:東京都葛飾区亀有5-17-6
★TEL:03-3606-0070

クラウン 亀有1

クラウン 亀有2

クラウン 亀有3

クラウン 亀有4

クラウン 亀有5

クラウン 亀有6

クラウン 亀有7

クラウン 亀有8

クラウン 亀有9

クラウン 亀有10

クラウン 亀有11

クラウン 亀有12

クラウン 亀有13


FC2動画




サーバー・レンタルサーバー




フォーム



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。